現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月25日更新

タイに行ったらとりあえずここ!王道観光地10選

479 views

 タイはバンコクはもとより北部のチェンマイ、南部の島プーケット、バンコクから遠い東北部のイーサンなど特色ある観光地がたくさんあります。その中から王道の観光地をご紹介します。



エメラルド寺院



 


出典サイト


 


バンコクの観光地の筆頭は、やはりエメラルド寺院です。寺院ですが、王宮に併設されていて正式名称はワット・プラケオ。エメラルドの名称は、全長60㎝の翡翠の仏像が由来です!! 


 


エメラルド仏と言われていますが、実際はエメラルドではなく翡翠を彫った仏像で、年に3回タイ国王の手で衣替えが行われています。



ワット・アルン



 


出典サイト


 


バンコクのチャオプラヤー川沿いにある寺院で、暁(アット)の寺と呼ばれています。その名の由来は、アユタヤの武将がビルマ侵攻から落ち延び夜明けにワット・アルンの前身であるワット・マコークに辿り着いたことにあります。後に彼はトンプリー王朝の開祖となりました!! 


 


ワット・アルンへの行き方は渡し船を利用します。ターティアン船着場から5分ほどです。 



ワット・トライミット



 


出典サイト


 


タイでは見かける金の仏像。その極めつけを見たいと思うならこの寺院です!! 


ここには約700年前の黄金の仏像があります。トライミットとは黄金仏という意味で、まさしくこの仏像を示しています。重量5.5トンの金で鋳造された坐像で、以前は漆喰に覆われていましたが工事の最中に落下物が漆喰を割って黄金仏が中にあることが分かりました。



ワット・プラシーサンペット




出典サイト


 


アユタヤの支配地域には4つの筆頭寺院があり、その中でも最も重要な寺院でした。他にはワット・マハータート、ワット・ドゥアン、ティムビアティなどがそうです。宮中の儀式が行われた寺院で、バンコクにおけるエメラルド寺院と同じ役割です!! 


 


元は王宮が建っていた場所でしたが、消失により同じ場所に新たに建てられたのがワット・プラシーサンペットです。アユタヤ時代には立派な黄金仏があり、国の繁栄の象徴とされていました、



バンパイン宮殿



 


出典サイト


 


現在のバンパイン宮殿はアユタヤ時代の夏の離宮を、バンコク王朝のラマ4世とラマ5世が再建したものです。とはいえ、アユタヤ時代の建物を再現したものではありません!! タイ様式はもちろん、西洋や中国など宮殿の敷地には様々な様式の建物が並んでいます。


 


特にプラティーナン・アイスワンティップアートは池の側にあり、別名は水上のパレス。大量の黄金で装飾され、写真を撮るにオススメのスポットです!!



ワット・プラ・タート・ドイステープ(ドイステープ寺院)



 


出典サイト


 


チェンマイ郊外にあるステープ山頂に建つ寺院で、標高1080mの場所にあります。1383年にランナー王朝のクーナー王により建てられました。


 


見どころなのは金色に輝く仏塔で、仏舎利が納められています。また本堂には黄金仏が鎮座しています。パワースポットとしても有名です!!



ワット・プラシン



 


出典サイト


 


チェンマイ市内にある最も大きな寺院で、ランナー王朝のパユ王によって建立されました。名前の由来はプラシン仏を祀ったことにあります。


 


プラシン仏はライカム礼拝堂の中にあり、堂内には多くの美しい壁画が描かれています。ランナー王朝時代のチェンマイを描いた壁画です。ランナー文化に興味がある人は訪れることをオススメします!!



バンタオビーチ




出典サイト


 


バトンビーチと並ぶプーケットの人気ビーチです。空港から車で25分という好条件の場所にあり、周りは高級ホテルに囲まれています。マリンスポーツはもちろん、最近はレストランやバーが増えてナイトライフも充実!! 



バトンビーチ




出典サイト


 


サンゴがたくさんあるアンダマン海に面したプーケットのビーチの1つです。特にバトンビーチは最も人気があるビーチで、全長3㎞の砂浜が続く広いビーチです!! 


 


遠浅のビーチのためにマリンスポーツが盛んで、ビーチロード沿いにはレストランやホテルが並んでいます。また大型ショッピングセンターにも近く便利なビーチです。




パタヤビーチ




出典サイト


 


バンコクから南東へ160㎞の位置にある高級リゾート地です。全長4㎞のビーチで、マリンスポーツはもちろんショッピングやナイトスポットなどエンターティメントが充実しています!! 


 


ビーチから20分の場所にはノンヌッチ・カルチャー村があり、動物園や蘭園がありファミリーにオススメ。


パタヤビーチから10分ほどの所にはジョムティエン・ビーチがあり、長期滞在舎用の手頃な宿が多いのが特長です。


 


 


いかがでしたか。タイの基本を押さえるために王道観光地に足を伸ばしませんか。

2014年10月25日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop