現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月28日更新

そこにお金のやりとりはない!!ニュージーランドでのウーフ体験

1194 views

皆さんはwwoof(ウーフ)という言葉をご存知でしょうか?


 


WwoofWilling Workers On Organic Farms/有機農場で働きたいと思っている人たち)とは農業体験と地元の人との交流を目的としたNGOです。宿泊場所や食事を提供する側をホスト、労働力を提供する側をウーファーと呼びます。


このホストとウーファーとの間にはお金のやり取りはなく、農業を通じてお互いが持っているものを交換するしくみになっています。ホストは労働力を得ることができ、ウーファーは農業経験や知識を得ることが出来ます。


ニュージーランドに行った時に初めてこのWwoofに挑戦しました。その時の体験談を今回はお話しようと思います。





コミュニティでのウーフ体験



ニュージーランドに来るまで良く分かっていなかった「コミュニティ」というもの。日本語にすると「共同体」、つまり同じ地域に住み、住民が協力し合って生活を共にしていくという集まりです。


ニュージーランドに来てそのコミュニティというところにウーファーとして約3週間ほど滞在していました。


私が滞在していたのはネルソンという街から車で1時間弱ほどのコミュニティです。そのコミュニティは70年以上の歴史を持ち、参戦拒否者が設立したニュージーランド最長のコミュニティでした。


敷地内にはカフェ・コミュニティホール・果樹園・畑・住居・Woofer用ホステルなどがあって、全て住民の共有財産となっています。コミュニティ内では個人での資産所有は認められていないらしく、カフェや果樹園・農園からの収入を家族のサイズに応じて住民に配分されています。住民は皆、このコミュニティのために自分が出来る仕事をコミュニティ内でして生活しています。


 


 


All photo by Na-ko


 


ここで私はウーファーとして、農業、その他販売用の蜂蜜やリンゴジュースを作ったり、カフェ業務や毎週水曜日に行われるコミュニティランチ(住民ではなくても誰でも参加出来る)のお手伝いをしていました。


滞在中の最後のコミュニティランチでは私がメニューを提案し作らせてもらうなどの機会もあり、思った以上の経験をここで得ることが出来ました。


 


  


アップルジュース作り


All photo by Na-ko


 


  


コミュニティランチで作ったズッキーニチョコレートケーキとヴィーガンコロッケ


All photo by Na-ko


 



色々な人達との交流



このコミュニティにはホストの他にたくさんのウーファー仲間やホステルに滞在している国際色豊かな人達がいて、彼らとの交流もまたこのウーフ体験の中で忘れ難い素晴らしい経験となりました。


お互いのアイデア・時間をシェアし合った毎日。なぜか皆料理好きで、ほぼ毎日誰かがパンを焼いたりケーキを焼いたり、ランチもディナーも良く皆でシェアしてました。ちなみにリクエストにお答えして企画した寿司ディナーでは、これまたキッチンで急なリクエストがあり人生初のロール寿司の作り方ワークショップもさせて頂きました(笑)。


野菜や果物、ハーブなどは畑から毎回新鮮なものを必要な分だけ収穫して調理。ミルクも毎日新鮮なもの。皆本当に何でも手作りに挑戦してて、ミルクからバターもチーズも作ってました。この生活のおかげで私もニュージーランドにいた間はパンは買わず手作り。


 


   


コミュニティあった焼き釜を使って焼いたピザ


All photo by Na-ko


 




ウーフ体験から得たもの 



野菜にしてもバターやチーズ、パンにしても、口に入るとことまでの過程に携わることで食材に対して凄く愛情が沸いて、収穫したもので何を作ろうかというワクワクさがいつも以上にありました。不思議と買ったものより美味しく感じて。


舌で感じる美味しさというより心で感じる美味しさがそこにはありました。季節の食材をその時に、そして皆で楽しみながら頂く。このことを感じられたのも農家の家ではなかった私にとって貴重な体験となりました。


 


 毎日誰かと時間を共にし、料理やワークショップにお互い持っているスキルの交換と農業以外のことも体験した3週間。


私がここで学んだことは、農業知識だけではなく便利さに消されてしまいそうな生き物同士のリアルでプライスレスな交流と助け合い、そしてこの現代社会が忘れかけている「自分で考える・創り出す」ということでした。


 


今までそんなに触れてこなかった畑仕事や自給自足に近い生活、自然との時間が多い生活の中で、人間らしさを感じたり、手作りすることを楽しんだり、自然の変化に肌で触れたりとそのコミュニティ生活の中とにかく生きてる実感を毎日感じていたような気がします


大げさではなく、このウーフ体験は私の今後の人生を少し変えてくれました。忘れられない時間に本当に今でも感謝しています。


 


 All photo by Na-ko


 


正直、最初は不安でいっぱいでした。慣れない農家での生活や共同生活、今までなかった時間が急に始まって戸惑いの連続。でもその先には素晴らしい時間がありました。


滞在場所やそこにいる人達にもよりますが、Wwoofには農業以外にも興味深い体験がいっぱいつまっています。


Wwoofはニュージーランド以外にもオーストラリア、アメリカ、カナダ、その他の国でも対応しています。


日本にもあるんですよ、知っていましたか?


興味がある人もない人も一度Webサイトをチェックしてみてください。


きっと貴方の旅がより濃いものになると思いますよ。


 


 


 

2014年11月28日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop