現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月5日更新

想いを伝えてみよう!簡単なイタリア語表現

2150 views

イタリア人は、気持ちをはっきり言葉に表します。


嬉しい時、悲しい時、感動した時、おいしかった時、怒った時・・・たくさんの形容詞を使います。


イタリア語の長いフレーズは覚えにくそうだし難しそうだと思っている方も、


短い簡単なフレーズで気持ちを伝えることができたら、きっと楽しいと思いませんか?


そんなすぐに使えそうな表現をいくつか覚えて、実際に使ってみましょう。


 


 



Dave Kellam


 


 



★まずはじめに



 


(基本的な一部文法をご紹介しておきます)


なんて〜なんだ!」というイタリア語の感嘆表現は、「Che (ケ) + 〜(形容詞) ! 」を使います。


同じ意味で「Come (コメ) + 動詞essere(〜です) + 〜(形容詞) ! 」というのもよく使われますが、


動詞の変化によって、"なんて私は〜なんだ ! "  、"なんてあなたたちは〜なんだ!"


というような表現をすることができます。


 






 


※動詞essere(エッセレ)の活用表


 


・私 : sono (ソノ)


・あなた : sei (セイ)


・彼/彼女/あなた(目上) : è (エ)


・私たち : siamo (シアーモ)


・あなたたち : siete (シエーテ)


・彼たち/彼女たち : sono (ソノ)


 






 


 


これをベースに表現していきましょう。


 


 



Buono (ブォーノ)



おいしい


おいしいものを食べた瞬間思わず、" Che Buono ! " 。


 



Bello (ベッロ)



きれい


美しい景色、芸術にふれた時、ついつい口からあふれてくる言葉、" Che bello ! "。


 



Carino (カリーノ)



かわいい


可愛い雑貨やお菓子を街中でみつけた時のひとこと、" Che Carino ! "。


 



Felice (フェリーチェ)



うれしい」「しあわせな


なにかうれしいことがあった時は口にだして伝えてみましょう、


" Sono felice ! (うれしいです ! ) "


" Come sono felice ! (なんて私ったらしあわせなのかしら! ) "


 



Fantastico (ファンタスティコ)



素晴しい」「夢のような


絶景を目の前に思わず、はたまた素敵な相手に向かって・・・


" Fantastico !  (素晴しい!) "


"Sei fantastico ! " (あなたって素敵!)


 



Perfetto (ペルフェット)



完全な」「完璧な」「申し分のない


お店でお買い物中、店員さんが持ってきて見せてくれた商品を見て・・・" Perfetto ! "


 


 






 上記の表現、形容詞は基本的に、名詞が男性/女性、単数/複数によって語尾が変化します。


(単)/  → o / a   (複)/ i / e


feliceのように、eでおわるものは男女関係なく単数か複数かだけ考えればOKです。


例:女の子に向かって、" Carina "


  複数の女性を指して、" Sono belle (彼女たち美人だね) "


  男女どちらもいて、男性を1人でも含む場合、"Siete fantastici (あなたたちって素敵)"






 


         



★その他、使ってみたい簡単フレーズはこちら★



Va bene (ヴァ・ベーネ)



OK」「了解


とってもよく使われるフレーズです。" Bene " のみでもオッケー!


 



Mi piace / Mi piacciono (ミ・ピアーチェ/ミ・ピアッチョノ)



私は〜が好き」「私は〜が気に入ってる


直訳 " 〜は私に好かれている " → " 私は〜が好き "となるので、主語と目的語の感覚は逆になりますが、


あまり細かく考えすぎずとにかく" Mi piace ! "が言えたらOK!


ちなみに piaceは単数、piaccionoは複数 をいいたい時に使います。


 



Volentieri (ヴォレンティエーリ)



ハイ、喜んで!


 



Ho fame (オ・ファーメ)



お腹がすいた


 



Per favore (ペル・ファヴォーレ)



お願いします


 




Allora (アッローラ)



えっと」「それでは


これはイタリア滞在中に確実に耳にする言葉の1つでしょう。


自分でもぜひ使ってみましょう!


 


 


 


 


 


いかがでしたでしょうか。


文章にしなくても、あいさつや単語ひとつでもお互いにわかりあえたら、きっともっと楽しい旅になるはず!


ぜひ現地に行った際などは、積極的に話しかけてみましょう。

2014年11月5日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop