現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月9日更新

初心者向けランニングシューズの選び方

1023 views



ダイエットもかねてランニングを始めてみようと思っています。おすすめのランニングシューズを教えてください!(大学二年生・女性)






暖かい季節になると体を動かしたくなりますよね。


夏も来るし、ここはひとつランニングでも始めて体を引き締めるぞぉ~っ!・・・


でもちょっと待って!いい加減なシューズ選びは怪我のもと。


足を痛めるその前に、ランニング初心者のための正しいシューズの選び方を確認しておきましょう!


初心者向けランニングシューズ




① 足長、足囲を正確に測る



足長はかかとから足指の一番長い部分までの長さです。壁にぴったりつくように、ティッシュケースなどを置いて、ティッシュケースにかかとをぴったりあわせ、足指の一番長い部分までを測ります。このとき前方を向いてまっすぐ立って測りますので、長い棒や定規などがあると便利ですね。反対の足も測っておきましょう。


そして次に足囲も測ります。足囲は足の親指と小指の付け根、ちょうど関節が出っ張っているところをメジャーで測っておきます。反対の足も同様に測りましょう。


左右の足の足長、足囲が違ったら大きいほうに合わせて選び、足指の長さからプラス1cmを目安にします。




② 自分の足の形を把握しておこう



足の形って意外と人それぞれ特徴があるんです。私たち日本人はこの3つの足形のどれかであることが多いので確認しておきましょう。


・スクエア型・・・・・指の長さがほぼ同じで一直線に並んでいる。


・ギリシャ型・・・・・足指の中で人差し指が一番長い


・エジプト型・・・・・親指が一番長く、小指にいくにしたがって傾斜している


どんな特徴があるかで、靴のどこが当たりやすいか予想することが出来ます。


スクエア型は小指側に圧迫を感じやすく、エジプト型なら親指、つま先全体の圧迫に注意が必要です。ギリシャ型なら靴の幅が広めのほうが快適に走れるでしょう。


この足の形を念頭に置けば、店頭で迷ったときに靴選びの参考になります。




③ 実際に店舗に行って、初心者用の中から選んでみる



さて下準備が済んだら、実際の店舗に行って、足長足囲を参考にいくつか選び出します。


基本的に靴底の厚いものは、膝や腰に負担をかけない初心者用。靴底の薄いものはタイムにこだわって早く走るためのものです。初心者ランナーなら靴底の厚いタイプを選ぶと良いでしょう。




④ ためし履きのときは正しい履き方を



まず、紐をいっぱいに緩めて足を入れたら、かかとを床でトントンして合わせます。(靴のかかと部分と自分のかかとをぴったり合わせるイメージです。)


かかとが合ったら、下からしっかりと靴紐を締め、結びます。


かかとが硬く、しっかり安定した物のほうが膝や腰に負担がかかりません。


出来れば店内を実際に歩いてみることをオススメします。履いただけでは分からなかった靴のあたりや、違和感を感じることもあります。




⑤ 色柄、値段も重要な要素



さて、だいぶ絞れて来ましたね。


後の決め手は値段とデザインです。好きなデザインを選ぶのはもちろんですが、かかと部分や靴の横の部分が蛍光色になっていると、暗い道でのランニングでも安心です。


また、アウトレットなどで旧モデルのものを安く買うのも賢い方法の一つ。機能的には2~3年前のモデルでも全く問題ありません。自分好みの掘り出し物に出会える可能性もありますよ!




まとめ



ランニングは想像以上に足や腰に負担がかかります。正しい靴選びで無理なくランニング生活をスタートさせて、気持のよい汗を流せるといいですね。

2015年3月9日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop