現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月22日更新

見所たっぷり!一週間は楽しめるメルボルン観光のすすめ

422 views

メルボルンには、見どころたっぷりの観光地が多数あります。



今回は、メルボルンの観光スポットをご紹介します。


 



■ユーレカスカイデッキ88



ユーレカスカイデッキ゚88は、メルボルンで外すことができないアトラクションの一つです。


南半球で最も高い展望台があるメルボルンのユーレカタワーからは、体験したことのない360度のパノラマが広がる素晴らしい景色を堪能できます


 


2つの専用リフトで地上300メートルの88階まで、わずか40秒未満。ビルの外に張り出した全面ガラスの四角い箱型をした展望プラットフォームでは、中に居ながら地上88階の外へ出たような気分が味わえます。そこからの足がすくむようなスリル満点のパノラマは、きっと忘れられない風景になるでしょう。



Paul McGunnigle


 



■王立博覧会ビル



王立博覧会ビルは、街の中心部から北に位置し、周囲を美しいカールトン庭園に囲まれています。このカールトン庭園も世界遺産の一部になっております。


 


1880年に万博で使われた後、1901年からは最初の英連邦政府国会議事堂として使われました。細心の注意を払って修復された館内、そして、広々としたギャラリー(展示室)と美しくそびえるドームが特徴です。素晴らしいホール空間は、現在も各種イベントや展覧会、フェアなどの文化行事に利用されています。中でも、毎年行われる「国際フラワー&ガーデンショー」は、有名です。



Alpha


 



■クイーンビクトリアマーケット



クイーンビクトリアマーケットは、1878年にオープンした歴史ある南半球最大の市場です。


19世紀の優雅な建物はそのまま残り、当時から変わらぬ活気あふれる庶民のマーケットは、メルボルンを代表するシンボルの一つです。


 


新鮮な野菜や果物をはじめする食料品はもちろん、お土産にもぴったりな小物やファッション、アクセサリーなのが所狭しと並んでいます。


そこを訪れれば、メルボルンをいち早く感じることができるはずです。



Alpha


 



■ビクトリア国立美術館



ビクトリア国立美術館は、1861年にオープンした、オーストラリア最古の美術館です。


常設コレクションは入場無料で、誰でも気軽に鑑賞することができます。


 


コレクション総数は、70,000以上あり、ヨーロッパやアジア、オセアニア、アメリカなど、世界の幅広く集め、南半球で最も見ごたえのある展示になっており、その建物は、メルボルンのシンボル的な存在でもあります。


 


館内には、カフェやレストランもありますので、休憩やランチにも最適です。



Phll Ostroff


 




■旧メルボルン監獄



旧メルボルン監獄では、1800年代にビクトリア州内の急激な犯罪件数増加に伴い、1850年代に建てられました。現在は、その一部を博物館として一般公開しています。また、メルボルンで最も古い建物として数々のツーリズム賞を受賞し、観光スポットとして、注目されています。


 


館内では、130以上の拷問道具や絞首台、死刑囚のデスマスクなどが展示や、犯罪と司法について考える体験もできるようになっています。また、夜に行われるロウソクでめぐるガイドツアーも実施されており、昼とは違った監獄の様子を体験することもできる興味深いツアーもあります。



Matt Chan


 


いかがでしたでしょうか。


メルボルンに訪れた際には、ぜひメルボルンの観光地をくまなく訪れてみてください。


 

2015年1月22日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop