現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月21日更新

オンライン申請も可能!ロシアのビザの申請と手順

507 views

日本人がロシアに旅行へするためには、パスポートの他に必ずビザが必要となります。本記事では一般的なロシアの観光ビザ申請方法とその手順についてお話しします。



Lucas



ビザってなに?



はじめに、海外旅行のために必要なものといえば、まず思い浮かべるのはパスポート(旅券)。パスポートは、あなたが日本国民であることを日本政府が証明するものです。


 


次に、世界の国の中には他国民を自国に入国させるにあたって、パスポートの他にビザが必要になる国があります。ビザというのは、渡航先の国の政府があなたの入国をあらかじめ承諾するために発行する査証です。


 


査証相互免除の取り決めで3ヵ月以内の観光目的の入国ならばビザは免除という国が多いのですが、ロシアは3ヵ月以内の観光目的であっても必ずビザが必要です。


 




ビザ申請の手順



ビザ申請に必要なものは?



ロシアに入国するには、パスポート (滞在予定期間の終了日より6か月以上有効期限があり、余白は見開き2ページ以上あるもの)、ロシアからの出国、またはその先の旅程を証明する航空券や書類、そしてビザが必要になります。観光ビザの申請に必要なものは以下のとおりです。


 


 ・パスポート原本
 ・ビザ申請書(オンライン申請フォーム
 ・写真1枚
 ・旅行会社が発行する旅行確認書(サポートレター)
 ・バウチャー


 


これらの書類が揃ったら、ロシア大使館や領事館に出向いてビザセクションの支払い窓口でビザ手数料を払って申請します。また、手数料はビザ受領までの期間で異なります。


 


 観光ビザ手数料
  4~10営業日での受領  4,000円相当額
  3営業日以内     10,000円相当額
 ※支払いは現金(日本円)のみです。


 



必要書類の注意点



ビザ申請の必要書類として、耳慣れない「旅行確認書」「バウチャー」といった言葉が並んでいて、戸惑ってしまった方もいらっしゃると思います。旅行確認書とは、ロシア観光省に登録された受入れ先の情報が記載された書類のこと。


 


受入れ先責任者の署名、および社印が必要です。また、バウチャーは旅行者データ(氏名、生年月日、パスポート番号)、ロシア入国/出国日、観光ルート、移動手段、宿泊場所、観光プログラム、旅行会社の署名/印、支払済み証明、ロシアの受入れ旅行会社名と旅行レファレンス番号が記載された書類です。


 


これらの書類は、自分でインターネットで予約した際に発行されるホテルの予約確認書ではありません(それらを印刷したものでは、ビザ申請は受け付けられません)。ロシアの登録されたホテル、また旅行会社を通して発行された書類が必要になるので注意しましょう。



スムーズなビザ申請のために



オンライン申請書については大使館ホームページからダウンロードし準備することができますが、「旅行確認書」「バウチャー」を個人で揃えることは難しいようです。


また、国際情勢の変化に伴い、ビザ取得の必要書類や手続き方法は変更になる場合もあるので、費用は少しかかりますが一般的には旅行代理店ロシアビザ取得代行業者を利用しその指示に従って旅行準備するのが安心ですね。


[参考:ロシア大使館]


[参考:オンライン申請書作成方法]


[参考:ビザ取得代行 ロシアントラベルエージェンシーロシアビザ取得申請代行センターミールネットワークソリューション]


[参考:旅行代理店 ロシア旅行社ユーラシア旅行社インツーリストジャパン社]


なお、ロシアに入国したら、外国人は必ず入国後7日以内(休日祝日は除く)にビザの滞在登録をしなければなりません。 この手続きを怠ると罰金や、最悪の場合は投獄もありえますので注意が必要です。


※ロシアでの滞在が7日以内(休日祝日は除く)の場合は、滞在登録の必要はありません。


思い立ってすぐにロシアへ!というわけにはいかないロシア旅行。早めに情報を集めて準備する期間も旅の楽しみの一つです。ロシアのビザを取ろうと考えてる方はぜひ参考にしてみてください!



jaime.silva 

2014年10月21日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop