現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月18日更新

イタリア・フィレンツェ観光におすすめの教会7選

500 views

花の都フィレンツェには、美しい建造物が数多くあります。そのなかでも特に訪れてみたい教会を七つご紹介いたします。


 



ドゥオーモ(大聖堂)



 大聖堂は、サンタ・マリア・デル・フィオーレ(花の聖母マリア大聖堂)の名で親しまれています。


建築様式は、典型的なイタリアゴシックです。当時の建築と彫刻分野では最も優秀な一人であったアルノルフォ・ディ・カンビオによって設計されました。 そして1296年に着工しました。


 内部も、典型的ゴシック様式で作られており、イタリア北部の建築様式とは異なっています。内部正面向かって左壁には、パオロ・ウッチェッロとアンドレア・デル・カスターニョによる、「騎馬像」のフレスコ画があります。


また、内部入り口上には、パオロ・ウッチェッロによって描かれた24時間時計も見ることができます。当代の最高の芸術家、建築家が美を競い作り続けたこの大聖堂は、1436年についに完成しました。



Martin Sojka


  



サン・ロレンツォ教会



 393年にサン・アンブローゼによって建てられた、フィレンツェでも最も古い教会の一つです。1060年、ロマネスク様式に再建されました。現在の教会は、ブルネッレスキによって、1423年に改築された物です。


教会奥には、ブルネッレキによる旧聖具室と、ミケランジェロによる新聖具室があります。教会左側には、メディチ家がミケランジェロに作らせた、古書や写本などの著名な蔵書を保管する図書館「ラウレンツィアーナ図書館」があります



Axel V


 



サン・ミニアート・アル・モンテ教会



 サン・ミニアート・アル・モンテ教会は、トスカーナロマネスク様式で建てられた建築物の一つです。11世紀から13世紀の間に建設されました。


白と緑の大理石で建てられたファサードは、繊細な幾つものアーチと12世紀に作られた聖母と聖ミニアートに挟まれたキリストのモザイクで飾られています。教会内部には、聖ミニアートの遺骨が納められている地下祭壇があります。


 教会前の階段からは、フィレンツェ市の全景が見ることができます。



Sarmale/OAyuso


 



サンタ・クローチェ聖堂



 サンタ・クローチェ聖堂は、フィレンツェにあるフランシスコ会の主要な教会の一つです。


 元々は市の城壁の外側にある湿地帯で、ミケランジェロ、ガリレオ、マキャヴェッリ、ジョヴァンニ・ジェンティーレ、ロッシーニといった有名なイタリア人たちの埋葬場所でもあったことから、イタリアの栄光のパンテオンとも呼ばれています。


 言い伝えによると、サンタ・クローチェ聖堂はアッシジのフランチェスコ自身によって建てられたと言われています。



Axel V


 



サンタ・マリア・ノヴェッラ教会 



 9世紀ごろ、この地にあったサンタ・マリア・ヴィーニェ礼拝堂が起源です。その後、1211年にドミニコ会の修道士がこの地に新たな教会を建てることとしたのが、現在の教会です。


その当時、修道僧たちが薬草を栽培して薬剤を調合していたのが、世界最古の薬局といわれるサンタ・マリア・ノヴェッラであり、800年以上経た今でも続いています。



Any.colour.you.like


 



サンタマリア・デル・カルミネ教会



 ここには、初期ルネサンス絵画を代表するマサッチョのブランカッチ礼拝堂のフレスコ画があります。アルノ河の対岸、サンフレディアーノ地区にあるこの教会は、1771年に火事で教会内部の大部分が消失していますが、礼拝堂には火が回らず、1983年から90年にかけての修復により、今ではとても良い状態で鑑賞することが出来ます。



Kotomi_


 




サントスピリト教会



 ブルネレッスキの未完のファザードが特徴であるこの教会は、15世紀半ばに建てられたものです。内部にはミケランジェロ作の「十字架像」などが置かれています。



AntonioA


 


どれも建物自体が素晴らしい建築で、中におさめられている美術品も素晴らしいものが多いので是非訪れてみて下さい。

2014年10月18日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop