現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月31日更新

旅行先であなたを助けてくれる薬たち!

0 views

はじめに…



 旅行先や、環境が少しでも変化するとすぐに体調を壊してしまう方は多いのではないでしょうか。特に女性は体調管理がやっかいですよね… あんまり薬に頼りたくないという方もいるとは思います。しかし、せっかくの旅行が「体調悪くて楽しめなかった」なんてならないように、旅行先で体調を崩してしまったあなたを助けてくれる薬たちをご紹介するので是非ご参考にして下さい。


 


出典


 



こんな薬があると便利!



【鎮痛剤】 


 頭痛持ちの方なら常に持っていることが多いかもしれませんね。長時間のフライト後だと頭が痛くなる人は結構多いのではないでしょうか。飲めば良いというわけでは決してありませんが、多くの症状に対応しているものなので、この1種類を持っているだけでも安心かもしれませんね。女性の方であれば、もし生理になってしまった時にも役に立ちますね。環境が変わると生理の周期も変わりやすいので油断大敵です。


 


【風邪薬】


 日本と気候が異なる地域へ旅行に出かけると、温度差などから風邪をひいてしまう方もいるでしょう。旅行中に鼻水ズルズルなんて嫌ですよね… 薬を飲めば完全に治るわけではないと思いますが、少しでも楽になれば旅行先で辛い経験をしないで済むかもしれません。旅行先で風邪をひくことのないように、まずは気候をチェックしてから出発しましょう!


 


【胃腸薬】


 海外に行くと、日本とは異なる食事が原因でお腹が痛くなる方も多いですよね。「食事が異なるから」というよりは「水が異なるから」でしょうか。水には軟水と硬水があり、含まれるカルシウムとマグネシウムの量によって区別されます。私たちが普段口にしている日本の水は軟水で、それらの量が少なめです。簡単に言うと「口当たりが軽い」というのが軟水です。これに対しカルシウム、マグネシウムの量が多いのが硬水です。見た目は変わりませんが飲みごたえが違うと感じるでしょう。ヨーロッパ地域は硬水が周流であり、ミネラルウォーターとして販売されている evian も硬水なので日本で口にできないことはありません。しかし、硬水が原因でお腹の調子を崩す方は多いです。旅行先の楽しみのひとつとして、現地の食事ははずせないですよね。美味しく楽しく食事をするためにも、胃腸薬をあると役に立つかもしれませんよ!


 


【消毒液】


 旅行先で切り傷や擦り傷などの軽い怪我をしてしまった時、必要となれば海外でも買うことはもちろんできます。しかし安心して使えるのは日本製でしょう。また、機内持ち込みの液体の量が制限されているので、持っていくときは管理に注意しましょう。面倒だと思う方は初めからスーツケースに入れて、到着してから荷物から出すという方が良いでしょう。ついでに絆創膏なども持って、小さな救急セットもあるといざという時に役にちますね。


 


【ハンドクリーム/リップクリーム】


  日本より寒い地域に行く時は持って行った方が良いでしょう。冬でなくても、ヨーロッパ地域などは一年を通して乾燥しているため、意外と肌がカサカサになりがちです。気になる方は持って行きましょう。


 




さいごに…



 今回私が紹介した薬たちは参考になったでしょうか?もちろん、これらの薬に頼ることがないのが一番です。旅行前も旅行中も自分自身の体調管理は十分気を付けて、思い出に残る楽しい海外旅行にしましょう!


 


出典

2014年10月31日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop