現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月9日更新

バリで空港を使うときに注意したい3つのポイント

87 views

バリの空港はングラ・ライ国際空港が正式名称で、


通称デンパサール国際空港と呼ばれています。


 


バリ島へ行くなら絶対に利用する空港で注意したいポイントがあります。


 


是非、頭に入れておいて下さい。


 



1.観光ビザを取得する




 dcgreer


 


インドネシアで日本人が観光の為に入国する場合、観光ビザが必要です。


観光ビザを取得すると最大30日間の滞在が許可されます。


 


観光ビザを取得するにはバリの空港に着いて飛行機を降りた後、出口に向かう途中にある


観光ビザ用カウンターで手続きを行います。


このカウンターでUS$35を支払うと観光ビザを取得出来ます。


 



ここが注意!



日本円やクレジットカードも使えますが、レートが悪くなったり、時間がかかります。


出来れば日本でUSドルに換金して持って行くとスムーズです。


 


また、USドルでも汚れているお札や破れているお札、発行年月日の古いお札は受け取って


もらえませんので、やはり日本で綺麗なUSドル札を用意していくのが賢明です。


 


支払いが済むとレシートがもらえます。


レシートは入国審査で必要なので買い物レシートのように捨てないように注意して下さい。


 


ガルーダインドネシア航空の一部では機内でビザの発行手続きを行える便があります。


 


 



2.入国審査、出国手続き




 Michael Verhoef


 


観光ビザの取得が出来たら入国審査のカウンターに移動します。


パスポート、入出国カード、観光ビザ支払い済のレシートが必要になります。


入出国カードは機内でもらえるので機内で記入しておきます。


この時、ビザのスタンプを押されたパスポートと入出国カードの半券、観光ビザのレシートを返してくれます。


 



ここが注意!



入出国カードの半券は出国するとき必要です。


なくさないようにパスポートなど分かりやすいところにしまっておきましょう。


もし無くした場合、入出国カードをもう一度書き直しが必要になりますし、


カウンターの人に嫌な顔をされますのでご注意を。


 


また、出国の際に税を徴収されます。Rp200,000です。


日本円やUSドルでは受け取ってもらえない事が多いので必ずルピアを


残しておくようにしましょう。


 


 




3.空港内のポーターサービスに注意




 Nicole Hanusek


 


バリの空港に着いて預けた荷物をターンテーブルで待ちます。


自分の荷物を取り出して出口に向かう途中、ポーターが軽く声を掛けてきて


勝手に荷物を持とうとしたりもします。


 



ココが注意!



空港職員などは荷物を運んだりしてくれませんので、


荷物を運びたがる人は金目当てで近づいてくるのです。


しかも運ぶ距離はほんの少し。法外なチップを要求されます。


お金を払わないとしつこく払え払えと言ってきます。


 


ポーターサービスを受けた際、1個の荷物につきRp5000くらいが妥当ですので


もしサービスを受けた場合、このくらいの金額を支払えば大丈夫です。


 


出来れば自分の荷物は自分で運ぶようにしましょう。


最近ではこのような人を取り締まっていて少なくはなって来ていますが、


それでも声を掛けてくる人がいたら無視するか、No Thank youと言って断って下さい。


 


 


 


空港なら安心、という気持ちがトラブルを起こしかねませんので、家に着くまで


気を引き締めて、旅を楽しんで下さいね。


 

2014年11月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop