現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月2日更新

【スリが多い】スペインの治安情報&気をつけるべき行動5選

398 views

スペインは決して治安の良い国ではありません。ですが、世界遺産や芸術、名所など見るべきものが多いスペインに行く人は増加しています。何に気をつけていけばいいのかのヒントを五つご紹介します。


 



 どこが危ないでしょうか。



観光地には観光客狙いのすりが多くいます。特にマドリッドや、バルセロナなどの大都市では防犯の心がけは大切です。そのなかでも、ソル、グランビア、アトーチャ、プラド美術館周辺などでの被害が目立っています。観光客がよく泊まるようなホテル、オスタル周辺も泥棒たちが目をつけているので、周囲には気を配って、防犯を心がけてください。



Marcp_dmoz


 



どんな犯罪が多いでしょうか。



旅行者が被害に遭うのはスリや、ひったくりや置き引きなどの犯罪が多く、命を失うような犯罪に巻き込まれることは、まず、少ないです。しかし最近頻発している首しめ強盗(首をいきなり締められ、荷物を奪われる犯罪)は被害にあったときのダメージが大きいのでくれぐれも気をつけてください


 



ホテルから外出時に気をつけることは?



基本的な事ですが、夜間の一人での外出は控えましょう。もちろん、日中でも狙われることがあるので、気を緩めてはいけません。外出の時は必要最低限の物しか持って歩かないようにしましょう。


 


大切なものは入っていないとしてもバッグなどを持っていると、その中に貴重品が入っていると思われるので、できれば手ぶらでの外出がお勧めです。現金を一目ではどこに持っているかわからないようにしましょう。日本人観光客は、首から貴重品袋をかけていることが多いということを泥棒たちは知っていますので、貴重品袋を過信してはいけません。


 


かばんは肩にタスキ掛けにしていると引ったくりに遭いにくいと言いますが、車から引っ張られた場合、危険が増しますので、車道側に鞄をかけないようにします。



rick ligthelm


 



タクシーにも気をつけます。



空港で客引きしているタクシーには乗り込まないようにしましょう。かなりの確率で高額な料金を吹っかけられます。タクシーを利用する場合は、必ずタクシー乗り場で並んでいるタクシーを利用して下さい。街中の流しのタクシーは普通は信用できますが、念のためにメーターがきちんと動いているかチェックしましょう。


 




服装にも気をつけます。



旅先での服装ですが、一目で、裕福な観光客に見えるものは、当然の事ですが、スリに合う危険が高くなります。ブランド物の鞄を持ち、ヒールの高い靴を履き、きれいなワンピースを着ていると、カジュアルなバックパッカーが多い観光名所ではすぐに犯罪者の目にとまります。できるだけカジュアルな旅行者の服装を目指しましょう。


 


もちろんディナーに行くときに、お洒落を楽しむのも大事です。その時はなるべくタクシーで移動し、街を歩かないようにしましょう。


 


 道を尋ねるかのように近づいてきて、広げた地図の下から鞄の中を探ってきたり、警官の格好をしてカードやパスポートの提示を求め、出した隙に奪ったりという手口もあるようです。花を差し出してくるジプシーもいますが、絶対財布を出さないようにしましょう現金は多く持ち歩かないようにし、パスポートはスーツケースや部屋の金庫に入れておきましょう


 


みなさんこれらのことには十分注意してスペイン旅行を楽しんでくえださいね!!

2014年11月2日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop