現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

清潔感のある女性になる10のコツ

5238 views

最近よく耳にする、「清潔感のある」女性とはどんなものですか?教えてください。(大学3年生・女性)


清潔感のある女子

© naka - Fotolia.com
MrVertrau

「清潔感のある女性になりたい!」
女性なら誰もが1度は思ったことがあるのではないでしょうか。
清潔感のある女性には、男性だけではなく、女性にとっても、なにか惹かれるものがあります。

すぐに清潔感のある女性になろうとするのは、難しいことなので
まずは、意識して習慣にしていくのがポイント!

無理なく清潔感のある女性になるために10のコツをご紹介します。

1.持ち物管理



女性はどうしても、持ち物が多くなってしまう傾向があります。

ゴチャゴチャしていると、清潔感というよりは、不潔感のイメージがついてしまいますよね。
そのためにも普段から持ち物を管理して、最低限必要な物を入れ、使いやすい状態にするように心掛けましょう。

2.今までよりちょっとプラスしたお手入れ



何かを目標にすると、結果を急いで全てに集中してしまいますが、それだと、ストレスになったりして長続きしません。

ここでの一番のポイントは、実はお手入れではなくストレスを溜めないことにあります。

清潔感のある女性はイライラしているイメージはないですよね

文字にある「潔さ」には「その度合い」という意味があるのですが、なんでも「やりすぎ」はよくないものです。

自分のためにも必要な度合いをわかってこその「お手入れ」です。

3.断捨離の精神で部屋をきれいに



「身だしなみではなく、お部屋も?」と思われるでしょう。

しかし生活臭というのは、自分ではなかなか気づかないものですが、知らずのうちに衣類やバッグに染み付くものです。
カバンと一緒で、ゴチャゴチャしているのは不潔なイメージです。

ゴミが捨てられずに放置されていると、臭いも発生しますし、チラシや雑誌、衣類もずっと使わない状態が続くと、不衛生な状態です。
しばらく使っていないものや不要なものを少しづつ片づけて、整理することを習慣づけましょう。

清潔感のある女性は生活感を感じさせないものです。

4.環境に合った服装選びと見直し



清潔感のある女性になるために、自分の趣味や今までの服を処分する必要はありません。

「自分らしさ」がなくては、輝きというのは出せないものです。
ただ、いくらファッションでも、場違いな服装や自分を強調させすぎる服装選びは清潔感にはマイナスです。

例えば、山登りや砂の舞い散る公園にスカートやサンダル、
環境によっては、オーバーオールや胸の強調される服などもタブー
その場に合ったスタイルができること、協調性という人柄も大切です。

5.健康管理をする



清潔感というくらいですから、衛生面は絶対に身につけなくてはいけません。

風邪などのウィルスに負けない体を作ることも大切です。

明るく元気な女性は頼りがいを感じます。

6.生活力をUPさせて、女子力もUP



いろなことが習慣として備わってくると、生活にも変化がでてきて、いよいよ清潔感のある女子へとステップアップです。

小さなほころびや、しわなどが気になり、放置されたものも気になって、アイロンをかけたり、毛玉をとったり、掃除をして片づける。身だしなみを常に意識して、ソーイングセットなども持ち歩くようになったり、健康を意識していると、食事の管理もするようになり。生活力を身に着けながら女子力もUPさせます。

7.メイクは、本来の自分を少しキレイにする程度に



必要以上にメイクをしたり、濃くなってはいませんか?清潔感のあるメイクは、ナチュラルメイクです。

ダマになっているマスカラや、メイク落ちした目の周りのアイラインは、せっかくのメイクも印象を悪くさせてしまいます。

浮いたメイクやムラなどは、どんどん厚ぼったくなってしまう原因にもなるので、自分の肌の色や肌質に合った化粧品をしっかり選びましょう。
パフなどは定期的に取り替えることも大切です。

8.階段やエスカレーターで前の人の靴をチェック



注意しておきますが、けして観察するのではありません。ちらっと見る程度です。(変な気持ちはない状態です)

これは、自分に意識をもつために行うのですが、女性のヒールなどは、段差や使用度により意外と擦れていたりキズがついています。
シューズであれば、擦れた偏りや汚れなども目につきます。
その時に思う気持ちが、他人も思っていると考えると、
自分に意識付けができるので、日ごろから身に着けるものに気を付けるようになります。

9.負のオーラを出さない



これは、けして悩みや不安を抱いてはいけないということではありません。ストレスを溜めないためにも、時には吐き出すことも大切です。
ただ、男女限らず、陰口を言う人は印象が悪く、人のことは言わなくても
自分の悩みばかりを話す女性も印象があまりよくありません。

いつまでもクヨクヨしていると、その思いは顔や体、姿にも出てきてしまいます。

「清潔感」が、身だしなみだけではないというのは、こうした人柄が相手には身だしなみと同じように受けとられるからです。
自分をしっかり見つめられる人は、まわりにも同じだけ目を向けられます。
引き際が良く、その場の空気を読み取れる「潔さ」
これも清潔感という言葉の中にしっかりと存在しています。

10.清潔感のある女性になったと思わないこと



目標は達成するためのものですが、ゴールを決めてしまうと持続性が無くなってしまい、気が付くと元に戻ってしまうこともあります。

清潔感を心掛けているからと言って、人に対して上目線で話したり、できていない人を下目に見るようなことがあっては決して、人からそうは思ってはもらえません。

実際、清潔感のある女性は、自分のことを「清潔感のある女性」だとは思っていないものです。
他人が思ったり感じることで、はじめてなるものです。

 

まとめ



たんに「清潔感」といっても、「毎日お風呂に入る」、

「身だしなみや服装などの衛生面を意識する」だけではだめです。

それだけでは、自分だけが満足する「清潔感」になってしまいます。

完璧な人というのは存在しないのですから

自分の好きなところは生かして、

「ダメだな。直したいな」と思うところを、少しづつでも

変えていくだけで、違うと思います。

もしかしたら、もうすでに誰かに

「清潔感のある女性」と思われているかもしれません。

2014年6月16日

written

by uematu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop