現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月11日更新

オーロラを見にフィンランドに行きたい!どういう準備、服装が必要?

614 views

はじめに。



 


Vomir-en-costard


 


夜空に光る不思議な光のカーテン、オーロラ。


一度自分の目で見てみたい方も多いですよね。



オーロラとは?



そもそもオーロラとは、地上80から100kmの上空で起こる放電現象です。北極と南極で磁極を中心にリング状のオーロラ帯が発達し、オーロラ帯の中では年回200回以上見ることができるそうなのですが、このあたりは夏は白夜で太陽がなかなか沈みません。つまり、せっかくオーロラが出現しても見ることができないのです。となると見えるのは夜が暗くなる時期。極寒の時期にあたってしまいます。それでも天候の加減で見ることができるのは3日に一度と言われています。


オーロラを見に行く際は厳寒の時期ですので服装等、しっかりとした準備が必要となるのです。



オーロラを見に行くときの服装




Moyan Brenn


 


 以下の服装を参考にしてください。



帽子



必ず耳が隠れるものにしてください。薄い帽子だとどんどん頭が冷えて頭痛がしてきてしまうかもしれません。風で飛んだりしないように深めのものがオススメです。



マフラー



首の回りはしっかりとカバーしてください。特に男性の方は髪の毛が短いのでしっかりガードしてくださいね!



上着



ダウンやスキーウェア等、防水のもの。腰も冷えやすいのでできれば長めの丈をおススメします。


上着の下はハイネック、タートルネックのインナーやセーター。下着はヒートテックでももちろんいいですが、ヒートテック一枚では寒いかも(何しろ氷点下なので)しれませんので重ね着ができるように準備しましょう。



パンツ



これもスキーウェア等、防水で風を通さないものを選んでください。


パンツの下は靴下ですが、タイツやスパッツ等に靴下を重ねてください。足の先からどんどん冷えてくるので。





雪の上を歩くと想定してスノーブーツ、滑りにくい、もちろん防水の靴を用意してください。



手袋



薄手の物の上に厚手の防水性のあるスキー用手袋等を重ねてください。



Arnar Valdimarsson


以上はオーロラを見に行くときの服装です。


現地は氷点下以下なのですから厳寒に耐えられるような服装が必要です。


ですが、ホテルの部屋は当然暖房が効いているので25度くらいになるます。ホテルの部屋、オーロラ観測、両方に対応できるように、例えばヒートテックを持っていくなら無地の白ではなく色物や柄物にすればカットソーとしてそのまま着ることが出来ますよね。そのようなことも考えて服装を用意してくださいね。




持ち物について




Hajime NAKANO


それから持ち物ですが、カイロは持って行った方がいいです。特に靴底用の物は重宝するでしょう。それから暗いところで観測するので、手元を照らす小さいペンライトがあれば便利です。


写真ですが、オーロラは光なのでフラッシュ撮影はできません。最近のデジカメは進歩して、オーロラの写真を撮れるものも多いようです。ですが、長時間露光にしなければ映らないので、カメラがぶれないように、固定する三脚が必需品です。カメラのモードは夜景モード、花火モード等にするといいようです。


場所によっては犬ぞりツアー等、昼間のアクティビティが充実している場所も多いようです。


それでは、よいご旅行を!


 


 

2014年10月11日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop