現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月12日更新

【イタリア】治安の悪いナポリを訪れる上で気を付けたいこと5つ

3389 views

ナポリといえば、治安が悪そうなイメージがあり、女性だけの個人旅行では敬遠してしまいがちですが、世界遺産にもなっている下町「スカッパナポリ」や、ナポリからフェリーで行けるカプリ島やアマルフィの町並みや景色は圧巻の美しさですので、ぜひとも足を運ぶことをおすすめします。


自分の心がけ次第では危ない目に遭遇することなく、楽しい旅行に出来るはずなので、治安の悪いナポリを訪れる上で気をつけたいことを5つご紹介します。



装飾品や高級品を身につけない



日本人は、ブランド物のバッグを持ったりアクセサリーを重ねづけしたりと見るからにお金を持っていそうな格好で旅行に出かける人が多いですが、このような格好をしていると、スリやひったくり、また騙して現金を求めてくるような人に目を付けられやすくなります。


ナポリを歩いている人と同じように、なるべくシンプルな服装でノーブランドのバッグを持つようにしましょう。



Danil Popov



二人乗りバイクのひったくりに気をつけよう



ナポリでは、道路を二人のバイクで走っている人がたくさんいます。中にはひったくりをする人もいるので注意が必要です。無意識に歩道の一番道路側を歩いていると、そのようなひったくりにカバンを奪われてしまう事がありますので、歩道を歩くときはなるべく車道から離れたところを歩くようにしましょう。


また、肩がけのショルダーバッグは引っ張られるとすぐに奪われてしまう可能性がありますので、なるべくたすき掛けのバッグを持つようにしましょう。貴重品はジャケットの内側や、靴の中、首から下げて洋服の内側にしまうなど目が触れないところに身につけましょう。



Serge LAROCHE



外出を避けたほうがいい時期を事前にチェックしよう



日本では、平日、祝日問わずに都心部では常に人が賑わっていますが、イタリアはキリスト教の国ですので、クリスマスや復活祭の日は現地の人は一般的に家で家族と過ごします。そのため、街はお店が閉まっているどころか閑散としていて危険性が高まります。


また、8月中旬から下旬にかけた時期もサマーバケーションで街全体の人通りが減る傾向にあるのでそのような時期にはなるべくろ旅行をしないように事前に日程を確認しておきましょう。



samandel.com




公共交通機関でも細心の注意をしよう



バスや電車内で寝ることは非常に危ない行為です。また、窓の外の景色を楽しみたい気持ちはやまやまですが、ぼーっとするような事のないようにしましょう。イタリアでは公共交通機関の移動中にもスリに合うケースがありますので、特に混雑している車内などでは自分の荷物を抱え、ファスナー部分に手をおき、周囲に不自然に自分のことを凝視している怪しい人がいないか注意しましょう。


電車やメトロに乗車する際に気をつけたいのは、ドア付近に立たないことです。すぐ乗降車できるドア付近に立ちたがる人もいるかと思いますが、ドア付近は駅に停車中にひったくりに狙われやすい位置なのです。



Roberto Eduardo de Simone


 


 


如何でしたか。


ナポリは港町で街や海の景色がとてもきれいですので一度は訪れたい都市です。旅先で嫌な思い出を作らないように、また、危ない目に合わないように気をつけたいことをしっかりチェックしておきましょう。

2014年10月12日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop