現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月7日更新

まるで絵本の世界!ヨーロッパの魅力的な街並みをのぞいてみよう!

234 views

石畳の町、レンガ造りの家、100年以上変わらない街並みが多く残る見どころいっぱいのヨーロッパ。
そんなヨーロッパですが、都市部や中心街では近代化が進み高層ビルを目にする機会も多くなりました。
せっかくの旅行、ハイセンスな都市部で買い物もいいけれど,時には綺麗な街並みも楽しみたいですよね。




それでは可愛らしい絵本のような、ヨーロッパの魅力的な街並みをここでのぞいてみましょう。



はちみつ色の町 イギリス、コッツウォルズ―Cotwolds



Kirk Siang




イングランド中心部、全長約160㎞にわたってのどかな田園風景とはちみつ色の石造りの家々や町、村が点在する風光明媚なコッツウォルズ。
その姿はまさに絵本の世界から飛び出してきたかのようです。


コッツウォルズの特徴であるはちみつ色の石で積み上げられた家の多くはセメントを使わずに18、19世紀作られたもので、100年以上佇むその姿はため息物です。景観および環境保護地域にも指定されています。


シェイクスピアやベアトリスポターなど、イギリスの著名人らとゆかりの深いコッツウォルズ。


実は映画『ハリー・ポッター』のロケ地にもなっています。
時が止まったかのような美しい村で、優雅にティータイムなんて素敵ですね。





ヨーロッパの真珠、クロアチア ドゥブロヴニク ―Dubrovnik


目のさめるようなアドリア海と空の青にはっきりと浮かび上がるオレンジ色の瓦屋根。


クロアチアの飛び地であるドゥブロヴニクのその美しい姿は、「ヨーロッパの真珠」と呼ばれており、1979年にはドゥブロヴニク旧市街が世界文化遺産に登録されました。


映画監督宮崎駿が、映画の舞台として参考にしたともいわれているこの町は、古くから貿易都市として栄え、ルネサンス期やゴシック様式など様々な石造りの現存する建築を目にすることが出来ます。



一面に青が広がる海、空、まるで映画の中のようなドゥブロヴニク、ぜひ楽しんでみませんか?





絶壁を彩る村 イタリア チンクエテッレ ―Cinque Terre


荒々しい絶壁にそびえ立つ家々の赤、ピンク、黄色、オレンジといったポップな色使いが目に鮮やかなチンクエテッレは、イタリア南西部に位置しています。
チンクエテッレとはイタリア語で「5つの土地」という意味で、5つの村からなる美しい場所です。
海岸線沿いにある村々は、その美しい景観を理由に1997年にユネスコの世界文化遺産にも登録されました。



11世紀には要塞都市としての機能を持ち、1980年代まで陸路の手段はなく船で人々は行き来していたというのが驚きです。
崖を切りだし、そこに村やワイン畑を作り出した人々の情景が浮かんでくるようです。



運河の古都、北のヴェニス ベルギー ブルージュ ―Brugge


ベルギーといえばチョコレート。
ここブルージュはチョコレートの町としても有名で、手作りで質の高いショコラトリーや、チョコレート博物館などチョコレート好きには見て良し、食べて良しのたまらない町でしょう。
もちろんそれだけでなく、世界遺産に登録されているブルージュ歴史地区の街並みはとっても可愛い!


 町を縦断する運河を取り囲む中世の面影の残した街並みは、「屋根のない美術館」という異名をとるほど私たちの目を楽しませてくれます。



クリスマスの町 フランス ストラスブール ―Strasbourg


ホットワイン、焼き栗、りんご飴、クリスマスツリー飾り…様々な出店がならぶクリスマス・マーケット。


フランス一の規模を誇るストラスブールのクリスマス・マーケット開催期間中は、町全体がイルミネーションの魔法がかけられ、昼と夜とでは違う顔を見せてくれます。
フランスとドイツの文化が融合したストラスブールの旧市街は世界遺産にも登録されており、コロンバージュと呼ばれる様式の木組みの家は、パステルカラーの色合いが可愛らしくまるで童話の世界の町そのものです。



まとめ


いかがでしたか?
ヨーロッパの絵本の世界さながらの町にみなさんぜひ足を運んでみてくださいね。


ciel52

2015年10月7日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop