現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月7日更新

日本は第何位?アジアの大学ランキングまとめ

290 views

はじめに



Andrew


世界の3大大学ランキングのひとつとして知られるイギリスのクアクアレリ・シモンズ社(以下QS)が、2014年のアジア大学ランキングを発表しました!気になるその結果は?!


評価基準


まずチェックしたいのは、どんな基準でランク付けされているのかということ。


以下が評価項目です!


1. 学業面の評価 30%


2. 企業による評価 10%


3. 教員と学生の比率 20%


4.論文一つに対する引用数 15%


5. 教員一人に対する論文数 15%


6. 外国人教員の割合 2.5%


7. 外国人学生の割合 2.5%


8.受け入れている交換留学生の割合 2.5%


9.派遣している交換留学生の割合 2.5%


ランキングTop20


ランキングTop20です!どんな大学が入っているのでしょうか?


1.シンガポール国立大学(シンガポール)


2.韓国科学技術院(韓国)


3.香港大学(香港)


4.ソウル国立大学(韓国)


5.香港科技大学(香港)


6.香港中文大学(香港)


7.ナンヤン理工大学(タイ)


8.北京大学(中国)


9.浦項工科大学校(韓国)


10.東京大学(日本)


11.香港城市大学(香港)


12.京都大学(日本)


13.大阪大学(日本)


14.清華大学(中国)


15.東京工業大学(日本)


16.延世大学校(韓国)


17.成均館大学校(韓国)


18.高麗大学校(韓国)


18.東北大学(日本)


20.名古屋大学(日本)


続きはこちら



John Liu



2014年アジア大学ランキングの第一位は、シンガポール国立大学でした!


第二位は昨年の6位から順位を上げた韓国科学技術院、第三位に香港大学という結果となりました。


日本の大学でTop10にランクインしたのは 東京大学(10位)、



そして京都大学(12位)、大阪大学(13位)、東京工業大学(15位)、東北大学(18位)、名古屋大学(20位)と続きました。


トップ20位だけでも日本の大学が6校も入っているのは喜ばしいことですね。


QS大学ランキングでは、評価項目別の結果も見ることができます。そこで見えてくる日本の大学の現状とは?



ランキングから見えてきた日本の現状


例えば総合ランキングでは10位だった東京大学ですが、学業面では1位、企業からの評価2位という高順位


学業面の評価(日本の大学のみ抜粋)


1位 東京大学 4位 京都大学 13位 大阪大学 16位 東北大学 17位 東京工業大学 20位 早稲田大学


他の大学も、かなり高評価を得ているのがわかります。


ではどの項目が低かったのかというと、国際性です。


外国人教員の割合


42位 早稲田大学 74位 一橋大学 82位 名古屋大学… 159位 東京大学


外国人学生の割合


41位 東京工業大学 47位 一橋大学 50位 筑波大学… 57位 東京大学


受け入れ交換留学生の割合


66位 名古屋大学 73位 大阪大学 79位 東京工業大学… 107位 東京大学


派遣している交換留学生の割合


43位 早稲田大学 49位 大阪大学 93位 筑波大学… 170位 東京大学


ほとんどの項目が、高くても40位以下という衝撃的な結果でした。


ちなみに交換留学生の割合という評価項目は、世界大学ランキングでは使用されていません。


QS社が、どれだけアジアの国際化が進んでいるかを判断するために特別に設けた項目です。


逆に言うと他の地域では国際性というものは既にあたりまえのことなのかも知れません。



George A. Spiva Center for the Arts




自国の文化を海外に広めたり、東京オリンピックにむけて英語教育の改革に力を入れようとしている日本ですが広い視野や柔軟な感性を養う場である大学が まだまだグローバル化とは程遠いというこの現状をまずは認識しておくべきかもしれません。

2015年10月7日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop