現在17271個の困ったを解決できます!

2016月4月22日更新

イタリア旅行経験者が語る!日本とイタリアの文化の違いとは?

20168 views

イタリアと日本の文化の違いについて教えてください(大学2年生・女性)


日本ではあたりまえの習慣でも、いざイタリアへ 降り立つとそれとはまったく違った習慣があったりします。


今回は旅行前に知っておきたい、日本とイタリアの文化の違いを紹介していきます。





n e o g e j o





ジェスチャー



イタリア人は身振り手振りでよくしゃべる、たくさん表現をする、とにかくジェスチャーが大好き


電話をしながら歩いている人や、おしゃべりしている人達など、ハツラツとジェスチャーを使って


感情表現をしている姿は、ついつい見入ってしまうことも。


日本では言葉や所作への慎ましさの美学という感覚もありますが、いざイタリアへ行った際には、


思いきって思ったことをはっきりと相手に伝えることがとても大切なのです。





あいさつ



「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「ありがとう」「またね」等、基本的なあいさつは


忘れないようにしましょう。


特にお店に入る際など、日本では何も言わずまたは会釈してふらっと入って商品を見るのが一般的ですが、


イタリアではコミュニケーションがとても大切にされています


Buon giorno(ボンジョールノ)/ Ciao(チャオ):こんにちは / やあ」から始まって、


立ち去るときは「Grazie(グラーツィエ):ありがとうね」と添えてみるといいでしょう。





手荷物



お財布や携帯、パスポートなどの貴重品は、肌身離さずくらいの気持ちでしっかり管理しましょう。


日本ではカフェでちょっと席を離れる時に、かばんをそのまま置いていても大丈夫なことが多いですが、


特にイタリアの街中では、スリ・置き引きなどが起きたりもします。


楽しい旅をおくるためにも、荷物の管理・チェックはしっかりとしておきましょう。





コーヒー




日本で「コーヒー」といえばアメリカンコーヒーのようなタイプを想像しますが、


イタリアではエスプレッソが主流。そしてとにかく安いのです。大体1ユーロくらいから販売しています。


イタリア人は昔からこのエスプレッソコーヒーが大好きで、生活になくてはならないものとなっています。


Bar(バール)/ Caffetteria(カフェッテリア):喫茶店、レストラン等でも気軽に注文することができます。


知り合いに会えば「カフェ飲みに行こうよ!」といって気軽にさくっとBarに立ち寄るのが、


イタリアスタイルのようです。





朝食



日本の代表的和朝食といえば、ごはんとお味噌汁


その他にも漬け物や焼き魚など、しっかりと朝から食べるイメージがありますよね。


イタリアの朝食は、ブリオッシュ(菓子パン)とコーヒー。朝はカプチーノを飲む人が多いようです。


朝はさっくり軽く昼夜にしっかり、という食文化のようで、街中で朝からサラダやスープなどを求めると、


「朝からよく食べるわね!」なんて言われるかも・・!?





パスタ



食事でスパゲッティタイプのパスタがでてきた時、日本ではスプーンも一緒に使って食べる方が多いかと思います。


しかしイタリアでは普通、スプーンなしのフォークのみを使ってスパゲッティを巻くのがあたりまえのようです。


そして、日本の麺類は音をたてて食べるのが流儀としてありますが、イタリアではNGですので気をつけましょう。


その他、シェアをしたい場合はオーダーの際に店員さんに伝えておきましょう。


1人ずつ食べたいものをそれぞれ注文して食べるという習慣があるので、特にあらたまったレストランなどでは


相手のお皿に手を伸ばすのは少しびっくりされるかも?


気を張らず意思要望を伝えるのが大切です。気を利かせて最初から2〜3種類のオーダーを1人ずつにわけて


運んでてきてくれる方もたまにいらっしゃいます。





スーパー・コンビニ



イタリアにはコンビニがありません。スーパーは土日開いているところもあれば閉まっている所もあります。


イタリア人の多くは、夜や休日・昼食など家族や友達と過ごしたり自分のための時間として大切にしています。


なので、必要なものがある際は、閉店する前に買い足しておきましょう。





バス




イタリアでバスを使う場合は、事前に近くの「Tabacchi(タバッキ:タバコ屋)」や駅窓口などで


チケットを購入しておきましょう。運転手さんはいちいち誰が乗ったか確認しないので、乗車後自分で


設置されている機械ににチケットを通して刻印しなければなりません。チケットを買い忘れてしまった際は、


運転手さんに言えば少し割高になりますが販売してくれます。






タバコ



日本では分煙などが進み、室内でも喫煙が可能スペースが設置されていたりしますが、


イタリアでは室内禁煙という規則があります。喫煙は外で行いましょう。







いかがでしたでしょうか。


いろいろな違ったところや似ているところ、いいところやよくないところも含めて、

発見・気づきがあると、旅がもっと楽しくなりますよね。

日本の素敵なところ・イタリアの魅力的なところ・・・旅行中にもきっとそれぞれの発見があるはずです。

2016年4月22日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop