現在17272個の困ったを解決できます!

2014月10月31日更新

カッパドキアだけじゃない!トルコのおすすめ世界遺産BEST3

0 views

イスラム文化とキリスト教文化が出会う国、トルコ。この独特な国は他では見れない独特の景観からいくつか世界遺産登録されている観光地があります。そんなユニークな景観のトルコ世界遺産BEST3をお送りします。


 



1位 イスタンブール歴史地域



 



アヤ・ソフィア



 


イスラム建築に見えますが、最初はキリスト教の大聖堂として建てられたのが出発点だとか。しかしその外観はイスラム的です。


中央に円状のドーム、四方にミナレットという細長い塔が建っています。赤茶けた色合いで、中は薄暗いです。聖堂内はとても広く、大勢の観光客が訪れています。天井から辺りを照らすための円状にならぶ照明が独特です。モザイク画や、アラビア文字の書かれた大きな円盤が印象的です。



Nomade Moderne



ブルーモスク



アヤ・ソフィアの近くにあります。オスマントルコ帝国時代に作られたこのブルーモスクは世界でもっとも美しいモスクと言われています。赤茶けたアヤソフィアとはちがってこちらは白、ミナレットは6つです。


アヤソフィアとブルーモスクは目と鼻の先で、見比べると美しいブルーモスクの方に行きたくなってしまいますが、どちらもトルコ観光の目玉的な建造物なので時間があればどちらも訪れることをおすすめします。



Oberazzi



地下宮殿



東ローマ帝国時代にユスティニアヌス帝によって建てられた貯水池であるこの地下宮殿には、巨大な柱が何本もたっています。歴史の教科書にも出てくるメデューサの顔を柱の土台にした柱もあります。



Dennis Jarvis


 



トプカプ宮殿



オスマン帝国時代の宮殿で、絢爛豪華な城というわけではありませんが、オスマン帝国時代に集めたと思われる宝物は必見。愛称スプーン屋のダイヤといわれる86カラットのダイヤをはじめ数々の高価な宝飾品にため息が出ることでしょう。



Roohi Moolla


 



2位 ヒエラポリス・パムッカレ



真っ白な石灰の棚に空の色を映した水色の温泉・・。絵に描いたような美しく、独特な景観が広がるのがここパムッカレです。


この地は石灰を含んだ地質であり、そこに降った雨が地熱により暖められ、温泉としてこのパムッカレに湧き出ています。温泉中の石灰分が結晶化し、雪のように地表を覆ったのがこの白さの原因です。


到着すると、その石灰棚に着く前から石灰で覆われた地表は始まっており、水が滴る地表を靴を脱いで素足で進みます。開けたところにたどり着くと眼下に石灰棚が広がります。


筆者が訪れたときはこの石灰棚を守るということから入浴は一切禁止されており、入浴している人は誰もいませんでした。しかし近年では入ることもできるようです。温度は35度ほどだそう。興味のある方は話のタネに入浴してみるのもいいかもしれません。


またこのパムッカレの側にはヒエラポリスという紀元前の遺跡が残っています。パムッカレを訪れたら、こちらも是非観光してみて下さい。



Sam Greenhalgh


 




3位 ギョレメ国立公園およびカッパドキアの岩石遺跡群



最後にやはりカッパドキア。アナトリア高原の火山によってできたというこの地には岩がまるで誰かに人為的に彫られたかのような岩が乱立します。きのこの形をしたきのこ岩、ライオンの形のライオン岩、らくだの形のらくだ岩。


またぼこぼことした岩の地形をそのまま利用して、岩を掘ってそこに住んでいたため、岩の中に生活空間が広がっています。もちろん岩の中の住居まで観光することが出来ます。



hiroaki.hirano


 


まとめ


トルコはイスラム文化とキリスト教文化の出会う国で、その世界遺産も独特です。また大変歴史のある国なので、今回ご紹介した3つ以外にも歴史を感じさせる世界遺産が目白押しです。ぜひこのユニークな国を訪れて歴史に触れてみて下さい。

2014年10月31日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop