現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月15日更新

ビートルズからワンダイレクションまで!イギリス音楽の歴史まとめ

4809 views

1960年代にビートルズの音楽が世界中の若者を夢中にしてから、現在に至るまで、イギリスには様々なミュージシャンがうまれ、世界中から支持をされてきました。そのなかでもエポック的になる音楽とミュージシャンについてご紹介します。


 



1960年代



 この時代はもうビートルズのためにあったと言っても過言ではないでしょう。彼らの出す音楽、ショートフィルム、発言が、世界中に影響を与えました。音楽性も異なる4人が様々な表現方法でつくる曲と歌詞は、今聞いても古さを全く感じさせません。


 


また、同じくグループサウンズとして、ローリング・ストーンズやザ・フ―やキンクスがイギリス4大バンドを言われ、人気を博しました。



jacilluch


 



1970年代



 ビートルズの人気はいまだ衰えず、彼らの音楽も、よりそれぞれの個性を打ち出したものとなって行きました。1970年「Your song」で一気にスターダムに上がったエルトン・ジョンが、次のイギリスの音楽の方向性を示していきました。抒情性のあるメロディーと素直な歌詞は、たくさんの人々を魅了していきました。


 


 また、レッド・ツェッペリンやクイーン、ピンク・フロイドといった現在でも多くのファンのいるグループが出てきました。


 



1980年代



 ジョン・レノンの暗殺で、一つの時代に区切りがつきます。ザ・スミスのモリッシーの書く陰鬱でねじれた歌詞は、若者特有のうっ屈した精神を代弁しました。また、シンセサイザーで打ち込むテクノと呼ばれる音楽が流行し、デュランデュランやカルチャークラブ、ペットショップボーイズが一筋縄ではいかない感性で人々に訴えかけました。


 


 特にペットショップボーイズの機械的な音楽と低い声で表現される部分と、良く伸びる高音で表現するメロディアスな部分の自然な融合は、ある程度カテゴリー化された音楽に新たな橋を造ることになりました。


 



1990年代



 後のヴィジュアル系バンドにも大きな影響を与えたSuedeや、オックスフォードの普通の男の子が集まった感じのSuperglass、哲学的な歌詞と静かな音楽で今でも全く古さを感じさせないRadiohead、オリエンタルな雰囲気をブリットロックに取り入れたク―ラシェイカーなど、多種多様な音楽が出てきました。そして二大ブリットポップと言われるOasisとblurが出てきたのもこの時代です。そして、ガールズバンドとして世界を席巻したSpice girlsが出てきました。


 



2000年代



 1997年、blurのデーモン・アルバーンの「ブリットポップは死んだ」発言で、ブリットポップが一時終焉を迎えてしまいます。ですが、活動を縮小したり個人的な活動のみを続けたりしながら、2006年以降、多くのブリットポップのバンドが再結成に立ちあがります。そして2010年にブリットポップの終わりを宣言したblurが新しいシングルをリリースし、復興が現実になってきました。


 




2010年以降



 Blurの活動の開始により、ブリットポップがまた盛り上がるのかと世間には印象が与えられました。しかし、入れ替わるかのように、Oasisやsuperglassが解散し、迷走期に突入しました。


 そして新しい流れとして、ワンダイレクションというオーディションで選ばれたボーイズボーカルグループが世界中の女の子を虜にしました。普通のお兄さんといったルックスと、爽やかな声や、いろんなところでパパラッチされる私生活とともに、イギリスだけでなく世界中のファンをにぎわせています。



Eva Rinaldi Cerebrity


 


いつでも世界の音楽シーンを牽引してきたイギリスの近代のながれを、大まかではありますがご紹介しました。殆どの曲が今でも楽しめますので、ぜひ聞いてみて下さい。


 

2014年10月15日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop