現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月12日更新

学力世界1位!フィンランド教育の秘密

975 views

日本人にあまりなじみのないように見えるフィンランドですが、サンタクロース、ムーミン、白夜、オーロラ・・・・こんな言葉は聞いたことありますよね?


 


そんなフィンランドの教育が注目を集めるようになったのは、2000年から3年おきに行われているPISA(学習到達度調査)でフィンランドが連続して上位にランキングされた時のこと。


フィンランド式の教育システムは「フィンランド・メソッド」と呼ばれ、国際的トップクラスの教育水準はどうやって達成されたのかという研究が各国で行われました。その秘訣はどんなことだったのでしょう?



Hans Splinte



フィンランドはどうして学力世界一になれたのか?



教育第一!の背景



フィンランドは540万人程で資源国ではないため、次世代の子供たちに対する教育こそが国力を高め国を存続させていくために大切なことだとして、国際的競争力のある人材の育成に国全体で取り組んでいます。


 


その一つとして、充実した社会福祉制度が整えられていて、子供の教育にはお金がかかりません。フィンランドの学校は99%が公立(大学はすべて国立)で、授業料はもちろん、学校までの通学費用、食事(給食)、教科書、学用品がすべて無償で提供されています。


望めば、どんな家庭の子供でも経済的な不安なく、高等教育が受けられるシステムが確立されているのですね。


 



教育現場では



フィンランドの教師は修士課程を修了していることが義務づけられていて、高い資質をもった教師が子供たちの教育に携わっています。また、クラス編成は少人数制が徹底されていて、すべての子供たちに教師の目が行き届くシステムになっているようです。


 


フィンランドの学校の授業時間数は、OECD加盟34カ国中で最も少ないそうですが、その教育方針の特徴的なところは、まず「カルタ」というイメージ・マップを書きながら発想力を鍛えることと、考え方の」を習得させるところにあるといわれています。


日本にも「形から入る」という表現がありますが、フィンランドの子供たちはまず物事の型を学び、それに沿った話し方、文章の書き方を組み立てることから学習します。


 


確かに、例えば初めて文章を書く子供に「作文を書きなさい」というときっと困ってしまうでしょうが、事前に「作文とはなにか?」「作文にはテーマがあり、こんな組み立て方がある」とわかった上で書き始める方が書きやすいですよね?話し方も同様、その骨組みの型がわかれば構成しやすいですね。


 


さらに、フィンランドでは「多読」が推奨されていて、図書館の利用率はなんと世界一。


型を学んだ子供たちが読書でたくさんの表現力、高い応用力を身に着けていくというわけです。



opensource.com




フィンランドの教育の現状



フィンランドの学力の高さが注目を集め、書店にフィンランド・メソッド関係の本が並んでいた2000年、2003年当時から10年以上経ち、現在のフィンランドの教育はどうなっているのでしょう?実はフィンランドは近年PISAの順位を大きく下げ、学力の低下が問題となっています。


この背景には多くの先進国が苦しむ高齢化の問題があるとされています。


 


福祉を掲げたフィンランドも他の先進国と同様に高齢化が進んできていて、自国のみの力では高福祉を維持することが困難なため、そこで、福祉サービスに従事する要員として移民を多く受け入れるようになってきました。


移民の多くはフィンランドが公用語とするフィンランド語、スウェーデン語に堪能でなく、その子供たちもまたフィンランド語での授業についていけず学力が伸びないという問題を抱えていて、対策が待たれるところです。


 


以上、フィンランドの教育事情についてお話ししました。


 


大きな課題を抱えるフィンランドの教育界、フィンランドの教育をお手本にしてきた日本。それぞれの時代の変化に対応し、教育制度を見直していかなければいけないのですね。


[参考:北欧の教育王国はなぜ崩壊したのか? スウェーデンの学力凋落の原因を探る]



alamosbasement

2014年11月12日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop