現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月16日更新

フィリピンであなたのパソコン、スマホ、電化製品を守る方法~コンセント、電圧、変圧器のあれこれ~

996 views

コンセント 



 フィリピンのコンセントの形は、少々やっかいで、残念ながら「絶対これなら大丈夫」というのがないのですが、日本と同じく長方形が横に二本並んでいる(Aタイプ)形のコンセントも広く使われています。


 


その他は、主に、丸が横に二本並んでいる(Cタイプ)形のもの。丸が3つ三角形に配置されている(B3タイプ)形のもの。縦に一本、その下にハの字型に長方形が二本並んでいる(Iタイプ、OもしくはO2タイプ)形のもの。


 


フィリピンでは、これらABCI以外の形のコンセントも使われています。滞在するホテルやアパートによってどのタイプが使われているか異なりますので、変換プラグ(アダプター)を購入する前に、事前に滞在先に確認してください。


 


もちろん、マルチ変換型のプラグ(アダプター)が1つあれば、どこでも安心ですね。ただし、事前に滞在先のコンセントがAタイプと分かれば、変換プラグ(アダプター)は必要ありませんし、Cタイプの場合は、超簡易型の変換プラグ(アダプター)が100円程度の安価で、フィリピンのどこの電気店でも簡単に購入できます。


 


また、外国人客の利用の多い高級ホテルでは、変換プラグ(アダプター)を無料で貸し出してくれるところもありますので、相談してみましょう。



 






 



電圧



 フィリピンの電圧は220ボルトです。日本の電圧の100ボルトと比べると非常に高圧ですから、誤ってコンセントに指を入れたりすると、非常に危険です。小さなお子様とご一緒の場合には、改めて、日本で生活しているとき以上に注意が必要ですね。


 


最近は、日本製のパソコンでも、100ボルトから240ボルトまで、すべての電圧に対応しているバッテリー(ACアダプター)もあるので、自分のパソコンがどの電圧に対応しているか、コンセントに差し込む前に、必ず確認しましょう。


 


何も考えずに、プラグをコンセントに差し込んだ途端、パソコンが壊れてしまった!というのでは、悲しすぎます。スマートフォンもパソコンと同じく、フィリピンの電圧に対応できるタイプのバッテリー(ACアダプター)がありますから、表示を確認してみましょう。


 


ただし、パソコンやスマホ以外の日本製の電化製品は、基本的に100ボルトですから、220ボルトには対応していません。


 


その場合は、変圧器が必要になります。また、例外として、100ボルトに対応したコンセントがある高級コンドミニアムや住宅なども、フィリピンにはありますから、そういった場合は変圧器を使わない生活ができますね。


 





 



変圧器



 フィリピンで日本製の電化製品を使うには、変圧器が必要です。100ボルトにしか対応していない日本製の電化製品を、プラグの形が同じだからと言って、そのままコンセントに差し込んでしまうと、220ボルトの電圧がかかり、「あっ」という間もなく壊れてしまいます。変圧器は、日本でもフィリピンでも購入できますが、電化製品ごとに記載された必要なワット数を満たす大きさのものを買う必要があります。


 





 




フィリピンであなたのパソコン、スマホ、電化製品を守る方法 



 ここまでで、フィリピンのコンセント、電圧、変圧器に関する疑問はだいたい解決できましたか? 最後にもう一つ、フィリピンであなたのパソコン、スマホ、電化製品を守る方法をお教えします。


 


フィリピンの電圧は非常に不安定ですから、大事な電化製品は、直接コンセントに差し込まず、急な電圧上昇を抑える装置(スタビライザー)を通して使うと安心です。日本では不要な道具ですが、アジアでは意外と広く使われていますよ。


 



2014年11月16日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop