現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月31日更新

旅程を決める前に!ベトナムの祝日と休日を知っておこう

452 views

ベトナムでは、通常は、日本と同じ太陽暦(新暦)を採用しています。


しかし、お正月などは太陰暦(旧暦)を基準としていますので、テト(旧正月)などは、年によって日付が異なります。


2015年のテトは2月18日が大みそか、2月19日が元旦になります。


ベトナムの祝日は日本に比べて少なく、 ベトナムの国としての正式な祝日は合計9日しかありません。


 



◆ベトナムの祝日(国が定めたお休み日)




photo to Jeremy Couture



1月1日 元旦  



新暦の元旦も国の祝日となっています。     


この日も、お店関係はお休みのところが多いです。



2月18日~2月24日 テト(旧暦の正月)  



2015年の正月(テト)は2月19日です。     


ベトナムではお正月を「テト」と言い、年間を通じて最も重要な祝祭日になります。     


テト期間中は公的機関やお店やレストランの多くは休みを取るため、旅行に来られる皆さん御注意下さい。     


旧暦のため日にちは毎年変わります。          


お正月は、在りし日の日本と同じで、家族や親戚一同でお祝いをするのがベトナムのならわしとなっています。



3月8日 国際婦人デー(国際女性の日)   



1904年3月8日にニューヨークで、女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こしたことを受けて、1910年にドイツの社会主義者・クララ・ツェトキンが「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」ことを記念して提唱されました。          


この祝日では、男性が女性に花を送ったり、女性に代わって家事をするなどします。



4月9日 フンヴォン記念日



紀元前に北部から中部までを初めて統一したとされるフンヴオン王を旧暦の3月10日に祭る日です。


 2007年3月28日に政府によって正式に祝日とされました。


この祝日も旧暦に該当のため毎年変わります。


2015年は4月9日です。  



4月30日 戦勝記念日(南部解放記念日)   



1975年4月30日に旧ベトナム共和国の首都サイゴンが陥落し、ベトナム戦争が終結したことを記念する祝日です。


南部解放記念日とも呼ばれています。


ベトナム戦争は、アメリカとの戦いでしたが、フランスの植民地からの独立という意味でもありました。


ですので、この日が正式なフランスからの解放記念日でもあるのではないでしょうか。



 5月1日 メーデー(国際労働日)



5月1日は各地で労働者の日としの祝日となっています。


社会主義国のベトナムは労働者がメインの国です。     


会社と雇用者の関係も労働者側有利の法律で縛られています。


ですので、そのことを理解できない外資系の会社(特に日本・韓国・中国)では、待遇や雇用条件を巡って、トラブルも多発しています。


日本企業は対処に困りながらも理解を示しますが、韓国・中国企業は抑え込みにかかるようです。


ですので、少し前の中国企業に対する暴動も、中国のベトナム侵攻がきっかけですが、そんなストレスが爆発したのも要因ではないでしょうか。


メーデーは、まさに労働者のための祝日ですね。     


日本で祝日になっていないのは、労働者に対する理解の差なのでしょうか。 



9月2日 独立記念日(国慶筋)



1945年9月2日に正式にベトナム民主共和国の独立宣言がなされたことを記念する祝日です。


ベトナムは19世紀にフランスによって侵略され、フランス領インドシナとして植民地とされました。


第2次世界大戦が起こると、日本がフランスから支配権を奪取して、ベトナム帝国を樹立しました。 


その頃、ホー・チ・ミがは独立運動の為にベトミンを創立し、ベトナム共産党の会議を開いて、独立宣言の草案を練り始めました。


そして、日本がポツダム宣言による降伏文書に調印した同日、正式にベトナム民主共和国の独立宣言が発表さ れました。


日本も、一時はベトナムを支配していたのですね。




 ◆ベトナムの記念日



2月3日 共産党設立記念日



ベトナム共産党の創立を記念してできた記念日です。



3月19日 抗米戦記念日



1950年の3月19日、アメリカの空母1隻と駆逐艦2隻がサイゴンに入港した際、これにベトミンが砲撃したのを記念してつくられた記念日です。


ベトミン、正式名称ベトナム独立同盟会は、1941年5月19日に正式に結成され、フランス植民地からの独立を求め第一次インドシナ戦争を戦ったベトナムの独立運動組織です。



5月7日 ディエンビエンフーの対仏戦勝記念日



ディエンビエンフーの戦いはフランスとの第一次インドシナ戦争中、1954年に勃発した最大の戦闘です。


インドシナからのフランスの全面撤退へと繋がる重要な戦いでした。


この日は、全国で記念式典が行われます。



5月19日 ホー・チ・ミン生誕日



ベトナム民主共和国の建国に最大の寄与をし、国家元首となったホー・チ・ミン(1890年~1969年)の生誕を祝う日です。



photo to thaths



7月27日 戦死者追悼の日



国家に貢献した英雄烈士、傷病兵を敬う日です。



8月19日 八月革命勝利記念日



1945年8月17日にベトミンが蜂起して、ベトナム帝国(阮朝)を倒した8月革命をの勝利を祝う記念日です。



10月20日 ベトナム女性の日



ベトナム女性組合(初めて女性の権利の為に設立された組合)が1930年に発足した記念日です。  


ベトナムでは、働く女性がとっても多いのです。



11月20日 先生の日  



 ベトナムではこの日、学生が先生に対して日頃の感謝の意を表してお花を贈ったり、お祝の催しが開かれたりします。


 この日は、学校の周りにたくさんの花束を売る人が店を出して、すごい盛況なんですよ。


驚くことに花の値段がこの日は何倍にも値上がります。



12月25日 クリスマス



クリスマス期間中はベトナム各地でクリスマスツリーが飾られ、クリスマスカードを送る習慣もあります。    


クリスマス前から、街のあちこちでツリーが置かれたり、各建物にデコレーションが施されます。


オーストラリアのように、南国ではサンタクロースはサーフィンに乗ってくるというようなことではなく、やはり、雪の中をそりに乗ってくる設定のようです。   


ですので、デコレーションも雪に関わるものばかりなのですが、実際にホーチミンのような南部では雪が降る訳でもなく、イブもクリスマスも夏気候で違和感でいっぱいです(笑)。


汗かきかき雪の飾り物を見て・・・でも、そのギャップが面白いのですけどね。


 


※記念日に関しましては、たくさんある故に主な物を抜粋して紹介させていただきました。  


旧暦を採用している記念日の場合、年によって日にちが変わります。   

2014年10月31日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop