現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月7日更新

お洒落で美しい!ヨーロッパの家の魅力を知ろう

2427 views

ヨーロッパを旅行する時の楽しみの一つは、美しい風景ですよね。




理想的な景色、それは、爽快な青空に豊かな自然、そして美しい統一された街並み、家々ではないでしょうか?


歴史的な建物の多いヨーロッパの家、とくに私が住むフランスを中心になりますが、その魅力を探ってみましょう。




mina




マイホームは自力でリフォーム


私は、今フランスに住んでいるのですが、こちらでまずびっくりするのが、自分でリフォームする人の多さです。




主流なのは、古い民家、もしくは納屋をお手軽価格で購入し、自力でリフォームするというやり方です。


なので、DIYのお店もとても充実していて、アマチュア大工でもプロに近いレベルまでいけます。




簡単な事は、自分たちでやって、電気の配線など専門的な事だけプロにお任せするといった感じで、できるだけ経済的にマイホームが出来上がるよう皆工夫しています。




こちらでは、古い建物を保存しその味を生かすことが大切なので、家の外観は1800年代だけど、家の中に入ってみると、古臭いという感じがしないおうちが多いです。




それでも、窓ぶちや、暖炉など、古い部分をあえて残し、その家の歴史をにじみださせたり、新築で歴史のない家とは違う『温か味』をうまく演出したり。


また、多くの家には、その家のスタイルにあった素敵なお庭があります。




ヨーロッパの家って、日本の家とも、またアメリカの家とも一味違いますよね。


古さをあえて残し、自然とも調和させ、それをその家のチャームポイントにするのが、フランス人はとても上手なのでしょうね。





~ Pil ~




見た目だけじゃない、質も重視なフランスの家


私がフランスに来た初めの年に感じたこと。それはフランスの家って一足入るとなぜか、暑い夏にはひんやりと、寒い冬にはほかほかとするということ。


なぜかと聞いてみると、それは耐熱の素材を壁に入れ込んでいるからなのです。




言われてから気づいたことですが、よく家を観察すると、壁の厚さが日本の家とは違います。だいたい平均的なもので40センチほど厚みがあります。材質はいろいろです。主流なのはグラスファイバーですが、エコロジー志向の家はをつかったものもありました。




ヨーロッパでは冷房がある家は少ないですが、耐熱壁のおかげで寒い冬の暖房代を節約できるんです。


壁が厚い分、壁に必要な面積が少し多めになってしますのですが、もともと日本の家よりも広々とゆったりしているので、そんな小さな部分にケチにならないんでしょうね。




Trey Ratcliff




地方ごとに特色のある家のスタイル


ヨーロッパの国、街ごとにそれぞれ家に特色があります。




私が今住んでいるフランスの地方は、スイスとイタリアの国境に面しています。


そのため、車を数時間走らせると国境を超えお隣の国へと入ってきます。もちろん国境付近には、いろいろな標示がありますが、それがなくても家や建物のスタイルをみて、異国に来たと気づく事ができます。




たとえば、以前住んでいたパリ郊外の村では、屋根の色は茶色と決まっていました。




フランスにきて初めに気づいたのは、街の建物や住宅街の統一感でした。自分の家は赤い屋根、お隣さんは緑の屋根で、そのお向かいさんは青い屋根といったバラバラ感のある街をこちらではみかけません。それは各市町村がある範囲で家や屋根の色について規定を設けているからです。




ブルターニュ地方の家は、黒に近い濃いグレーの屋根が特徴、南仏の家は赤土のテラコッタの瓦屋根が特徴。


私が今住む地方は、昔イタリアのサヴォイア家の領地でした。


旧市街には、オレンジやうすいピンクといった彩の外壁の建物が並び、イタリアだったころの名残を感じます。





Mathias Liebing





景観が大事なヨーロッパ


歴史を大切にし、その年輪が刻まれるように年季の入った家を愛し、その良さを残しながら、必要な部分に手を加えてきたからなのでしょうか。ヨーロッパの家は、深みがあり、温かみがあり、愛着がわきます。




もちろん、大都市では、新しいアパートが建ったり、再開発される地区もあります。


それでも、機能より見た目、景観が大切なヨーロッパ人、さすがに古いよい部分を残しながら、新しい部分も足していくのが上手だなあとつくづく感心させられます。




皆さんも、ヨーロッパを旅される時に見かける家や建物、どの部分がオリジナルでどこを後から手を足したのか、そんな点を観察しながら廻ると面白いと思いますよ。

2015年10月7日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop