現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月2日更新

【リバプール】ビートルズに関する観光スポット7選

5066 views

リバプールと言えば、ビートルズ。ビートルズと言えば、リバプール。世界中からビートルズを愛する人々が、リバプールに訪れます。そんな彼らの聖地を7つご紹介します。



djmcaleese


 



ビートルズ・ストーリー​(The Beatles Story)



ビートルズ・ストーリー​(The Beatles Story)は、伝説となったビートルズの歴史、サクセスストーリー、ビートルズを支えた人々に関する情報を展示したミュージアムです。このビートルズ・ストーリー​(The Beatles Story)は、アルバート・ドック(Albert Dock)内にあります。


 


このドックは、大英帝国絶頂期の海洋交易拠点の例証として、2004年に世界遺産に登録された「海商都市リヴァプール」を構成する中心市街の一区画で、ピア・ヘッドの南に位置し、テート・リバプール(Tate Liverpool)、マージーサイド海洋博物館 (Merseyside Maritime Museum) 、ビートルズ・ストーリー (The Beatles Story) などの観光名所が集まった場所でもあります。


 


またこの場所は、当時、木材を使用せずに、レンガ・鉄・石だけで作られた世界初の完全耐火倉庫としても有名ですので、一見の価値ありです。



drinksmachine


 



キャバン・クラブ(The Cavern Club)



キャバン・クラブ(The Cavern Club)は、1957年1月16日にリバプールにオープンしたロッククラブです。ビートルズが1961年2月9日にこの場所で初めてこの場所でライブを行ったことで世界的に知られることとなったクラブでもあります。ビートルズはこの場所で計292回ライブを行いました。


 


その後、世界的に爆発的人気を誇ったビートルズのマネージャーとなるブライアン・エプスタイン(Brian Epstein)が彼らの演奏を初めて見たのも、このキャバン・クラブだったのです。この世界一有名なジャズクラブは、パリにあるようなジャズクラブを作りたいというオーナーの思いからオープンし、レンガでできたアーチ型の天井のスペースに、とても小さなステージが一つだけあります。​


 



ジョン・レノンの生家(John Lennon's house)



ジョン・レノンの生家(John Lennon's house)は、Menlove Avenueにあります。ジョンは1940年10月9日にうまれましたが、当時、父親は商船の乗組員で航海中のため不在で、母親ジュリアは別の男性と同棲していたため、ジュリアの姉メアリー(ミミ伯母)夫婦により育てられたのです。


 


ジョンは、23歳でロンドンに移るまで、この家で暮らしました。そのため、世界中から、彼の育った家を見ようと、毎日、多くの観光客がこの場所を訪れます。この家は、一度別の人の手に移りましたが、その後、オノ・ヨーコにより買い取られ、2003年にナショナル・トラストに寄贈されています。


 



ペニー・レイン(Penny Lane​)



ペニー・レイン(Penny Lane​)は、ビートルズが1967年2月に発表した14枚目のオリジナルシングル曲の題名で、リバプールに実在するストリートから名づけられました。この曲のなかにでてくる床屋さんや街角の銀行なども、現在も残っており、ビートルズゆかりの場所として、世界中から観光客が訪れては記念写真を撮る光景を目にする観光名所です。


 


Lander777



ストロベリー・フィールド(Strawberry Fields)



ストロベリー・フィールド(Strawberry Fields)は、1967年2月にリリースした「ペニー・レイン」の片面の曲です。この場所は、ジョンがミミ伯母に連れられてきていたころは戦争孤児院だった場所で、当時、ビクトリア朝の建物がありましたが、2005年に孤児院は閉鎖され、草地になっています。


 


この曲は、ビートルズのサイケデリック期の傑作と評価されている曲で、その曲のゆかりの地を訪れる観光客が絶えない観光スポットです。



Jack



ポール・マッカートニーの生家(Paul McCartney’s House)



引っ越しが多かったポール・マッカートニーの家族が1955年に引っ越した家で、ポールが一番長く住んだ家。現在では、ナショナル・トラストにより保護されています。当時、ジョン・レノンが自宅であまりギターの練習をできなかったため、このポールの家でギターの練習をしていた言われています。


 




エンプレス(The Empress)



エンプレス(The Empress)は、リバプール中心地から少し離れたところに位置する地元のパブ(飲み屋)で、ビートルズのリンゴ・スターがソロアルバム「センチメンタル・ジャーニー」を発表した際のジャケット写真に使われたことで有名です。ここでは当時、リンゴの母が働いており、リンゴの家もすぐ側に位置していました。


 


ファンはもちろん、ファンでなくても是非訪れてみたい場所ばかりです。町自体が世界遺産ですので、散策をして名所を見つけるのも楽しいです。


 

2014年11月2日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop