現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月9日更新

タイに行ったら絶対飲みたいタイビール8選!

1577 views

タイといえばタイビール。


最近では日本でもタイ料理店やスーパーでも手軽に購入できる、馴染み深いタイのビール。


その中でも、シンハービールは、日本でも手頃に飲む事ができるので、今回は、王道シンハービール以外の現地タイビール8選をご紹介します。


 



Archa(アーチャー)



Archa(アーチャー)


アルコール度数5.4%


タイで最もポピュラーなビールの一つ。


苦みが少なく、後味がさっぱりとしたビール。


ビールの独特なコクが弱いので、ビールが苦手な方でも飲みやすいです。


 


 deepwarren



Tiger(タイガー)



 


Tiger(タイガー)


アルコール度数5%


原産はタイですが、シンガポールを中心とした東南アジア諸国で大人気のビール。


味は、苦みが強いく、独特な癖があるので、好き嫌いが分かれるビールです。


是非試してみてください。



 Robot Brainz


 



Blue Ice(ブルーアイス)



Blue Ice(ブルーアイス)


アルコール度数6.4%


アルコール度数は高めですが、 苦みが少なく、さっぱりとした味わいなので女性に人気のビールです。


 逆に言えば、ビール好きには、炭酸水?と思うくらいなので物足りなく思うかもしれません。



 rob_rob2001


 



Federbrau(フェーダーブロウ)



Federbrau(フェーダーブロウ)


アルコール度数5.4%


日本、未輸入のビール。


ラベルが、赤い羽根のマークが目印です。


もともとはドイツのビールですが、タイ国内で生産しており、Changビールと同じタイ・ビバレッジで生産されています。


味は苦みが少なく、さっぱりとしていてるので飲みやすいビールです。


 


 





 


 


 



 Chang(チャーン)



Chang(チャーン)


アルコール度数6.4%


低価格で味も良いのでタイ国内では、シンハービールに次ぐ人気のビールです。


Changとは、タイ語で「象」という意味で、ラベルには象の絵が目印です。


ラガービールの中でもアルコール度数が高めで、味は苦みが強く独特な風味があります。


タイ料理と相性抜群です。


 


yosshi


 


 


 



Leo(リオ)



Leo(リオ)


アルコール度数5.0%


シンハービールから発売された低価格帯ビール。


ラベルが、豹(ヒョウ)の絵が目印のビールです。


味は、シンハービールより薄味で、独特な甘みがあり、タイ国内で人気のビールです。



 Yannis



Cheers(チアーズ)



Cheers(チアーズ)


青アルコール度数5.0%


赤アルコール度数6.5%


 青と赤の2種類販売されています。


苦みが強く、どちらとも一癖ある味わいです。


赤の方がアルコール度数も高く、より味が濃いのでパンチがあります。


 


 Giorgio Quattrone




Kloster (クロスター)



Kloster (クロスター)


アルコール度数5.2%


 タイではシンハービールに並ぶ代表的なタイビール。現在は生産量を減らしているため、見つけたら是非飲んでほしいビールです。


味は、口当たりが良く、若干の苦みがありますが、癖のない飲みやすいので、ビールが苦手という方にはオススメです。



 sanfamedia.com


 


是非タイ旅行の際の参考にしてみてくださいね!


 


 


 

2015年3月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop