現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月11日更新

苦ーい思い出を残さないために!イギリスで注意すべきこと7選!

3756 views

はじめに・・・



楽しみにしていた海外旅行。油断していると怖い思いをするはめになってしまうかもしれません。せっかく準備していった旅行が自分の不注意で台無しにならないよう、イギリスで注意すべきことやってはいけないことを今から7つご紹介いたいします。もちろんイギリスに限らず、海外旅行では役に立つことなので是非参考にして下さい。


 



バッグは基本的に前!



 海外に行く際、最も良いとされるのがショルダーバッグです。ハンドバッグはすぐに手から離れやすい、リュックサックは目が届かない。


これに対し、ショルダーバッグは体から離れにくいし前にさげておけば目が届くといった理由で、一番良いとされています。地下鉄や特に人ごみが多い場所では、なるべくにバッグがあるようにしておくと安心かもしれません。


それでもカッターなどでかばんの紐ごと切られてしまうこともあるので要注意です。かばんはファスナーがついるもので、キャンバス生地のようなナイフの通りやすいものは避けた方が良いでしょう。


 


出典サイト



仮装した人に要注意!



 観光スポットで多くの観光客が写真撮影をしている場所には、ピエロなどの服装した愉快そうな人々がいることがあります。そんな彼らに "Take a picture." と誘われて一緒に写真を撮ると、撮った後にお金を請求されることがあります。


周りに他にも人が大勢いる場合は走って逃げることも可能ですが、人通りの少ない場所や身の危険を感じた場合は払いざるを得ないかもしれません。そんなことにならないよう、ちゃんと断るようにしましょう。


観光地では特にになると、このように観光客を狙った人々が多く現れるので夜は要注意です。またはしゃぎすぎると余計狙われやすいのでほどほどに・・・


 



地図を片手に歩かない!



 初めて訪れる場所、ましてや海外ならなおさら地図は必要でしょう。ですが地図を片手に街を歩くのは観光客であることが一目で分かってしまうのであまり良いとは言えないでしょう。


また、あまりにもキョロキョロ辺りを見渡していると、 "Can I help you?" などと一見親切に声をかけられたように思っても、思わぬ所に連れていかれ怖い思いをするはめになってしまうかもしれません。


もちろん、親切に道案内をしてくれる人もいるでしょう。しかし、本当に迷った時は近くにあるお店に入って店員さんに尋ねてみましょう。観光地では、目的地の方向や位置関係を頭に入れておくと便利ですね。


 


出典サイト



ケータイ/カメラに注意!



 旅行者の多くの方は、ケータイ/カメラを持ち歩き、必需品になるでしょう。しかし油断していると、簡単に盗まれてしまいます。歩きながらケータイを操作していると、簡単に手から抜き取られてしまうことがあります。


地下鉄などでは、犯人が電車を降りる直前に抜き取られて、直後にドアがしまってしまい追いかけることができなかったなんてこともしばしば・・・


また写真を撮ってもらおうとケータイを渡したらそのまま逃げられて盗まれることもあります。誰かに写真をお願いする場合はなるべく日本人を探して撮影してもらう方が安心でしょう。


 


出典サイト



マーケットは用心深く!



 イギリス、ロンドンには多くのマーケットが開催されています。珍しいデザインの雑貨や洋服・アンティークもの、美味しそうな食べ物が多く売られているため、多くの観光客が集まります。


そんな場所だからこそ、多くのスリが集まります!商品に目を奪われていると、いつの間にか所持品を奪われてしまいます。


また、マーケットはクレジットカードが使えず、現金しか使えないというお店が多いので、つい現金を多く持ち歩きがちになってしまいますが、支払の時はなるべく必要な現金以外は見せることのないようにしましょう。


狙われる原因になります。


 


 



路地には入らない!



 全ての路地や裏道に入ってはいけないというわけではありません。ヨーロッパは路地や裏道だからこそ素敵な隠れ家的なお店などがあったりするものです。


しかし、イギリス、ロンドンは移民が多く移住してきて職に上手くつけずホームレスのようになってしまった人々が、こういった路地などに住んでいます。


現地の人々もあまり足を踏み入れないような場所にはなるべく行かないようにしましょう。



 出典サイト




大きい声で"Excuse me"と言わない!



 レストランなどでオーダーする際、店員さんを呼ぶために「すいませーん。」と手を挙げて呼ぶことは日本ではごく普通の光景でしょう。しかし、私たちにとっては当たり前なことでも、イギリスでは行儀の悪いことに・・・


こういった場合は、店員さんを目で追って彼らが気づいたら、小さく手を挙げたり、目で合図するのがマナーだそうです。


ちょっとハードルが高いように思われますが、無礼な観光客だと思われ、冷たい目で見られるのは避けたいですよね・・・


 


 いかがでしたでしょうか?


役に立つ知識ですのでぜひご参考にしてくださいね!!

2014年10月11日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop