現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月29日更新

タイ旅行者必見!デモが頻発しているエリアはここだ!

251 views

 タイは微笑みの国、バンコクは「天使の都」といわれ、


日本からの旅行者に大変人気です。


 


でも、実際には、外国ですので、日本のようにすべて安全というわけにはいきません。


ぜひ旅行前にしっておきたいのは、デモのことです。


デモが頻繁に起こっている地域を知ることは、旅をする上で大事な知識になるでしょう。


 



デモが頻発しているエリアはここだ!



 


タイの南部を中心に、デモが頻繁に起こっています。


日本政府が危険地域に指定しているところは


こちらです。


 



渡航の延期をお勧めします。



 


ナラティワート県


ヤラー県


パッタニー県


ソンクラー県の一部


(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡)


 



渡航の是非を検討してください。



 


ソンクラー県


(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡を除く)


 


シーサケート県プレアビヒア寺院周辺地域


(同県のカンボジアとの国境地域東部)


 



十分注意してください。



 


首都バンコク


スリン県の一部


(パノム・ドン・ラック郡及びガープ・チューン郡のカンボジアとの国境地域)


 


旅行を決める前にぜひ地図をみて確認してください。
 


 (参照:外務省海外安全ホームページ


 



Gerry Popplestone


 



デモの情勢と被害者情報



 


南部地域にはタイからの分離独立運動を標榜するイスラム系武装集団が存在し、


主にナラティワート県,ヤラー県及びパッタニー県に拠点を設けて活動を続けています。


 


これまでに同集団によるとみられる襲撃、爆弾事件が続発しており


死傷者は、軍・警察関係者ばかりでなく、教師を含む公務員やその他一般市民、


外国人に及んでいるほか、仏教徒のみならずイスラム教徒も被害に遭っています。


 


2004年から2013年までに5,352人が殺害され、9,965人が負傷しています。


このことから考えても、デモが起こってしまうと誰それかまわず


被害にあってしまう可能性が高いので、デモ頻発地域への旅行はさけるべきでしょう。


 


 



246-You


 



特に渡航を控えるべき地域



 


デモといっても、どんなことが起きていたのがくわしく分からない方も


多いと思います。


デモ頻発エリアでのデモの状況は大変ひどいものです。


 


ナラティワート県では、2014年5月11日夜間から12日未明に


同県スンガイコーロック及びタークバイ郡で爆破、放火事件が発生し


死傷者が出ました。


また、2014年5月24日,同県ルエソ郡では、武装勢力の犯行と思われる


爆弾や銃撃によるテロ事件が発生しました。


 


ヤラー県の多数の郡において、2014年5月11日夜間から12日未明、


武装勢力による爆弾や銃撃によるテロ事件が発生し、


死傷者が出ました。


 


パッタニー県では、2008年に,県内で最も安全とされていたホテルである


CSパッタニーホテル前における連続自動車爆弾事件(2人死亡15人負傷)しました。


2010年9月には、武装集団による銃乱射、2012年には,同県マヨ郡の学校襲撃事件が発生しています。


また、パッタニー県内十数カ所


(軍関連施設、電力公社、ガソリンスタンド,コンビニエンスストア等)で


武装勢力の犯行と思われる爆弾や銃撃によるテロ事件が発生し死傷者が出ました。


 


ソンクラー県テーパー郡では2011年4月、治安部隊近くにある生鮮市場の店先に


駐車してあったバイクに隠された爆弾が爆発し、10人(うち陸軍兵士6人)が負傷し


同年8月、同郡において治安当局施設が武装勢力に襲撃され、


自警団員1名が死亡する事件が発生しました。


 


このことから考えても大変危険な地域になりますので、


南部3県及びソンクラー県の一部(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡)への渡航・滞在、


及び同地域を通過してのマレーシアへの越境等を予定されている方は、


どのような目的であれ渡航を控えることをお勧めします。


 


 



 Shin K


 



滞在に当たっての注意したいこと



 


旅行先で、外出する際は,行き先の安全を確かめておくとともに、


行き先では周囲への警戒を怠らないようにしましょう。


不測の事態に備え,不用意に多数の人が集まる場所には


近づかないにすることも大事です。


 


常にパスポート等身分証明書を携帯して、


身分証明書の提示を求められた際に備えておきましょう。


家族や知人に行き先、連絡先を知らせておくとともに、


定期的に日本の親族等と連絡を取ることも


もしものときに安心です。


 



Gerry Popplestone


 




まとめ 



 


 デモが頻発しているエリアのことを聞くと、とてもこわくなるかもしれません。


でも、日本が平和なだけで、海外の多くの地域では


デモや凶悪事件なども頻繁に起こっています。


海外旅行はとても楽しいものですなので


つい羽をのばしてしまいますが、


悲しい旅行者の巻き込まれる事件が多数世界で起きていることも事実です。


 


しっかりと、旅行先の国のことを調べて、危険な地域には近づかない、


安全に過ごすにはどうすればいいかということを事前に学んでおけば


きっと、安全で楽しい旅行になります。


 


今はネットでも検索が簡単にできますので、


旅行される前には、ぜひ最新情報を検索してみてくださいね。


 


 

2014年10月29日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop