現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月31日更新

歴史香るオリエンタルな街、ホイアンの魅力をご紹介

138 views

ホイアンは、15~19世紀の東南アジアの貿易港の面影がしっかりと残された貴重な場所です。


1999年に「ホイアンの古い町並み」としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。


毎月旧暦の14日には、伝統的な提灯のお祭りも行われます。


観光スポットとしては、来遠橋 (日本橋)、クアン コン寺などがあります。


ホイアンの歴史はチャンパ王国時代からはじまり、その後、貿易港として栄えました。


17世紀からはじまった貿易により、日本と中国とも親交を深め、三ヶ国の建築様式が混じり合った建物が今でも数多く残っています。


世界遺産に登録されたのも、その歴史的価値が認められたためです。



◆ホイアンの古い町並み



歴史的建造物が建ち並び、趣きのある家々が軒を連ねています。


世界遺産に登録されているのはホイアンの目抜き通りとなるチャンフー通りとバクダン通りと、その一帯です。


歩いているだけでも楽しめる町並みは情緒豊かで風流があります。



チャンフー通り



チャンフー通りはホイアンの目抜き通りとなる長い通り道です。


数百年経た今でも、現状保存されている歴史深い建築物が建ち並んでいます。


日本と中国、ベトナムの建築様式が混じった民家や、華僑の集会所となる寺院は観光スポットの目玉として多くの人々が見物に訪れます。


その中でも、ホイアンを代表する建築物である日本橋があるのもここチャンフー通りの端です。


日本橋(来遠橋)は中国風の屋根付橋ですが、1593年に日本人が建設したと伝えられています。


2万ドン札の裏側にも印刷されている橋です。


ホイアンを象徴する観光名所として1日中大勢の観光客で賑わっている橋です。



photo by Jean-Pierre Dalbéra



グエンティミンカイ通り



チャンフー通りから日本橋を渡ると一本の道が見えてきます。


グエンティミンカイ通りはスカーフやストール、絵画、刺繍、その他お土産屋さんが並んでいます。


特にスカーフやストールは他の通りで買うよりも若干安いので、女性には必見です。



グエンタイホック通り



グエンタイホック通りはチャンフー通りとバクダン通りに挟まれた通りです。


お土産屋さんやオープンカフェが並び、ここでは人通りも少なく穏やかな時間を過ごすことができます。


歩き疲れたら、ちょっと休憩にはもってこいのエリアですね。


また、200年の歴史を持つ進記家やホイアン民俗博物館、そして毎夜開催されるホイアンシアターなどもこの通りにあります。



バクダン通り



バクダン通りは川沿いに位置している道です。


お洒落なレストランやカフェが並び、夜の帳がおりるころになると、川沿いを中心に屋台が建ち並びます。


また、川では灯篭流しを体験することができ、ホイアンの名物となっています。


ホイアン最大級の市場、ホイアン市場もこの通りに面しています。



◆名物料理



ホイアンには三大名物と呼ばれる料理があります。



カオラウ



麺料理の一つで、ベトナムの麺には珍しくしっかりコシがあります。


具は主には豚肉、もやし、香草類で、スープは少なめなので、麺とよく絡めてから食べます。


お好みでヌックトゥやライムをかけても美味しく召し上がれます。



ホワイトローズ



お洒落な名前ですよね~、ヨーロピアンチックな食べ物を連想します。


でも、ワンタン風の米粉の生地の上に、海老のすり身に揚ニンニクが添えて食べる料理でした。



揚げワンタン




photo by *miho*


これは、そのままですね。


揚げたワンタンの皮に豚と海老のすり身のあんを乗せて食べます。


夜のバクダン通りの屋台では定番の料理です。


 


この三大名物料理はホイアン以外ではなかなか食べられませんので、是非全てチャレンジしてください。


その他にもミークアン(麺料理)、コムガー(焼き飯&鶏もも肉)も名物としてホイアンのあちこちで見ることができます。


これも、チャレンジの価値、大いにありですね。




◆幽玄な夜会



旧暦の14日、世界遺産都市ホイアンでは毎月、町中の家々が電気を消し、提灯の明かりだけが町を照らす夜祭が開かれます。


色とりどりの提灯が、いたるところに飾られ、とても美しいです。



photo by felixtriller.de


月明かりの下、古い町並を歩く事で、遠い昔にタイムスリップした気分になります。


ランタンフェスティバル日は、街には、ランタンを売るお店が増え、日本の盆踊りに似た音が流れてきます。


バクダン通りの船着き場では、川に精霊流しのように器に入れた蝋燭を流し、それが水面に映えてとても奇麗です。


ただ、お天気が気になるところではあるのですが・・・雨天では中止になります。


ホイアン観光は、この日に合わせ日程が組めればベストですね。


 


昔の街並みにタイムスリップ、提灯の淡い光に浸り、時間の流れも当時風、のんびりゆっくりと過ごしてください。


そして、三大名物料理で舌鼓、こんなホイアンの滞在はいかがでしょうか?

2014年10月31日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop