現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月12日更新

思いっきりショッピング!!シャンゼリゼ通りの有名ショップまとめ

5730 views

パリで1番人が集まる場所といえば、ファッションや食事、はたまたエンターテイメントすべての目的を叶えることができるシャンゼリゼ通りではないでしょうか。


この通りは、東はコンコルド広場、西は凱旋門までのびる約3キロの通りで、マロニエの並木道は数ある世界の通りの中でもその美しさで知られています。またシャンゼリゼ通りが他のエリアと違うのは、週末や夜でも同じ賑わいをみせていることが挙げられます。


パリのブティックは日曜定休で午後7時まで営業の事が多いですが、シャンゼリゼ通りのお店は例外です。一年中にぎわうシャンゼリゼ通りのお店をいくつか紹介します。


 


giam


  



カジュアルブランド



 流行をリーズナブルに取り入れたい!という希望を叶えてくれるブランドをいつか紹介します。日本でもおなじみの「ZARA」や「H&M」は、ヨーロッパで生まれたブランドだけあって、日本よりもさらにお安く、品揃えもサイズ展開も豊富です。


 また、ほどよく流行を抑えリーズナブルなアイテムが充実した「Promod」やトラッドな感じが通勤にも使える「Massimo Dutti」など、日本未上陸のカジュアルブランドも要注目です。


 



フランスらしさを味わうブランド 



 フランスらしいお洒落を楽しみたい人は、「IKKS」がお勧めです。シンプルだけれどデザインにぴりっとアクセントがきいているアイテムが豊富で、パリジャンやパリジェンヌで賑わうショップです。また、少しハイブランドですが、「Tara Jarmon」や「Eric Bompard」は、上質なデザインや素材が本当に素敵です。


  



お化粧品もフランスが中心です。



 コスメが大好きな人には、「sephora」のフラッグショップがお勧めです。入り口からゴージャスな感じのレッドカーペットを奥まで進むと、フランスのドメスティックコスメをはじめとした世界中のコスメブランドが並んでいます。


 またフランスの人はフレグランスが大好きなので、驚くほどの種類が並んでいます。日本ではなじみがないような香りもあって、是非挑戦してみたくなります。


またフランスは、有機原料にこだわり肌に優しいBIO(ビオ)製品が発達した国です。赤ちゃんにも使えるノンケミカルのものなどもそろいますので、アレルギーがある人もビオ好きの人も必見です。


 


lottemess


 




ちょっとお洒落に休憩でも



 シャンゼリゼ通りには、「ラデュレ」や「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」など、日本でもなじみの深いお菓子屋さんもたくさんあります。どちらもイートインできますので、味覚でもフランスを堪能することができます。「ラデュレ」は、サンドイッチやオムレットなどの軽食もありますので、ランチにも使えるお店です。


 また、フランスでもっとも絵になるカフェとして有名な「ル・フーケ」もお勧めです。他のお店と比べると圧倒的に高いお値段設定ですが、見渡すとセレブがいっぱいといった雰囲気で、日本では味わえない感覚です。旅の思い出に是非一度行ってみたいお店です。


 


 


いかがでしたか。フランスの中心パリ、パリのそのまた中心の場所、といった感じが「シャンゼリゼ通り」なのです。史跡を巡ったり芸術作品を巡ったりするのももちろん楽しいですが、このザ・パリな雰囲気も是非味わって、ショッピングを楽しんでみてください。

2014年10月12日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop