現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月9日更新

【雑学】タイの首都バンコクの正式名称がめちゃくちゃ長い!

59919 views

タイの首都はバンコク。その正式名称は覚えられないほど難しくて長かった!



 


わたしたちは当たり前のようにタイの首都は「バンコク」と呼んでいますが、
実はとても長ーい正式名称があるのをご存知ですか?


 



長すぎる名称とその背景



 


では、正式名称、行きます!


 


クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・
マヒンタラーユッタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラット・
ラーチャタニーブリーロ ム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・
アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット


 


舌を噛みそうだし息切れもしそうです!
名称は11の単語から形成されているんですが
サッカタッティヤウィサヌカムプラシットとか、1つの単語が恐ろしく長いですね(笑)。


この単語のそれぞれの意味をざっくりまとめると
複数の神様の名前とともに、時の王が治める土地の神聖さや偉大さ
今後の発展と繁栄の祈りが込められており
仏教国であり王国でもあるタイならではの歴史を感じる名称だということが分かります。


 



Siim Teller



仏教国なのに天使?



タイ人が使う呼び名



ですがどんなに素晴らしい名称でも、タイ人ですらとてもじゃないけど長くて覚えられない!!ということで
最初の1フレーズだけを取った「クルンテープ」と言っています。


現地で「クルンテープ」をタイ人から聞くと、ほとんど「ク(ル)ンテー(プ)」
ルとプは聞こえるか聞こえないかくらいの音で、クンは小さくテの音を強く上にあげて発音します。
タイ語の発音はとても難しいですが、これくらいなら日本人が言っても聞き取ってくれそうです。


 


 



天使に会える場所



クルンテープは「天使の都」を意味します。
仏教国で天使というのも不思議というか、ちょっと似つかわしくない気もしますが
寺院へ行ってみると至る所に天使がいます。
お土産物の置物や絵画・イラストなどに多く使われているので
気を付けてみるとたくさん発見できると思います。


 



lisa angulo reid


 



matluckins




「バンコク」VS「クルンテープ」?!



 



独断で選手権をするなら・・・



天使という表現は、おそらく神(ブッダ)の遣いという存在から
欧米諸国の基準で当てはめたんだと思いますが
実際に点在している寺院にたくさんの天使を表す像があり
もちろん主役はブッダですが、天使に守られている街という印象を持てますし
これをタイ語の発音で聞くと、より味わい深くなります。
英語だとCity of Angel's!映画のタイトルのよう!


一方バンコクはというと、語源はバーンマコークから来ていて
「マコークというウルシ科の樹木がたくさん生えている水辺の村」を意味するそうです。
なんていうか、とても直接的ですね(笑)


 


やけに長くて面倒で覚えられないような名称でも
単語の意味やその背景を少しでも垣間見たり感じることが出来たら
その土地独自のエネルギーを意識することや
過去の繁栄や豊かさにまで思いを馳せることができ
正式名称からは「バンコク」の比ではない圧倒的な重厚感を感じずにいられません。



Fran


 


 


 ぜひバンコクを訪れた際には
「ここは天使の都から始まる長ーい名称がある街なんだ」と意識しつつ
寺院で天使を見付けて写真を撮ったり
機会があればタイ人に「ここはクルンテープでしょ?」と言ってみると
驚いたり喜んでくれるかも知れません。


 


 


 


 


 


 


 

2014年11月9日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop