現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月29日更新

アメリカ旅行で使える!ちょっとした英語の表現20選!

329 views

旅の心配事の1つ。それは「英語!」なんて人きっと多いのではないでしょうか。


そこで旅行中に役立つ英語表現をここに集めてみました。こちらを使って現地に人とのコミュニケーションを楽しみましょう♪


 


「お尋ね」編




Photo by дядечка с фотоапаратом


 


 


I'd like to go to ABC Hotel. (ABCホテルに行きたいのですが。)
「○○に行きたい」という表現。皆さんには「I want to go to~」の方が馴染みがあるでしょうか。こちらでももちろん間違いはないのですが、「行きたい!」とカジュアルな聞こえになります。出来れば「I'd like to go to~」の丁寧な表現を覚えておくとどんな相手にも対応出来るのでいいでしょう。


 


Where am I on this map?(私は今この地図上のどこにいますか?)
「Where is ○○?(○○はどこですか?)」と聞くのもいいですが、もちろんその返事は英語で返ってくるので聞き取れない場合があります。なので私はこちらの表現がおすすめ。地図を広げてこのフレーズを使ってください。色々な人がいるので全員がとは言えませんが、だいたいの人が地図を見ながら教えてくれると思いますよ。


 


Could you take a picture of us?(私達の写真を撮って頂けませんか?)
観光していると必ず必要になってくるフレーズ。「Can you take~」でも間違いではありません。でもどんな相手にも対応出来るように丁寧な表現の方を覚えておきましょう。撮り終わったら「Thank you!」もお忘れずに。


 



Could you tell me where the bathroom is?(トイレがどこにあるか教えて頂けませんか?)


トイレに行きたいのに聞き方が分からない、、、。なんて恐くて飲みたい物も飲めません!!こちらも「Can you tell me~」ではなく「Could you tell me~」の丁寧な表現で覚えておきましょう。ちなみにアメリカは日本と違って自由に使えるトイレがとても少ないです。お店のトイレは基本そこのお客さんとなった人のみ使用出来ます。ご注意を!!


 


 


How much is it?(いくらですか?)


値段を聞くときに使う最もシンプルな表現。もしタクシーに「市内までいくらですか?」と聞きたい場合は「How much is it to downtown by taxi?」、「空港までバスでいくらですか?」なら「How much is it to the airport by bus?」になります。尋ねる前に「Excuse me?(すみませんが)」をつけるとより丁寧に聞こえるので使うようにしましょう。


「買い物」編




photo by no name


 


 



I'm looking for ○○.(○○を探しているのですが。)


アメリカのデパートやスーパーマーケット、もちろん全部英語で書いてあるのでどこに何があるか分からない時が良くあります。そんな時は聞くのが手っ取り早い!!親切な人だとその売り場まで案内してくれたりしますよ。「○○」にはあなたのお探し物、人の名前を入れて使ってくださいね。


 


 


Can I try this on?(試着してもいいですか?)


洋服や靴などちゃんと試着して決めたいもの。でも聞けなくて「サイズの合わない物を買っちゃった。」「結局諦めてしまった、、、。」なんて残念な結果にならないようにしっかり覚えておきましょう。具体的な物の名前を使って表現するのも余裕がある人は挑戦してみて。例えば「Can I try this shirt on?(このシャツを試着してもいいですか?)」「Can I try these shoes on?(この靴を履いてみてもいいですか?)」などなど。


 


 


Can you give me a discount, please?(まけてくれませんか?)


デパートなど値段が決まっているところでは値段交渉は出来ないと思いますが、ストリートマーケットなどでは実際の値段より高く設定している場合があります。そんなときはこちらのフレーズを使って値段交渉に挑戦してみましょう。交渉次第では大幅にプライスダウンする時もありますよ!


 


 


Can I have plastic bag?(ビニール袋をもらえますか?)


レジ袋が欲しい時に使ってくださいね。エコバックが浸透している今、こちらから言わないと用意してくれない場合があります。もし紙袋が欲しければ「Can I have a paper bag?」と聞きましょう。


 


 


I'm just looking, thanks.(見ているだけですよ、ありがとう)


「May I help you?(何かお探しですか?)」と良くお店に行くと聞く言葉で、その返しに困る人は多いのではないでしょうか?特に探し物もなく見ているだけならこのフレーズを使ってみましょう。「I'm just looking around.」でもOK!!


「カフェ・レストラン」編




Photo by Nomadic Lass


 


 



Can I have ○○, please?(○○をもらえますか?)


メニューを見て「これしよう!」と注文したいものが決まったらこのフレーズを使ってお願いしましょう。


「May I have ○○?(○○を頂けますか?)」とより丁寧な表現、またメニューを指しながら「I'll take this.(これにします。)」という表現もあります。「Can I have~」の表現は慣れ親しんだ間柄で使うことが好ましいですが、レストランなどでの使用はあまり問題がないしネイティブも使っているのでOK。


 


 


Do you have a menu in Japanese?(日本語のメニューはありますか?)


場所によっては日本語のメニューが用意されていることがあります。そんな時はこのフレーズで他のメニューはないか聞いてみましょう。面白い翻訳のメニューがあって「プッ」っと笑えるメニューに出逢え時がありますよ(笑)


 


 


Could you recommend anything?(お勧めはありますか?)


観光で何度も来れないからそのお店のお勧めを食べておきたい!なんてありませんか?ガイドブックに載っているメニューの他に旬のお勧めメニューもあったりするので是非聞いてみてくださいね。


 


 


My order hasn't come yet.(注文がまだこないのですが。)


注文したのにこない!!なんて忘れられている事があるかも。実際私もありますし、他のテーブルでもそういった場面を見かけることがあります。時間がないのにどうしよう。。。なんて焦るのも嫌ですよね。そんな時はこのフレーズで聞いてみましょう。


 


 


Could I get the bill?(お家計をお願いします。)


よく耳にする観光客が使っている「Check, please.」や「Bill, please.」はカジュアルな表現。間違いではないですが、丁寧な表現のこのフレーズを使う方が好ましいですね。「Can I get~」でもOK。



「トラブル」編




Photo by Crysco Photography


 



There's no hot water in the shower.(シャワーのお湯が出ません。)


場所にもよりますが「お湯が出ない」事件は良くあるシチュエーション。もし寒い時期に観光していたら、冷たい水で体を洗わなくてはいけません。辛すぎますね、、、。覚えておくととても便利なフレーズなのでおさえておきましょう。


 


 


The toilet doesn't flush.(トイレの水が流れないのですが、、、。)


旅行中に困ることの1つとしてトイレ事件も良くあります。詰まりやすいトイレだったり、なんの告知もなく急に配水管の工事を始めたりするので困りもの。受付の人かハウスキーパーにお願いして対処してもらってくださいね。


 


 


I've lost my baggage.(荷物を失くしました。)


出来れば使いたくないフレーズですが覚えておきましょう。空港やホテル、街中、どこででもありえる「物がなくなる」というシチュエーション。皆さん、自分の荷物管理には十分気をつけて!!


 


 


Where is the Japanese Embassy located?(日本領事館はどこにありますか?)


もしパスポートなど重要なものを紛失してしまった場合、また現地ではどうにもならない困ったことが起きた場合などは日本領事館に助けを求めましょう。心配な人は最初から連絡先と場所を調べておくといいですよ。焦りが減ります。


 


Please call the police!!(警察を呼んでください!!)


これも出来れば使いたくないフレーズですが、旅行中何が起きるか分からないのでしっかり頭においておきましょう。「Please call me an ambulance!(救急車を呼んでください!)」も具合が悪きなった時や急な怪我をした時などに必要になる言葉です。一緒に覚えておきましょう。パニック状態になると簡単なフレーズでさえ出ないことがありますので練習しておくといいですね。


 


 








 


 


慣れるまではとっさに英語が出て来ないこないことが多いです。どこかにメモしたり、いつでも見れるような自分用の小さな旅行英会話ブックを持っていると便利ですよ。コミュニケーションも旅行の思い出の1つ。


恥ずかしがらず、恐がらず積極的に話しかけてみてくださいね♪



2014年10月29日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop