現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月9日更新

マカオでカジノに行く際に気を付けるべきこと5点

663 views

マカオといったら楽しみのひとつにカジノがあります。カジノは日本にはないので初めての方も多いのではないでしょうか。しかし、カジノでは気を付けなくてはいけないこともあります。


そこで、カジノに行く際に気を付けるべきことをあげていきたいと思います。



 



1.スリには注意



マカオのカジノホテルは巨大な施設となっています。カジノホテルは1つ1つの建物が歩いていけないほど離れています。マカオでは現在、建設ラッシュのため、アジア各国から労働者が入国しています。


労働者は建設のために来ていてカジノで遊ぶ余裕はありません。カジノに来ている人は基本的に中国で言うと富裕層にあたります。そのこともあり、カジノに遊びに来ている観光客がスリに狙われています。


スリには十分注意が必要です。



 



2.パスポートを持参する



マカオのカジノは21歳未満の入場が禁止されています。違反が見つかった場合は、1000パタカから1万パタカの罰金が科せられます。マカオのカジノの入り口には警備員が1~2人立っていて、入場者を監視しています。


警備員にすべての人がパスポートを提示するわけではありません。警備員が見て21歳未満と思われる人には個別にパスポートの提示が求められます。日本人は年齢より若く見られる傾向にありますので、パスポートは念のため持参した方が無難です。


 



3.小額紙幣をたくさん持っていく



マカオのカジノでは英語が通じます。しかし、全く日本語は通じません。そのため、カジノで遊ぶ時には英語が必要になります。カジノ初心者におすすめなものはルーレットなどルールがわかる遊びです。


もしくはルールを事前に調べておく必要があります。また、両替は基本的にするのは難しいので、小額紙幣をたくさんカジノには持って行きましょう。たとえばスロットの機械などで遊ぶ場合、3香港ドルから遊ぶことが可能です。


小額紙幣があれば、賭け金を高く賭け過ぎたということも防げます。


 



4.VIPの場所には足を踏み入れない



マカオのカジノにはVIPの場所があります。VIPのエリアはカジノの他のエリアとは違ってさらに豪華になっているので気づくことができます。


VIPのエリアでは高額な賭け金が飛び交いますので、中国語ができない限りは近づかない方が無難です。VIPのエリアは中国人富裕層が遊んでいます。


言葉が通じない観光客が行ってもカモにされるだけです。



 




5.機械の不調が多いので、その時は必ず係員を呼んでレシートを出してもらう



マカオのカジノにはディーラーがいて遊ぶところと、機械が相手で遊ぶところがあります。機械のゲームで遊ぶ時に機械の不調に注意しましょう。マカオのカジノの機械には不調のものが結構あります。


不調の機械には紙幣は入るのですが、その機械が不調だと気づいて違う機械に移ろうとしたとき、レシートが出ない場合がよくあります。そのような場合には、係員を必ず呼びましょう。


係員を呼んで、機械の中を開けてもらってレシートを受け取りましょう。レシートはお金が印字されるものなので、お金と同じ価値があります。


係員に言わなければレシートは出ないままで泣き寝入りすることになってしまうので、レシートを必ず出してもらうようにしましょう。


 


マカオのカジノで楽しむためには以上の5点に注意しましょう。事前にゲームのルールを調べて行くと楽しさも倍増します。是非、カジノで楽しんでください。

2014年11月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop