現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月12日更新

絶品!ほっこり美味しいスイスの家庭料理7選

734 views

 


外国を訪れたら、その土地ならではの家庭料理を食べてみたいですよね。


スイスにも、地元でしか味わうことができない、とっても美味しい家庭料理がたくさんあります。


そこで、ほっこりと美味しいスイスの家庭料理7選をご紹介していきたいと思います。


 


 



チーズフォンデュ(Käsefondue)



 



公式: スイス政府観光局


 


 


スイス全土で食されている郷土料理で、日本でも有名です。


鍋の中に、2~3種類のチーズを入れ、白ワインを加えて溶かします。


その溶けたチーズに、フォークで刺したパンやお肉、野菜をつけていただく


濃厚でとてもおなかに溜まる、美味しい家庭料理です。


 


チーズの消化を助けるため、白ワインを一緒に飲むのが一般的だそうです。


また、家庭によってワインの分量やチーズの種類が違うので、様々な味を楽しむことができます。


 


 



レシュティ(Rösti)



 



公式: スイス政府観光局


 


 


スイス全土で食べられている、郷土料理です。


じゃがいもを千切りにしてフライパンで炒め、表面がカリカリになるまでパンケーキ状に焼いたお料理。


じゃがいもの食感が良く、香ばしいお料理でお腹に溜まります。


目玉焼きやチーズを乗せたり、中に他の野菜を混ぜたりなど家庭によって味が様々なのも魅力的です。


 


 



ラクレット(Raclette)



 



公式: スイス政府観光局


 


 


スイス全土で食されていますが、特に山岳地帯で好まれているお料理です。


ヴァレー州名産の大型チーズ「ラクレット」を溶かし、


その溶けたチーズを茹でたじゃがいもや生ハムなどにつけて食べる


とても濃厚でお腹に溜まるお料理です。


 


 



 ブラートヴルスト(Bratwurst)



 



公式: スイス政府観光局


 


 


主にドイツ語圏で食されている、家庭料理です。


スイスやヨーロッパの家庭では、庭にバーベキューをするスペースが設けられています。


ブラートヴルストは豚肉や牛肉で作られたソーセージなのですが、


フライパンで焼いたり、庭でバーベキューをする時などに焼いて、


パンやフライドポテトと一緒にいただくお料理です。


香ばしい香りのするソーセージで、とても美味しいです。


 


 



パペ・ヴォードワ (Papet Vaudois)



 



公式: スイス政府観光局


 


 


レマン湖地域でよく作られている、家庭料理です。


3cmほどに切った太ネギと玉ねぎを炒めたら、白ワインとブイヨンを加えた中に、


マッシュポテトやクリームを加えて煮込んであります。


その上に、ヴォー州名物のあら挽きソーセージを乗せて食べると


肉汁があふれ出て、とても美味しいのです。


 


 


 



カプンス (Capuns)



 



公式: スイス政府観光局


 


 


グラウビュンデン州の農民が主に食べていた郷土料理です。


小麦粉で練った団子状の生地の中に、刻んだベーコンや野菜などの具材が入っています。


さらに、そのお団子をロールキャベツのようにフダンソウという大葉に巻かれて、


チーズソースやクリームをかけて食べます。


 


中に入れる具材や、上にかけるソースは各家庭独特の味があり、


地元では、カプンス専門の料理コンテストも開催されているそうです。


 


 




アルペンマカロニ(Älplermagronen)



 



公式: スイス政府観光局


 


 


主にドイツ語圏の山岳地域で食べられている家庭料理で、


アルプスの山小屋などでも定番のメニューになっています。


 


小さく切って茹でたじゃがいもと、茹でたアルペンマカロニを混ぜ和えたものの上に、


カリカリに揚げた玉ねぎがトッピングされています。


現地の人たちは、すりおろしりんごの甘いソースをかけて食べるそうです。


 


 


 


以上、スイスで食べてみたい家庭料理をご紹介いたしました。


地域やお店によって、味も様々ですので色々な味を堪能できたら良いと思います。


 


 


 

2014年10月12日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop