現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月9日更新

マレーシアのクアラルンプールに行くなら見逃せない観光スポット3選

173 views

マレーシアの首都クアラルンプール。


そこは高層ビルが立ち並ぶオフィス街です。


 


空港があるクアラルンプールは、到着して一番に足を踏み入れる場所。


いわば、マレーシアの顔と言ってもいいでしょう。


 


今回は、そんなクアラルンプールのオススメ観光スポットを3つ、ピックアップしました。


 



1.マレーシアの広大な土地を見渡せるKLタワー! 



CLF


マレーシアの東京タワーとも言えるのがKLタワー


クアラルンプールの広大な土地を見渡すことが出来る場所です。


 


タワーの球体部分はパイナップルを模して建設されたとか。


本当に似ているか、確認するのも楽しみの一つになるでしょう。


 


展望室は無料のガイドテープを借りて回ることが出来るので、言語がわからなくても大丈夫。


解説を聴きながら景色を堪能することが可能です。


 


広大な土地のマレーシアは、都心でも未開拓の土地が多くあり、高層ビルと森林地帯という真逆のコントラストが特徴的。


2階はビッフェ形式のレストランになっているので、絶景を楽しみながらランチやディナーで利用するのもいいかもしれません。


 


営業時間:


9:00~22:00


入場料:


大人47RM(リンギット)


子供27RM


(1RM≒現在35円)


 



2.マレーシア鉄道の最先端!新旧KLセントラル駅!



Bentley Smith


現在クアラルンプールの主要駅となっているKLセントラル駅は、2001年に正式にオープンした比較的に新しいものです。


それまで利用されていた旧クアラルンプール中央駅は、駅としての機能は失われており、今はマレーシアの鉄道歴史館として活躍中です。


真っ白なお城のような外観が特徴の旧クアラルンプール中央駅は、それを見るだけでも観光気分を味わえるのではないでしょうか。


 


また、新しいKLセントラル駅は日本人アテンドのいるホテル直通。


この駅構内には両替所があるので、日本円をリンギットに両替しやすいというメリットもあります。


 


新旧のクアラルンプール駅を比較観光しながらホテルまでの道のりを歩ける。


海外旅行の初心者には、とても効率的に観光できるスポットではないでしょうか。


 


現地の移動手段で真っ先に思い浮かぶのはタクシーだと思いますが、だからこそ、あえて電車に乗ってみてください。


普段は見つからない衝撃が、マレーシアの駅には詰まっています。 


 


 鉄道博物館:


無料


  




3.クアラルンプールで買うマレーシア土産はセントラル・マーケットで!



 Ikhlasul Amal 


 旅行したら、旅の思い出にお土産が欲しくなってしまいますよね。


でも慣れない土地での買い物って、地理もわからないし、言葉も通じにくいから歩き回るのは億劫。


セントラルマーケットは、そんな方に優しい場所。


 


KLセントラル駅から800mほどの場所に位置し、歩くのが苦ではない方は徒歩でもアクセスできます。


ただ、マレーシアは日差しが強いので、歩くときは日傘と水を忘れずに。


 


セントラルマーケットは、観光客向けの土産物を取り扱うショップが密集しているので、一日いても飽きません。 


マレー、インド、中国など、雑貨のバリエーションも豊富。


「値切り交渉」が出来る場所でもあるので、賢くショッピングを楽しみましょう! 


 


2階にフードコートもあるので、買い物した後はティータイムで一息ついてもいいかもしれません。


お連れの方との待ち合わせに使ったりなど、利用の仕方は様々です。


 


女性へのオススメ土産:


なまこ石鹸、アジアン雑貨


男性へのオススメ土産:


チョコレート、珈琲


 


 


いかがでしたか?


今回、海外旅行が初心者の方が楽しめるように、クアラルンプールの都心部をメインにピックアップしてみました。 


 


マレーシアはイスラム教ではありますが、多民族国家。


都心でもモスクを目にする一方、区画によっては全く雰囲気の違った顔を覗かせるバリエーションに富んだ国です。


標識も様々な言語で書かれているので、「マレー語なんてわからないから…」なんて不安もありません。


ホテルの周りを散歩するだけでも十分に楽しめます。


 


海外旅行を検討されている方、行先に悩んでいる方は、是非この記事を参考にしてください。

2014年11月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop