現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月14日更新

カナダの国旗(メイプルリーフフラッグ)について

522 views

カナダのシンボル「メイプルリーフ(かえでの葉)」で作ったカナダの国旗!


とても素敵な作品ですね♪


これから「カナダの国旗(メイプルリーフフラッグ)について」をご紹介します。



Mike Gabelmann


 



(カナダの国旗)



カナダの国旗は、赤白赤の縦じまで、まんなかに赤い「サトウカエデ」( Sugar maple)の葉が描かれています。


英語ではThe Maple Leaf Flag(「メイプルリーフ旗」)、仏語ではL'Unifolié(「一葉旗」)と呼ばれています。



 


abdallahh


 



(カナダの国旗にこめられた意味)



比較的シンプルに見える「カナダの国旗」ですが、実はいろいろな意味が込められているんですよ。


国旗の左右の赤い部分は、「海」を意味していて、左側が太平洋、右側が大西洋


まん中の白い部分が、カナダの領土を意味しています。


旗の中央には、カナダのシンボルであるメイプルリーフ(かえでの葉)が描かれています。


枝と葉のとがった部分は、全部で12個あります。


12という数字にも、きちんと意味があるんですよ!


それは1965年当時の、カナダの12の州(2つの準州を含む)をあらわしています。


現在のカナダは13州です。


 


Adam


 



 (カナダの州に関する豆知識)



連邦国家であるカナダは、現在、10の州と、3つの準州で構成されています。


国旗が創られた1965年は、10州と、2つの準州で構成されていて、


1999年にヌナブット州が新たに準州として追加されました。


《カナダ13州》


 1.アルバータ州 2.ブリティッシュ・コロンビア州  3.マニトバ州


 4.ニュー・ブラウンズウィック州 5.ニュー・ファンドランド州 6.ノバ・スコシア州


7. ノースウェスト準州  8. ヌナブット準州  9.オンタリオ州


10. プリンス・エドワード・アイランド州  11. ケベック州  12. サスカチュワン州


13. ユーコン準州


 




 (1964年以前のカナダの国旗)



現在のカナダの国旗「メイプルリーフフラッグ」は、1965年に決定されました。


1964年のはじめに、1967年の連邦誕生100年祭の祝典を記念してデザインを募った結果、


現在のデザインが採用されました。


1964年以前は、赤がベースでイギリスのユニオンジャック、カナダのカエデ、スコットランドのライオン、


フランスのゆり、アイルランドのたてごとが描かれた、イギリス色の強い柄がカナダの国旗として使用されていました。



Lone Primate


 


いかがでしたか?
「カナダの国旗(メイプルリーフフラッグ)について」をご紹介しました。


カナダのナイアガラの滝からケベック・シティーをつなぐ「メイプル街道」
ハイウェイの両側には、カエデの木が立ち並び、秋になるとどこまでもどこまでも、紅葉が続くとても美しい街道があるんですよ。


カナダのお土産として、まず思い浮かぶのは「メイプルシロップ」ですよね。
「メイプル」はカナダのすばらしいシンボルですね♪


 

2015年1月14日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop