現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月7日更新

ベストシーズンはいつ?ヨーロッパの気候に詳しくなろう

10523 views

ヨーロッパの天気というと、皆さんどんなイメージをお持ちでしょうか?




ロンドンは、雨ばっかりとか、ヨーロッパの夏はカラッと乾燥していて暑くないとか、ただの固定観念から真実までいろいろだと思います。




でも、『ヨーロッパ』とひと括りにいっても、北欧、南欧を比べたら、やっぱり違いが出てくるのは当然ですよね。


そこで、『ヨーロッパ』の各季節の気候を見ながら、皆さんにとってのベストシーズンは、どの季節か見てみましょう!





Tom Jutte




お花がきれいな春~でも、まだちょっと肌寒い。


西ヨーロッパ:まだ昼間も10℃前後と肌寒い3月頃から、ヒヤシンスやモクレン、クロッカス、桃などの花が咲き始めます。


20℃前後まで気温の上がってくる5月であっても一般的に春は、天候が不安定なので、気温が10℃前後まで下がることもあります。


 
北ヨーロッパ:3月でも朝晩は氷点下以下が当たり前な北欧。なので、お花の時期も少し後ろにずれ、アネモネ、クロッカスなどは4月中旬ごろからとなります。


5月でも平均気温が10℃前後なので、日本で春に見かける花々は、初夏が咲きごろとなります。オーロラシーズンの終わりが3~4月なので、まだオーロラが見れるかも。




東ヨーロッパ西ヨーロッパよりも若干寒めといった感じ、平均気温も3月が5℃前後、5月が15℃前後となります。スノードロップから始まり、ドワーフアイリスやムスカリなどが順に咲き始めます。


春の初めはまだまだ寒いので、オーロラを見に行くなど特別な目的がなければ、5月以降がおススメです。





Miguel Virkkunen Carvalho




夜遅くまで明るいヨーロッパの夏


なんといってもおススメなのは、やっぱりです。長くて寒いヨーロッパの冬が終わり、不安定な春を越し、ついにやってき夏。


カフェもレストランも、テラスに席をとるようになってきます。


心地よい太陽を満喫するべく、みな一気に肌の露出度が上がります。




昼間の平均温度は、パリが20~23℃、リスボンが25~28℃、北ヨーロッパが20~22℃、東ヨーロッパが21~23℃と、日本の夏よりかなり涼しいです。空気も乾燥しているので、カラッと気持ちがいいです。




何といってもヨーロッパの夏が最高なのは、日の長さです。


6月中旬から7月中旬にかけてが一番日が長く、夜10時でも明るいんです。


そのため、ミュージックフェスティバルを初め、各種屋外イベントが多く催される季節でもあります。




限られた旅行スケジュールの中で、できるだけ夜遅くまで、しかも明るいので怖い思いすることもなく、外出していられるので、お得感があるのも夏の利点だと思います。


Mikel Galar




紅葉の秋、食欲の秋


賑やかだった夏も過ぎ去り、木々もだんだん色を変え、色づき始めます。日本の紅葉とは、また一味違いますので、その違いを楽しむのも良いかも。




9月~10月まではインディアン・サマーと呼ばれる、まるで夏の様に温かい日々もあります。それも11月には、暗くなるのも早く、朝日がでるのも遅く、一気に冬にむかっていきます。




日中の平均気温は、西ヨーロッパ、東ヨーロッパがともにだいたい20℃~10℃前後まで下がってきます。




北ヨーロッパは、オーロラシーズンに突入、昼間の気温は15℃~3℃と下がってきます。


日が沈むと気温もぐっと下がりますので、朝晩は冬のようです。もしこの時期に旅行するなら、気温が下がる前の9月くらいまでが、よいのでは。




この時期のいい点は、ローシーズンのため、ホテル代など夏より安くあげることができます。


また、食べるの大好き、飲むのも大好きな旅行者には、ヨーロッパ各地でワインやビール、または白トリュフのフェスティバルもありますし、ガストロノミーの面でも魅力的な時期でもあります。




ヨーロッパの冬、クリスマスシーズン


冬のヨーロッパ、やっぱり寒いです!でも11月入ったころから、まずお店の中がだんだんとクリスマスシーズンの到来をつげます。




そして12月には、街もお店もすっかりクリスマスの飾りつけがなされ、光り輝く美しい光景となります。


この時期、朝も暗くて、夕方もすぐ暗くなるし、とっても寒いのも事実。でも、クリスマスのおかげで、なんだか華やかな雰囲気になっています。




この時期の気温、西ヨーロッパでは、日中10℃行くかいかないか、東ヨーロッパは、7℃~3℃くらいまでさがります。北ヨーロッパは、3℃~マイナス2℃くらい。冬にヨーロッパに行く場合は、これでもかと言う位の防寒対策を心がけましょう。





VISITFLANDERS





毎年変動する天候



これまで平均的な気温等についてお話してきましたが、実際その年によって、冷夏だったり、猛暑だったり、変わってきます。




お休みが取れる時期を自由に決めれるようであれば、自分の好きな季節、もしくは興味あるイベントに合わせてバカンスを取るとよいと思います。


お盆か年末年始しかお休み取れないという方は、悩まなくていいので簡単ですね!




実際の旅行日程を決めたら、荷造りする際に、世界の天気予報を扱うサイトで予報を見てみましょう。それで、その頃の見合った服装を準備するのがよいですね。以下、天気予報サイトをいくつかお勧めします。皆さんも、参考にしてみてくださいね。



≪天気予報サイト≫

http://weather.goo.ne.jp/world/
http://www.accuweather.com/ja/world-weather

2015年10月7日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop