現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月25日更新

スペイン観光に欠かせない!ガウディ建築が見られるスポット5選

60 views

世界文化遺産として登録もされているガウディ建築の数々。その多くはバルセロナにありますが、そのなかでも最も代表的なスポット5選をご紹介いたします。



 



1. サグラダファミリア



ガウディと言えばこの建物!サグラダファミリアです。


フランシスコ・デ・パウラの後継者としてガウディが建設を指揮。


 


1882年に着工し、完成までは300年かかるとも言われていましたが、今のところ2026年に完成を予定しています。カトリック教会のバシリカで、聖家族贖罪教会とも呼ばれていますが、教会のイメージを覆すようなガウディ独特の大胆で奇抜な装飾があらゆる場所に施されています。



Victor Wong



2. カサミラ



カサミラはガウディが実業家の邸宅として建設したものです。直線部分が全くないなんとも常識破りの建物はまるでおとぎ話の世界から飛び出してきたようです。


 


外観は地中海のイメージで作られたそうで、波打つような曲線でできています。なんとこの建物の部屋は、賃貸アパートとして貸し出されており、住人もいるそうです。世界遺産に暮らすってどんな感じなんでしょうね。



diegoperez74



3. カサバトリョ



骸骨みたいな出窓が印象的なカサバトリョ。ガウディがリフォームしたバトリョ氏の邸宅です。屋上に上ると、きのこや、ドラゴンや、魚のうろこのような装飾があり、ガウディの不思議な世界が広がります。


 


カタルーニャの聖人の竜退治の伝説をイメージしているとも言われています。室内に自然光が差し込み、タイルやステンドグラスを照らすと海底洞窟にいるような気分にもなります。



Moyan Brenn



3. グエル公園                                               



カラフルな色彩のモザイクが美しいグエル公園。お菓子のような建物です。人気者となっているトカゲが階段の下でお出迎え。このトカゲを模したお土産物もあります。こちらは、もともとは分譲住宅として建てられたそうです。なんて遊び心あふれる分譲住宅でしょうか。



Jordi Cerdà


 




4. カサビンセンス



レンガ工場の社長宅、ビンセンス邸。ガウディ初期の作品です。チェック模様の外観が美しいです。世界文化遺産でありながら、売りにだされているそうで、その値段は2700万ユーロ。日本円にしてざっくり37億円弱といったところでしょうか。(2014年10月現在、1ユーロ=136円)世界遺産を手に入れるチャンスではありますが、なかなか手のでる金額ではなさそうですね。



Aidan McMichael


ガウディ建築スポット5選を紹介しましたが、驚きなのはサグラダファミリア以外の建物は、本来は個人邸宅であった点。「カサ」というのはスペイン語で「家」という意味なので、カサで始まる名前の建物が多いのですね。独創的で遊び心あふれるガウディ建築の家で生活したら、クリェティビティーを刺激されそうですね。


 

2014年10月25日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop