現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月29日更新

カナダの学生気分を味わおう!バンクーバーの学生が愛するスポット8選

14795 views

山も海も堪能出来る街、バンクーバー。「世界で住みたい都市ランキング」では常に上位にいる街です。今回はそのバンクーバーで代表的な大学UBC(ブリティッシュコロンビア大学)の学生やその他の学生達にも人気のスポットを集めてみました。王道の観光地とはまた違った楽しみ方が出来ると思いますよ。



Photo by Snappy


 



キツラノのショッピングストリート「4th Ave」



キッツ」の名で親しまれているエリア、キツラノ。昔は自然や平和を大切にしているヒッピーが多く住んでいた場所だそうです。近年では健康志向の強いナチュラリストが住む高級住宅街、バンクーバーの中でも人気のエリアに。


そんなキッツの4th Aveは学生にも人気のお洒落ストリート。カフェや雑貨屋さん、あと古着好きにはたまらないお店も多く立ち並んでいます。


高級住宅街ということで少々値が張るお店もありますが、少し変わった質の良い商品に出逢えるでしょう。キッツに買い物に来る学生はお洒落で個性的な人がダウンタウンよりも多い気がしますね。



Photo by Rick CHUNG


 



UBC学生御用達のカフェ



キッツのブロードウェイストリート沿いにあるのが「CALHOUN'S」カフェ。店内に入ってびっくり。広い!お洒落!!そしてカフェにしては大きめのサイズのテーブル。


あと何と言っても人がいつもワンサカいます。よーく見るとほとんどがUBCの学生さん達。待ち合わせしてお喋りしているグループもいれば黙々と勉強している学生さんもいっぱい。


「あぁ、なるほど。このテーブルのサイズなら勉強しやすいね。」なんて気付きました。


大学もここから近いので利用しやすいのでしょうね。実際、私のシェアメイトも頻繁に利用していました。カフェのメニューもデリからスイーツ、ドリンクの種類は豊富で値段もキッツの割りにはそんなに高くない。


とにかくいつも人で賑わっているイメージ。もちろん一般のお客さんもいるので入ってみてくださいね。学生気分が味わえること間違いなし!!



photo by Cheryl Chan


 



地元の人達で賑わうキッツビーチ



バンクーバーのビーチと行ったらイングリッシュ・ベイやスタンレーパークが有名ですが、こちらはどちらかというと観光客が多め。学生たちはもうちょっとローカルなビーチに遊びに出掛けています。


その1つにあるのがキツラノにあるキッツビーチ。やはり物凄い生徒数を持つUBC大学が近いからでしょうか、若い学生っぽい人を多く見かけます。あと犬連れの地元の方も多いですね。キッツビーチの反対側には緑の山々とイングリッシュ・ベイを見ることができ、ここから見る夕日もとって綺麗。


夏はビーチボールのコートが白い砂浜に何個も設置され自由に遊ぶことが出来るようになっています。夏は特に若い学生さんらしき人が多く、少し騒がしい部分もありますが見てて面白いですよ(笑)日本の学生さんとは違った雰囲気を感じてください!!



Photo by Na-ko


 



UBC大学の構内



カナダ国内では有名で名門と呼ばれるUBC大学。なんとこちらの学校、一般の人も何のチェックもなく普通に構内に入ることが出来ます。ダウンタウンからは14番や44番などでアクセス可能。


気付いたら構内にもう入っていたという感じ。「ここは街ですか???」と思うくらい広大な土地を所有しています。構内には病院にスーパーマーケット、パブに学生専用の住居も数多くあり、有料ではありますがMOAという人類博物館や新渡戸稲造庭園など観光客も良く訪れる施設もあります。


そしてこの大学の奥に進んで行くと、なんと「レックビーチ」と呼ばれるヌーディスビーチがあり、夏はとくに若い人たちで賑わっていました。まるで学校のプライベートビーチみたいです。


UBC大学にはインターナショナルな生徒が沢山いて、構内を歩いていると日本人を見かけることも。学生になった気分でお散歩してみてくださいね。



Photo by tripadvisor


 



ロブソン・ストリート周辺



バンクーバー・ダウンタウンで1番賑わっているロブソン・ストリート。地元の若い子や学生に人気のアパレルブランドAritzia』を始め、その他多くのお店が集まっています。


アパレルに雑貨屋、靴屋にコスメも充実!!お洒落なカフェもあればリーズナブルなレストランもあって学生さんのお財布には優しい。バンクーバーで一番大きい図書館が近くにあって、勉強帰りにも寄れるアクセスの良さ。お洒落大好き、お買い物大好きな学生さん愛用のショッピングエリアです。


週末にもなると学生だけでなく観光客など多くの人で賑わい、前に進むのが大変な時もあるので時間に余裕がある人は平日に行くことをお勧めします。



Photo by Denman


 



とにかく安く飲める「The Cambie Pub」



ガスタウンにあるCambieホステルが運営する「とにかく安い!!」で有名なバンクーバーのバー。ほとんどのドリンクが5、6ドルくらい。特にビールが安く平日でも多くの人で賑わっています。


だから週末ともなると席がないことも。バーカウンターで注文するのでチップも渡す必要がなく、尚且つ好きなテーブルで自由にお酒を楽しむことが出来ます。


バーガーやピザ、ナチョスなど簡単な食事もあり、こちらもボリュームがあってやっぱり安い(笑)お金がない学生さんには持って来いのお店。地元カナディアンだけではなく、留学生にも知られているお店です。



Photo by agoda


 



留学生に人気のナイトクラブ「AuBar」



バンクーバーのダウンタウン付近には本当に多くのナイトクラブが点在していて、その音楽のジャンルも様々。国際色豊かな街バンクーバーならではなんでしょうか。その中でも留学生に人気のAuBar


もちろん地元カナディアン達にも人気ですが圧倒的に多いのはやっぱり留学生。アジア人からブラジル人、アラブ人と他のクラブに比べて見かける人種の幅の広さにびっくり。


入場料は10ドルくらい。時々グランビルストリートで無料チケットを配っている時があるので要チェック。音楽はTop40からHip Hop、R&Bなど。ダンスフロアは小さめですが盛り上がりは凄いです!!留学生に混ざって踊り狂ってみては?


 




Photo by WCNL


 




学生の間で人気の「コマーシャルドライブ」



最後は学生の間で「バンクーバーで1番住みたいところ」と言われているエリア、コマーシャルドライブ。バンクーバーの中心地からバスで15分くらいバスに揺られたところにあります。


昔はイタリア人が多く住んでいたということもあってイタリアンカフェやレストランが多くこのエリアでは見られます。さて、なぜ学生に人気か、、、。


それはフレンドリーな雰囲気とこのエリアが持つ独特のアートでお洒落な街並み、それでいて庶民的さもあるからでしょう。


ダウンタウンような忙しさはなく、キッツのような高級志向でもない。のんびり平和な街です。昔は家賃が安いということもあって人気もあったようですが、近年多くのアーティストが移り住んだりして年々人気が上昇中。学生人気、いつまで続くでしょうか!


 




Photo by Jessica


 


 


基本的に学生さんはお金がないので安くて楽しめるところを良く知っているような気がします。ガイドブックでは中々知ることが出来ない情報もあって有難い!!気軽に行けるところばかりなので学生気分で探検してみてくださいね。


 


  


 

2014年10月29日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop