現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月28日更新

カラフルで美しすぎるオーストラリアの鳥8選

2444 views

オーストラリアは、固有種(その土地にしか生息しない生き物)が豊富で、世界のどこにも見られない珍しい動物がたくさん!カンガルーやコアラはもちろん、鳥類にも珍しくて興味深い種類がたくさん暮らしています。


今回は見た目にも美しい、カラフルな体を持つ鳥たちをまとめてみました!



ガラー(モモイロインコ)




David Jenkins


 


日本でペットとしても知られているモモイロインコは英名でガラーと言います。和名の通り体は美しいピンク色。オーストラリアの固有種です。羽の上部だけ薄い灰色をしています。オーストラリアの乾いた大地の上をこんな美しいピンクの鳥が飛んでいる姿は壮観。


ペットだと一匹で飼われていることが多いですが、野生では社会性が高く集団で生活しています。



テンジクバタン




darkwingchicken


 


こちらもオウムの一種、体は白く、目の周りの赤いラインが綺麗なテンジクバタンです。モモイロインコは体全体に色が出ていますが、オウム目の多くの鳥は顔や目の周りに一部赤色など鮮やかな色があらわれます。


白と赤、そして水色のコントラストがとっても綺麗。 



ゴシキセイガイインコ



 


Peter Mackey


 


カラフルさで言えば誰にも負けない!頭は青色、嘴と胸の上部分はオレンジ、羽は緑、全て原色です。


オーストラリアの強い日射しにも全くひけをとりません。これでこそ南国の鳥、という感じがしますね。 



セイケイ




PARSHOTAM LAL TANDON


 


湿潤な環境を好み、湖などの水辺で見られます。立ち姿が気品があります。ツル目の鳥とのことで納得。


オーストラリア以外、ヨーロッパにも亜種が存在し、古代ローマでは高貴な鳥として扱われました。日本の鶴とは趣が全く違いますね。



ハチクイ




Rainbow Bee-eater


 


オーストラリアで1年中見られます。緑を基調とした色合い。


「世界一美しい鳥」「空を飛ぶ妖精」との異名を持つほど、その美しさで有名な鳥です。飛び姿の格好良さが世界中のバードウォッチャーから人気の秘密。



クルマサカオウム




Richard Fisher


 


オウムの仲間でもかなり大型、トサカがとても立派な鳥です。羽は淡いピンク色をしています。


実はオウムの仲間で言葉をきちんと覚えられる種は少ないですが、クルマサカオウムはとても上手く人間の言葉を真似します。ピンク色の羽を見ると心が和みます。



ヒクイドリ



 


Alexandre Roux


 


体毛は濃いブルー、威風堂々とした迫力ある鳥、ヒクイドリはダチョウの仲間。体長は大きいもので190センチ、体重は70キロを超える個体もあるという、巨大な鳥です。ちなみに体重で言うと世界で2番目に重い鳥だそうです。(一番重いのはダチョウ)


オーストラリアの熱帯雨林に住んでいます。このカラフルな色合いでこの大きさ、美しいです。




 セキセイインコ




Danny Barron


 


最後は日本でも知名度の高いセキセイインコ。野生ではオーストラリアの乾燥地帯にいます。個体によって色が黄色、緑、水色と様々。


日本ではペットで飼われているセキセイインコを見ることが多いですが、オーストラリアの自然の中を仲間と一緒に飛んでいるセキセイインコはちょっと印象が違います。


 


自然の世界は人間が想像する以上にカラフルな色で溢れています。カラフルな鳥の姿を見ているだけで楽しくなりますね!オーストラリアに行った際は是非色々な鳥を見つけてみてください。

2014年11月28日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop