現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月31日更新

ホーチミンの天気と服装について

12863 views

ベトナムは南北に細長い国です。


北部のハノイ方面では、四季もあり、日本に近い気候のようです。


しかし、南部に位置するホーチミンでは、1年中夏のまま。


同じ国でも、随分と変わるものですよね。


そして、ホーチミンで安心なのが台風です。


北部にたまに来襲する破壊的な台風、ホーチミンには来ません。


でも、雨季においては、毎日のスコールが台風みたいなものなんですが(笑)。



◆気候



ホーチミンの気候は1年中夏で、赤道近くの低緯度にあり熱帯モンスーン気候に属しています。


日本のような四季はなく、雨季と乾季の2つに分かれています。


平均気温は年間を通して26度から34度とあまり大きな変化はありません。


しかし、季節の変わり目の時期になると、例外なこともあります。


雨季から乾季への変わり目には、早朝の最低気温が20度を下回るような日もあり、肌寒くなります。


また、乾季から雨季への変わり目には、最高気温が38度にまだ上がる日もあります。


朝晩涼しくても、日中はかなり温度が上がるので、温度差についていけなくて体調を崩してしまうこともあります。


ベトナム生活では、充分な睡眠と充分な水分補給が欠かせません。



11月~4月:乾季



雨はほとんど降りません。


気温が上がっても過ごしやすいのがこの時期です。


ホーチミンにおいては、この時期が観光シーズンです。


この事を考えると、訪れるのに最適な時期は気温・降水量と湿度が低い乾期の12月~3月頃でしょうか。


特に11月から2月は比較的涼しい・・・といってもホーチミン、暑いのは暑いのですが。



5月~10月:雨季




photo by sy_colon


毎日のようにスコール、台風のような激しい雨が降ります。


でも、長時間にかけて降り続くことはほとんどありません。


雨の後は気温は下がりますが、湿気のため気温が下がっても蒸し暑いです。


観光には不向きかもしれませんが、突如として降ってくるスコール、雷鳴が轟き突風が吹き荒れる、こんな経験も楽しい思い出になるかもしれませんね。


筆者も、お出かけの時は困りますが、このスコールを見ているのが大好きなんですよ。


近年、ベトナムも異常気象の関係か、少し雨季がずれ込んでいるような感じがしています。



◆服装



1年を通して、日本の真夏の格好でOKです。


男性女性共、市内観光ならショートパンツにTシャツが楽でいいですよね。


ただ冷房がきつい店も多くあり、また朝晩は少し涼しい日もあるので薄手の上着があるといいでしょう。


一つ気を付かなければいけないのは、ベトナムはインフラ整備がまだまだ遅れていて、道路もガタガタです。


女性は、ヒール靴を履かない方がいいと思います。


すぐに靴がダメになってしまいますよ。


一番いいのは、ビーチサンダルのようなぞうりです。


ローカルの市場に出向いて、ぞうりを買ってみてはどうですか? とっても、やすいですよ。



photo by Robert S. Donovan




◆風物詩



乾季・雨季を通して暑いのですが、意外に陰に入ると涼しいんです。


冷房の利いたカフェもいいですが、オープンカフェで自然の風で涼むのは更に気持ちいいです。


のんびりベトナムのカフェ・ス・ダー(ベトナム風アイスミルクコーヒー)でも飲みながら、ボーと周りの景色を見ながら時を過ごすのも、ホーチミンでの楽しみ方の一つでね。


 


 photo by sy_colon


道路はバイクで溢れかえる、ベトナムに来られろ予定の皆さんは、よくご存じだと思います。


でも、実際に見られましたら、本当にびっくりしますよ。


そのバイク、一瞬で道から姿が消えることがあります。


そう雨が降り出した時、バイクに乗ってる皆さん、打ち合わせでもしたように一斉に道路脇に避難して、色とりどりのカッパやポンチョを着用開始。


そしてまた、一斉に雨の中を走りだす。


その光景、なんだか滑稽でとても楽しいんです。


 

2014年10月31日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop