現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月9日更新

軽犯罪に注意!カナダの治安について知っておきたいこと

75 views

海外旅行中は、現地の治安について十分注意しておきたいもの。


とはいえ、常に怯えてドキドキしていたら、せっかくの旅行も楽しめませんね。


安全な滞在のために、主にどんなことに気をつけるべきか、基本的なカナダの治安についてお話しします。



CDP Photography Canada


 



お出かけ前に情報収集を



カナダは数ある海外諸国の中でも、治安はかなり良い方です。


でも、地域や時間帯によってはやはり注意が必要。


人が多く集まる都市部では、必然的に事件や犯罪の確率も上がります。


また低所得者が住む地域は、一般的にあまり治安が良くないので、一人歩きはせず、暗くなったら行かないようにしましょう。


今日どんなところに行くのか、出かける前に軽く下調べをするのがおすすめです。


 


知らない街を歩くときは、周りの雰囲気を気にしてみてください。


 ・通りの景観が変わった(壁の落書きが増えた、窓に鉄柵のついたお店が出てきたなど)


 ・通行人の様子が変わった(人通りが少なくなった、汚れた服の人が増えた、ガラの悪そうな若者が増えたなど)


といった変化が見られたら、先へ進むのはやめ、引き返すのが得策です。


また、電車やバスの車内も、夜間は特に注意しましょう。



yaokcool


 




盗難、特に気をつけたいのは?



よくある被害は、置き引き車上荒らし


財布などの貴重品はテーブルに置いたりせず、できるだけかばんやポケットの中に。


身の回りのものは、常に手の届くところに置いておきましょう。


カフェやレストランなどで、ほんの少し席を離れるときも、かばんを席に置きっぱなしにしてはいけません。


 


またカナダでは、車の中にたとえ1セントでも落ちていたら、泥棒はその1セントのために窓ガラスを割って侵入します。


1セントが貴重というより、押し入ること自体にあまり抵抗がありません。


車内の目につく所に、金目のものは一切残さないのが、カナダでの治安の共通認識。


レンタカーを利用する場合は、上着やCD、外せるカーナビなども、トランクやダッシュボードにしまって車を離れましょう。



GabeB


 



意外にひっかかる?詐欺



特に都市部で気をつけたいのが、詐欺の被害。


例えば、いい人そうな若者が、とても困った様子で声をかけてきます。


「車のキーをインロックしてしまい、財布も車の中、知り合いはみんな仕事中。


必ず返すので、家に帰るための20ドルを貸してもらえませんか。」


といった具合。


残念ながら、観光客土地勘や治安情報をあまり持たないので狙われやすい面が。


特に日本人は親切なので、言葉がいまいち通じなくても、困っているようだからと仏心でお金を渡してしまいがちです。


相手の連絡先は100%ウソ、自分の連絡先を教えたら、悪用される可能性も。


「大変だね、警察に電話したら?」と答えて立ち去りましょう。


どうしても助けてあげたいなら、お金は貸すのではなく、あげましょう。



Rodrigo Suarez


 




ホームレスについて 



犯罪ではないですが、カナダの治安に関して、ホームレス問題は常に挙がります。


トロントやバンクーバーなどの都市に多く、歩いていると、小銭を下さいと声をかけられることも。


あまり気分のよい経験ではないですが、強要されるわけではないのでNOと言って立ち去れば大丈夫。


 


彼らの多くは、精神疾患や依存症によって、社会生活が困難になった人たちです。


こちらが何もしなければ、危害を加えてくることはありません。


ただ、麻薬中毒の人や精神的に不安定な人もいますので、からかったり挑発するような行動は避けてください。


ホームレスの人たちが集まる地域には、できるだけ行かないほうがよいでしょう。


行く必要があるときは、夜間や雨の日を避けて行動しましょう。



Eric Magnuson


 




治安について常に意識を



カナダの治安について、忘れないでいたいのは「日本とは違う」ということです。


日本で常識的に皆が持っている感覚を、カナダ人も持っているわけではありません。


それを心に留めて、安全に旅行を楽しんでくださいね。


 

2014年11月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop