現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月12日更新

保存用!パリの地下鉄の乗り方まとめ

0 views

パリ市内と一部パリ郊外まで、張り巡らされたパリの地下鉄。パリでは、地下鉄の事をメトロと言います。メトロの駅は歩いていてわかりやすく表示されていますので、メトロを乗りこなせば、パリのどんな名所も行くことができます。


では、メトロの乗り方についてみていきましょう。


 


Vaisens


 



メトロの切符の購入方法



 メトロの切符は、メトロ改札付近にある窓口や自動券売機で買うことができます。1枚づつでも買えますが、10枚のセット(カルネ)での購入もできます。カルネは市内のキオスクやタバコ店などで買えるところもあります


 また、メトロの切符は、市内の他の公共交通機関でも利用できます。利用できる交通機関は、パリ市内(ゾーン1)の高速メトロRER (RATPとSNCF)、イルドフランス地域のバス (RATPとOPTILE)、例外としてOrlybusとRoissybusは乗れません。また、トラムウェイ(RATPとSNCF)、モンマルトルのケーブルカーにも切符一枚で乗れます。


 


torbakhopper HE DEAD


 



窓口か券売機で切符を購入したら、自動改札を通ります。



 メトロではすべて自動改札ですので、切符を入れ、忘れずに取り地下鉄構内に入ります。そして行き先を確かめて、ホームへ向かいます。


 ホームへの向かう通路の分岐点には、必ず路線・方角を表示した案内板があります。自分の行き先方向を確認しながらすすめば、ホームに辿りつけます。ホームにも行き先方向の表示があるので、必ず、方向があっているかを確認しておきましょう。路線によっては、次の電車があと何分後にくるか表示されていることもあります


 


 



地下鉄が到着しました。ドアを開けましょう。 



 1号線と14号線では、ドアは自動で開きますが、それ以外の路線では乗客が開閉操作を行います。降りる人がいて、その人が車内からドアを開ける操作をすれば、ホームに入ると同時にドアが開いて誰かが降りてくるはずです。降りる人を先に通しましょう。


 誰も降りない場合は自分でホーム側からドアを開ける操作をします。ドアについたボタンを押すタイプ、バーを上方向に回転させるタイプがあります。閉まるのは自動なので入ったらそのまま座るか立つかします。


 


 



目的地に着いたら降りましょう。 



 日本のように、次の駅名や乗換えのアナウンスはないので、注意しましょう。駅に着くごとにプラットホームの駅名を見て現在地を確認します。また、路線図を持っていない場合は、車内のドアの上に、駅名の載った路線図がありますので、現在地と目的地を確認します。


 自分が降りる駅は何駅の次に来るか、そこまであと何駅かを随時把握しましょう。ホームに電車がついたら、ドアを開ける操作(ボタンを押す・レバーを上げる)をします。降りようとする人の中で、一番ドア近くに立っている人がドアを開けるのが暗黙のルールです。


 車内の奥まで入ってしまい、なかなか出られそうもない場合は、声をかけましょう。「Pardon!(パルドン)」と叫べば、通り道を開けてくれます。


 




乗り換える、もしくは降りましょう。



 乗り換えがある場合は、乗換え「CORRESPONDANCE」の表示に従って、乗り換えたい路線のホームへ移動します。一度構内から出てしまうと新しく切符が必要ですので、注意して下さい。出口は、「SORTIE」の表示に従って行きます。出口が複数ある駅もありますが、目安となる大通りや広場の名前が表示されていますので、迷うことはありません。


 


最期にもう一ご注意を。出場の際に、切符の回収はありませんが、乗車中に検札がまわってくることがあるので、入場した際の切符は降りるまでなくさないようにして下さい。切符がないと罰金を請求されます

2014年10月12日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop