現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月2日更新

クラブ好き必見!スペインにある音楽の楽園、イビサ島ってどんなところ?

0 views

イビサ島は、地中海のバレアレス諸島に属するスペイン領の島であり、正式名称は、カタルーニャ語表記のアイヴィーサです。島の中心都市も、アイヴィーサといいます。


クラブ好きが集まる島と言われていますが魅力はそれだけではありません。そんなイビサ島をご紹介いたします。



joseeivissa


 



イビサ島の歴史



西地中海の要所にあるため、古来ローマ帝国やヴァンダル人、ビザンティン帝国、イスラム諸国家、アラゴン王国など、様々な勢力の間でその支配権が争われて来ました。近世以降は、当初はアラゴン王国、やがてそのアラゴン王国などを統合したスペイン王国が領有して、現在に至っています。


 


イビサ島が世界中から注目されるのは、この島がヨーロッパのヒッピー文化の中心となってからのことです。


 


1980年代終わりに、この島で息づいていたバレアリックと呼ばれる、独特の自由なダンス音楽スタイルと、そのクラブシーンの享楽的な雰囲気を、英国のDJ達やプロモーター達が発見したことにより、英国の若者たちのパーティー・アイランドとして、爆発的な発展を遂げました。


 


1990年代も、ヨーロッパのクラブカルチャー、ダンスミュージックの中心地として君臨し、最新の音楽流行を求めて、世界中からクラバーたちが押し寄せました。


 


その後、島にあるクラブの巨大化と陳腐化、客層の低年齢化により、以前のような、先鋭的な音楽シーンは姿を消したものの、然として、ヨーロッパの若者達の最も人気の観光地の一つであり続けています。


 



現在のクラブ事情



島には、有名なクラブが多くあり、夏の間は特に、世界中の超有名DJたちがプレイするため、大人気な観光地となっています。また、その美しい海と砂浜も、多くの人々を惹き付けています。


 


島の西海岸にあるカフェ・デル・マールは、その美しい日没の風景と、DJがかける独特の音楽により、世界で最も有名なバーの1つとして有名です。


 



クラブ以外の楽しみ方



音楽で楽しむのは、島の一つの側面に過ぎません。老夫婦、家族連れ、カップルたちが、非常にリラックスしてバカンスを堪能できるという側面もあるのです。海水浴、島のオーガニック食材をふんだんに使用した食文化、古くから残る中世・近世の美しい町並み等々もこの島の特徴です。


  




世界遺産としてのイビサ島



イビサ島は島自体が、1999年にユネスコの自然遺産と文化遺産が共存する世界遺産として登録されています。アクセスはマドリードから約1時間10分飛行機に乗るだけですが、LCCもありますので、約9000円と非常に安くで行くことができます。こちらで運行されているLCCはeasyjetという会社ですが、全席自由ですので、なるべく早くに搭乗するようにしましょう。



_Hadock_


 


 


いかがでしょうか。美しい自然と、文化遺産、ナチュラルでオーガニックなお食事、そしてそれを彩る音楽のある島、イビサ島。世界中の人から人気なのも納得できます。スペインの首都からアクセスが非常に便利なのも、人気の理由です。


 

2014年11月2日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop