現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月18日更新

日本人びっくり!シンガポールのちょっと変わった生活習慣まとめ

8733 views

同じアジアと言っても、生活習慣はかなり違いがあります。暮らしてみてわかる日本との違いをいくつかご紹介してみます。



大人も粉ミルクを飲む



 テレビや町で、やたらと目に付くのが粉ミルクの広告やコマーシャルです。赤ちゃん向けの日本で言う粉ミルクではなくて、牛乳の代わりに大人が飲むものを宣伝しているのです。


スーパーマーケットなどに行っても確かにたくさんの種類がおいてあって、しかも赤ちゃんではなく大人がたくさん飲むからか、缶のサイズが大きいです。


 シンガポールは土地が狭く、乳牛はほとんどいないので、牛乳はほとんどオーストラリアからの輸入品で価格も他の諸外国と比べ高いです。その代用品として、粉ミルクの方が一般的なのです。


 



洗濯物の干し方が違う



 日本のアパートやマンションでは部屋と平行に物干し竿を掛けます。ですが、シンガポールでは外に向けて部屋と垂直に干します。それぞれの部屋のベランダには物干し竿を差し込むための穴がちゃんとついているのです。


 濡れた洗濯物がたくさんかかった物干し竿はかなりの重量になるので、うっかり下に落としてしまわないか見ていてドキドキします。また、高層マンションも非常に多いので、風で落ちないかも不安になる光景です。



Rigmarole


 



ファーストフードで食器をそのままにする



 シンガポールではスターバックスでもマクドナルドでも、食べたあとは散らかしっぱなしで片付けません。これはシンガポール人の行儀が悪いからではなく、食べ終わるとすかさず清掃スタッフが片付けに来るからです。


片付けは彼らの仕事なので、食事に行った人がしてはいけないようです。



Rwoan


 



試着室に試着スタッフがいる



 大きなデパートの試着室では入口に試着スタッフが立っています。試着室に入るときには、この人に試着するものを見せ、枚数を書いたプレートを受取ります。


そして出るときに試着スタッフに服とプレートを返して枚数を確認してもらうのです。試したけれど購入しないものは自分で売り場に戻すのではなく、そのスタッフがきちんとハンガーに掛けて戻してくれるのです。


 これは、お客さんの便宜を図っているというより、万引き防止のための対策のようです。


 



会社の制服で通勤する人が多い



 デパートや病院などの職場の制服をそのまま着て通勤する人が結構多くいます。確かにいちいち着替えるのは面倒だし時間ももったいないですが、病院や食品関係などはきちんと職場で着替えた方が、衛生的に良いと思われるので不思議です。



Jonathan Choe


 




チップは要るの?要らないの?



 シンガポールでは元来はチップの習慣はありませんので、高級ホテルでもドアマンやポーターがチップを要求してくることはありません。外資系の高級ホテルのコンシェルジュに、レストランの予約をお願いをした場合でも、気持ちとしてチップを差し出し出しても、固辞されてしまいます。


 ただし、ホテルのロビーの外で、タクシー利用の際に荷物の上げ下ろしを手伝ってもらった場合は、慣例的にいくらかのチップを渡すケースが多いようです。


 


如何でしょうか。やっぱり外国は習慣が違うなと思っていただけたでしょうか。ほかにも不思議な習慣がたくさんありますので、色々発見してみてください。

2014年10月18日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop