現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月9日更新

東南アジアって英語が通じるの?気になる言葉事情

4392 views




旅先では英語が通じるの?



 皆さん気になる東南アジアの言葉事情について書かしていただきます。


英語は通じます!!!


ある程度観光客がいる都会や観光地では英語は通じます。東南アジアでは旅行客相手に必死で商売している人が多い為、英語でコミュニケーションをとれる人は多くいます。むしろ日本よりはるかに多くの人が英語を使えるでしょう!


 しかし当然ですが東南アジアの人々はネイティヴではありません。その為癖のある英語を話す人がとても多いです。観光客相手に商売している人のほとんどの人がそうであると言っても過言ではありません。それでも英語は英語です!


聞き取れなかったらジェスチャーを交えたり違う言い回しをしてもらったり、そのような方法は多くあります。なので英語が通じないという事はありません。


 しかし東南アジアにおいて英語を身につけ観光客相手に商売をしている人は、観光客相手に少しでも多くモノを高く売ろうとしている人々がほとんどです。特に屋台や値札のない店についてはその可能性がとても高いです。そのような店は値引きをすることが可能だと考えて大丈夫ですので、交渉してみましょう!!場合によっては半額ぐらいで商品を購入できる場合もあります!


 もしボディランゲージ能力に自信がある方でしたら、英語を話せない人のタクシーや店で購入するという事もできます。東南アジアにおいてそのような人は、観光客相手にも高い値段をふっかけてくる、という可能性は英語を話せる人に比べ低いです。


 


 


 ここまでは観光地や都会の話でしたが、観光客の少ない田舎やマイナーな土地などでは話が変わります。


このような地では英語が通じない事があります!!!


私も東南アジアにおいてガイドブックを持たずして、マイナーな地に飛び込んだ経験があります。そしてそのマイナーな地でもさらに現地人しか行かないような所に迷いこんでしまいました。その時に必死に英語を話せる人を探し様々な人に声をかけましたが、皆英語を話す事ができず困りました。


幸いにもそこにコンビニがあり、現地の大学生のような人がアルバイトをしていたのですが、その人は英語を話す事ができました。私はその地に4日ほど滞在したのですが、気づいた事があります。学生のような若い人ほど英語を話す事が可能です!!


東南アジアのほとんどの国は先進国とは言えません。そのような国で将来いい職に就きたいと考えている学生は必ずといってもいい程英語を学習しています!!ですのでそのような英語を話せる人の少ない土地に行って困った際には、若い人に尋ねるのが可能性の高い手段と言えるでしょう。


 ある程度の土地では英語を話せる人がいますが、本当にド田舎に行くと英語を話せる人が本当にいない土地も存在します。それはガイドブックには載っていないような土地です。


そのような土地に行く場合には、地図現地の言葉で生活するためのフレーズが書いてあるガイドブックを持って行くのがベターかと思います。


 初めての場合心配はつきものだと思いますが、観光客の多い地域や、それなりに有名な場所では英語が通じるので安心して大丈夫だと思います。またあまり英語ができない方もボディランゲージという世界共通のコミュニケーションツールと英語を使いコミュニケーションをとる事が可能だと思います。


皆さんの一生忘れないような経験をする事ができると思いますので、ぜひ一歩踏み出して東南アジアの旅をおすすめします!!


2014年11月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop