現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月31日更新

ベトナムの通貨について(レート、為替、両替方法)

318 views

ベトナムの公式通貨はVND(ベトナム・ドン)です。


日本を出るときにベトナム・ドンとの両替はすることができません。


まだまだ弱い通貨なので、しょうがありませんね。


ですので、以前に来られてベトナム・ドンをお持ちの方以外、空港に到着した時は両替を忘れないようにしましょう。


ただ、空港での両替はレートが高いので、飲料代と市内までの交通費ぐらいだけにしておきましょう。


だいたい、2~3千円くらいもあれば充分だと思います。


 



◆両替



観光旅行の場合、空港からまずホテルに直行する方が多いと思います。


荷物を置いてから、市内観光や食事や買い物ですね。


その際に必要な金額の両替をしましょう。


市内の両替所(EXCHANGE)で簡単に両替ができます。



photo by sy_colon


レートはその時々によって細かく変わりますが、平均すると空港以外の両替所なら、どこでもほとんど同じです。


それよりも日本円やドルとベトナムドンの為替レートが毎日の変動していますので、そちらの方が大きな差となってきます。


両替前にその日の為替レートの確認をしておくことを勧めします。


両替の時の注意としては、両替前に必ずいくらになるかを確認します。


そして、受け取った紙幣は必ずその場で数えてから、両替所を出ましょう。


日本円(USドル)からベトナムドンに両替した場合、単位が大きいのでとんでもなくたくさんの紙幣がでてきます。


慣れない紙幣でもあり大変ですが、面倒と思わずに、落ち着いて数えましょう。


後で、しまったということがないためにも、とても大事なことです。


そして、その際に、あまりに汚れている紙幣や破れている紙幣があれば、使用できないこともあるので、取り替えてもらってください。


これも大事なことです。


以上の点を注意して、ベトナムドンを受け取ったら、お楽しみタイムですね。


 ただ、ベトナムの大都市では日本円から両替が可能ですが、地方都市では日本円は両替できないところが多いです。


その場合、USドルなら大丈夫ですので、地方都市に行く際には、充分なベトナムドンかUSドルを持っていると安心です。



◆USドルは使用できるの?



ベトナムでは、現地通貨のドンとともにUSドルの通用度がかなり高くなっており、USドルで支払いができるところもたくさんあります。


ホテルの宿泊費や旅行会社、大きなレストランではUSドルでの支払いができますし、空港やレストランなどの観光客向けの施設のほとんどの場所でも大丈夫です。



photo by sy_colon


 しかし、USドルからベトナムドンの換算はアバウトで、おつりが返ってこなかったり割高になることが多いようですのでご注意ください。


また、ダウンタウン等ではベトナムドンしかダメなところがほとんどとなります。


日本でUSドルのみを両替して持っていくと、日本円→USドルとUSドル→ベトナムドンの2度の両替手数料がかかってしまうので、日本円とUSドルを持っていく際には、場所場所でお金を上手に使い分けましょう。




◆ベトナムの通貨



現在流通している紙幣は、100VND、200VND、500VND、1,000VND、2,000VND、5,000VND、10,000VND、50,000VND、100,000VND、200,000VND、500,000VND の11種類です。


旅行中、最もよく使用する紙幣が、50,000VNDと100,000VNDでしょう。



photo by Karl Baron


その中で、100VNDはほとんど見ることができません。


北部地域(ハノイ方面)でたまに見ることがあるようですが、南部地域(ホーチミン方面)ではまず流通していません。


硬貨におきましては、200VND、500VND、1,000VND、2,000VND、5,000VNDの5種類です。


ただ、これらの硬貨もあまりお目にかかることがありません。


自動販売機の姿も、ほとんど見られませんし、利用する機会もないでしょう。


 

2014年10月31日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop