現在17272個の困ったを解決できます!

2014月10月31日更新

地元の人に選ばれる本当に美味しいベトナム料理3選

296 views

ベトナムでの食事、日本人観光客の皆さんにはなかなか好評のようです。


でも、観光や商用で来られた皆さんが利用するレストランと、ベトナム庶民(富裕層は別です)が利用するレストラン・・・いや食堂、同じメニューでも、なんだか味も変わっているような気がします。


良い(高級?)レストランでは、外国人や外資系の会社の皆さんの利用が多いためか、味もすごく上品ですね。


高級な感じが、味にも盛りつけにも感じられます。


しかし、日本からの来客の際、接待でよく有名ベトナム料理店に行ったのですが、私にはどの料理も物足りない感じでした。


そうですね、同じチャーハンでも、高級中華料理店と場末の中華屋との差でしょうか。


でも、筆者はホーチミンのローカル地域住みなので、食は場末の中華屋派です。


ですので、ベトナムローカルでよく食べられているメニューを3つばかりピックアップして紹介します。



◆コム・ガー(全国共通)




photo by noreylee


コム=焼き飯、ガー=鶏です。


焼き飯の上に、鶏もも肉を素揚げしたものが乗っていて、脇に野菜が添えられます。


ベトナムのライスは油に相性がよく、焼き飯にするととっても美味しいんです。


そして、豪快にもも肉が丸々1本。


ベトナムの食事は、おかず2~3品に白ご飯、そしてスープといった感じなのですが、コム・ガーはこれ1皿でお腹一杯になります。


もちろん、焼き飯だけのメニューもあります。


これは、コム・チンといいます。


朝、市場の入り口あたりでも、よく売っています。


そこでも食べられるし、持ち帰り用でも買えます。


出勤前の皆さんが買っていく風景もよく見られます。


朝ごはんは麺類が主流ですが、コム・チンも朝の活力の源になっているようです。


もちろんランチでもディナーでもよく食べられます。


ベトナム庶民のメインフードですね。



◆バンセオ(南部料理)



 


photo by Charles Haynes


ガイドブックでは、ベトナム風お好み焼きと書いてありますが、見た目だけで、内容は全然違います。


片栗で作った薄いクレープ状の生地に、豚肉とたくさんの野菜が挟んであります。


それを一口大に切って、いろんな葉野菜と一緒に更に野菜の葉で挟み、ニュクマム風のタレに付けて食べます。


ベトナムに来た当初は、少し高級っぽいレストランで食べたのですが、こんなものなのって感じでした。


その時は、野菜で巻いたりもしなかったですね。


お上品にいただきました。(笑)


でも後日、ローカルに深く深く入り込んだ狭い路地で営業していた食堂に遭遇。


というか、路地に3セットのイスとテーブルが置いてあるだけ。


そこのバンセオが、絶品でびっくりしたんです。


山ほどの紫蘇やミントと一緒に食べるんです。


もう、手が汚れるのも気にせず、手づかみでムシャムシャでした。


これを食べてから、バンセオを語れって感じですね。




◆山羊鍋(南部料理)



ホーチミンで、ベトナムの皆さんから活力を分けてもらおうと思えば、山羊鍋を食べに行きましょう。


筆者は空いている早めの時間に行くのですが、食事以外に賑やかさと元気さも一緒にというなら、少し時間を遅らせ行くといいでしょう。


筆者がよく行く食堂は、ホーチミン中心地から少しだけ南側に行った路上。


夕方になると、交差点の4方向共、イスとテーブルで埋まります。


この状況、ホーチミンでは、ごく当然の現象なんですよ。


山羊鍋を注文すると、まず山羊のおっぱいのバーベキューから始まります。



photo by sy_colon


そして、たくさんの具材の皿がテーブル狭しと並び、山羊肉の鍋に変わります。


暑い中、汗をかきかきバーベキューに鍋料理、ベトナムビールも進みますね。


鍋の具は、野菜に麺にライスペーパーを揚げたような物等等、テーブルの上に積み上がります。


肝心の山羊の肉がないよ、いえいえ、お肉は最初からスープと一緒に鍋の中です。


でも、いくらなんでも、そんなに食べられない~。


大丈夫、お勘定は食べた分だけですので。


えっ、じゃあ・・・そうです、残った皿の具材は、次のお客さまに回るんです。


完全に食材の使いまわしですね。(笑)


でも、それが当たり前なんですよ。


食材は食べて始末する、エコですね。


そんな、それはちょっと嫌だなぁ・・・日本人は多いかもしれません。


ただ、衛生的とか言っていると、東南アジアでは本当に美味しいものは食べられないかも。


だから、外国人向け、ローカルの庶民向けとレストラン(食堂?)の分離に繋がってるのでしょうか。


値段だけでもなさそうですね。


 


ベトナム人は鍋が大好きです。


山羊鍋だけでなく、お魚、お肉の鍋がたくさんあります。


暑い中、熱い鍋料理を、みんなでおしゃべりしながらフウフウ言って食べ尽くす。


これが、毎日健康で活力いっぱい、ベトナムの皆さんの秘密なのかもしれませんね。

2014年10月31日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop