現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月25日更新

買ってあげたくなるトルコ土産BEST5

0 views

神秘の国トルコ。ヨーロッパとイスラムの境界にあるこの国は独特の文化を持ち、旅行者たちを惹きつけています。大の親日国でもあるトルコは他のイスラム国家と比べ比較的治安もよく、また物価の安さから旅行しやすい国といえます。


そんなトルコに行ったらイスラム文化やトルコらしさのつまったお土産を買ってかえりたいですね。


 


お友達もこんなものがあるんだ、と普段なかなか関わりが少ないトルコという国に興味を持ってくれるかもしれません。実際にトルコに行った筆者が、これはおすすめ!と思えるお土産BEST5をお伝えします。


 



1位 チャイセット



トルコといえばチャイ。チャイとはお茶のことで、トルコで非常によく飲まれています。日本人の緑茶に対する姿勢と似ていると思います。誰かお客さんが来たらチャイ、チャイ。こんな感じでおもてなししてくれます。


 


特におすすめなのはエルマチャイ。これはアップルティーで、日本人が想像するアップルティーとほぼ同じ味ですが、甘さがより強く、フルーティです。


 


日本人なら湯呑にいれて緑茶をいただきますが、こちらではひょうたんのような形をしたガラスのコップに熱いチャイをそそぎます。チャイとこのガラスのコップをセットにしたお土産がありますので、ぜひコップとセットのものを。


 


この形のコップは日本ではまず見ません。コップに描かれた絵柄からもイスラム文化を味わえます。自分の思い出としても、またお友達へのお土産としてもとても喜ばれると思います。



Diana



2位 トルココーヒー



日本でも「お茶にする?コーヒーにする?」なんてよく聞かれますよね。トルコでも先ほどご紹介したチャイとトルココーヒーが飲み物の定番としてよく出てきます。日本でよく飲まれているコーヒーよりずっと濃く、どろっとした感じがあります。


 


また甘味が日本のものより強いです。トルコ人は日本人よりずっと甘党なのかもしれませんね。コーヒーではあるのですが、とても色の濃いホットチョコレートをイメージするといいかもしれません。


 


またコーヒーカップは日本のものと比べて小さめで、ソーサーにのせて提供されます。このどろりとしたトルココーヒーは、飲み終わったコーヒーの形で占いをすることでも有名。この占いのときにソーサーが必要になります。


 


ソーサーごとコップをひっくり返し、コップの底に残ったコーヒーの形で占うんだそう。ちょっと珍しいこのどろりとしたトルココーヒーに、トルコの小さ目カップ&ソーサーをつけて占いのエピソードなんて語ったら、トルコの旅行話に花が咲くかもしれません。 



AlmilaS



3位 マロングラッセ



ぜんぜんトルコやイスラムと関係ないじゃない・・と言いたくなってしまうお土産がマロングラッセ。こんなの日本でも買えるよ、と皆さん思うでしょう。何かすごい独特なの?・・味がとっても美味しいのです。


 


ガイドさんに薦められて試食したマロングラッセですが、あまりの美味しさに買う人が続出。日本のものと比べると、お酒の味が控え目で、砂糖漬けの味がより前面に出ています。外見より中身で勝負!なお土産におすすめです。



Stefano Bertolotti


 



4位 ロクム



トルコの代表的なお菓子。日本でいうと・・京都の生八つ橋!?ねっとりとした求肥のお菓子のような触感で、甘さもくどくありません。ロクムはトルコ以外でなかなか見ることはないので、トルコを体現するお土産としておすすめ。


これ何ていうお菓子?なんて珍しい食感に話題になることでしょう。



ale



5位 トルコ絨毯



アラジンと魔法のランプでアラジンが乗っているものは・・絨毯ですね。日本ではカーペットが元から部屋にひいてあるよ、という家がほとんどで、なかなか絨毯を買いに行くという習慣は珍しいかもしれません。


トルコではこの絨毯が盛んで、ツアーで行った場合は絨毯作成の過程を見る、なんてこともツアー内容に含まれていることがあるかもしれません。


 


トルコは日本より物価が安いから、絨毯も・・なんて思いきや、2,3万から何百万なんてお値段のものまであります。値段と絨毯の大きさは比例するわけではないらしく、小さな絨毯でも素材次第で百万を超えます。


予算に応じて、もし興味があれば手にとってみるのもいいかもしれません。



Ming-yen Hsu




まとめ



いかがでしたか?トルコ絨毯以外はお小遣い程度で買えるものばかりを集めてみました。いずれもトルコの魅力を伝えてくれるものばかりです。お土産選びに迷ったら、参考にして下さいね。

2014年10月25日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop