現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月9日更新

ホテルVSローカル ソウルのおすすめ朝食

1533 views

ソウルにツアーで行っても個人旅行で行っても意外と悩むのが朝食。ガイドブックも夕食やランチについては結構細かく書いますが、朝食のことはなかなか触れてくれない。ホテル併設の朝食で済ますのもいいけど、せっかくなら美味しい朝食を食べてしっかり動きたい。ホテル併設なら美味しい朝食のホテルに泊まりたりですよね。


ここではソウルのおすすめ朝食についてご紹介します。



ローカル編



おかゆ:味加本




心會hsin-hui (Betty) Wang


日本人観光客に人気のソウル朝食がおかゆ。韓国の人は朝におかゆは食べないそうなのですが、朝早くからやっているおかゆ屋さんは多いです。この味加本というお店は明洞駅から徒歩5分、ソウルで朝食おかゆと言えば味加本というくらいソウル通の中では超有名店です。韓国で人気のおかゆがアワビ粥、これがトロトロの粥に歯ごたえのあるアワビの組み合わせがとっても美味です。肝いりアワビ粥というのもあって、こちらの方がよりコクが合って美味しいです。その他にエビや野菜、タラバガニなどおかゆの種類は様々。種類豊富なのでどれにしようか迷ってしまうこと必須です。おかゆについてくるおかずも美味です。とくにイカの塩辛は美味しすぎておみやげまで作ってしまったというくらいの人気なんです。



ソルロンタン:シンソンソルロンタン




TF-urban


ソルロンタンは韓国の伝統的な料理で、牛の肉や骨を長い時間かけて煮て作る、白濁したスープです。見た目以上にあっさりとしていて、優しい味わいです。朝食にピッタリ。


そのソルロンタンを味わえるお店が明洞、ロイヤルホテル前にあるシンソンソルロンタンです。


ここはお店の雰囲気もよくて、若い女性にも人気のお店。立地も抜群なので、明洞エリア宿泊者におすすめのお店です。ソルロンタンに欠かせないキムチとカクテキはセルフサービスで、好きなだけとってOK。朝食から韓国らしいものを食べたい人におすすめです。


ちなみにシンソンソルロンタンはチェーン店なので、鐘路、狎鴎亭、仁寺洞、新村、大学路などいろいろなところにあります。



キムパッ:キムガネ




Zack Lee


キムパッは韓国風海苔巻きのこと。ごはんは酢飯ではなく塩とごま油、そこにたまごやほうれん草、キムチやエゴマ、カニカマ、たくわんなどを巻いて食べるのが一般的。これ、ハマる人は凄くハマります。あっさりはしてませんが、ごま油のコクと合わさる具材がより美味しく感じられます。


そのキムパッ、人気のお店がキムガネです。チェーン店なのでソウル中のどこにでも有るお店。平日は朝8時から、土日は朝9時からオープンなのですが、割りと多いのが前日の夜にテイクアウトしておいてホテルで食べるパターン。キムパッのお店はテイクアウト出来るお店が多いし、キムガネは夜10時までやってますので買い物した後夜食・朝食用に買って帰る事もできます。帰国便の早い方など朝食が取りにくい時に、これおすすめです。(写真はキムガネのキムパッではありません。キムパッの参考資料です。)



韓流カフェ:カフェベネ




Oregon Department of Ag


ソウルは大都市、スターバックスコーヒーやダンキンドーナツ、クリスピー・クリームなど有名テイクアウトショップもあるのでこういうお店で朝食を済ますのもひとつの手ですが、せっかくソウルにいるなら同じカフェでも韓国で有名なコーヒーショップに行ってみてはいかがですか。ソウルのコーヒーショップは韓流ドラマに出てきたり、韓流スターの事務所が手がけていたりするカフェがいくつかあります。韓流ドラマなどで見たことのあるスポットへ気軽に行けるのもソウル旅行の面白いところです。


その中で人気のカフェチェーンがカフェベネ。有名韓流スターの芸能事務所が手がけているカフェで平日は朝8時から土日は朝9時からオープン。ワッフルが人気で色々なトッピングが出来、注文後作る本格的なものです。



ホテル編



ラグジュアリーホテル:新羅ホテル




Otis Yang


豪華なホテルの朝食ビュッフェといえば新羅ホテル。レストランの雰囲気、味、パフォーマンス、窓からの眺望、全てパーフェクト。優雅なひとときを朝から過ごしたい人には新羅おすすめです。


ビュッフェはホット、コールド、ヌードル、デザート、ビバレッジと5つのセクションに分かれていて、セクションごとにシェフを配置、いつでも新鮮で目の前で調理してくれます。


おすすめはヌードル。ホテルの朝食でヌードルってなかなか珍しいんですが、これがとても美味しかったです。麺も具もスープも自分で選んでオリジナルのヌードルを作ってもらえるのです。


同じセクションにおかゆコーナーもあるのですが、この中華粥も美味です。これもトッピングをいろいろして自分流にアレンジできます。


いろいろなホテルに泊まりましたが、朝食は断トツで新羅が一番。このライブ・パフォーマンスには敵わないですね。このビュッフェ、ランチもディナーも営業していますが、ランチとディナーはかなりの人気で、なかなか予約がとれません。なのでこのホテルに泊まってここで朝食を食べるのは、本当に贅沢なひととき。朝食はそこまで混んでいませんので、静かに優雅な時を過ごせます。もちろん宿泊者でなくても朝食だけ食べに来ることも可能です。もちろんここは超一流ホテルなので、それなりにお値段はします。料金は59000ウォン、日本円にして大体6000円の朝食。この値段出す価値あります。



ス−ペリアホテル:イビスアンバサダー明洞ホテル




Catandrea


ロッテ免税店前、明洞のど真ん中という好立地の場所に立つ人気のホテルイビスアンバサダー。


朝食ビュッフェは19階にあるレストランで、高層階からのソウルの朝の景色を覗きながら食事が摂れます。


ほぼ普通の日本の朝食ビュッフェとほぼ変わらない、落ち着くというか極めて安心の朝食がいただけます。


キムチやナムル、水キムチといった定番の韓国おかずや日本人観光客が多いからか、ごはんと味噌汁も用意されています。目の前で焼いてくれる卵料理、ワッフルのコーナーもありますし、パンの種類も豊富です。


立地的にビジネスマンもよく使うホテルで、このレストランの特徴として朝4:00〜お昼12時まで朝食タイムがあります。


4:00〜6:30と10:00〜12:00はドリンクとパンのみの提供ですが、朝早く出たい方、もしくは朝早い便で帰国する方、又は前日遊びすぎて遅くまで寝ていたい方に嬉しいサービスです。



スタンダードホテル:ホテルドゥロス




Leon Wong


鐘路にある比較的ローコストなホテル。2005年開業で比較的新しくきれいなホテル、且つローコストな穴場ホテルです。立地も悪くないのですが、客室が少ないからか、あまりツアーでは使わないホテルです。ですが近年口コミで評判がよく、個人旅行で人気が高まっているホテルです。


その理由がホテル滞在者に嬉しい朝食無料サービス。毎朝ホテルで焼き上げるパンが美味しいと評判なのです。無料サービスなので、豪華さを期待してはいけませんが、パン・コーヒー・ハム・チーズ・ヨーグルト・ドリンクといったコールドタイプのものが提供されます。




さいごに



旅先での朝食は意外と重要。朝からしっかり食べてしっかり動くのが理想的な旅です。食事は旅の醍醐味、せっかくなら朝から美味しいものを食べて楽しい旅をして欲しいと思います。


 

2014年11月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop