現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

リピーター続出!一度使ったらやめられないおすすめシャーペン特集

33500 views

大学の授業で活躍する、機能性のよいシャーペンを教えてください。 (大学1年生・男性)


シャーペンと略されることも多いシャープペンシルは、講義のノート、メモなど学生生活には欠かせない、身近な筆記用具の1つです。日常的に使うものだからこそ、自分にとって使い勝手がよい、書きやすいものにこだわっていきたいですよね。


今回は、使い始めたら手放せなくなるというリピーター続出で愛用者がおすすめするシャープペンシルを集めてみました。



 

万年CIL(ケリー)/ぺんてる



ケリーの愛称でも知られている「万年CIL」は、キャップ付の金属製のボディで、ちょっと高級感があるシャープペンシルです。


「万年筆のように持ち歩けるシャーペン」というコンセプトで開発されただけあり、外観も万年筆みたいな雰囲気で、少し重みがあるボディが特徴です。


ちょっと短めでコンパクトながらも、持った時にバランスが良い点と、ノックのしやすさなどが、1971年発売のロングセラーとして40年間の長きにわたり、愛用者を満足させてきています。





http://www.amazon.co.jp/dp/B002KW5DPS/

S3(エススリー)/パイロット



300円程度で購入でき、コストパフォーマンス、使い勝手のよさで高い人気があるのが、パイロットの「S3(エススリー)」です。


選択できる芯径は、0.3・0.4・0.5・0.7・0.9と主なシャーペンの芯を網羅していますので、使用目的に合わせて選択することができます。定規にあてやすく、筆跡も見やすい口金デザインは勉強、一般事務などだけではなく、製図用としても使用することができます。着脱式グリップで転がりにくく、手に馴染みやすく、カラーも10色と豊富なボディデザインもファンが多い理由です。



 



 

http://www.amazon.co.jp/dp/B007C0O8ZY/

GRAPH1000(グラフ1000)/ぺんてる



「GRAPH1000(グラフ1000)」は、プロ仕様のシャープペンシルとしてとして、持ちやすさ、使い勝手の良さで好評です。特徴は、使用中の芯の硬度がわかるキャップ部分の表示窓があげられます。


また、4mmの先端パイプで定規にあてやすく、筆記している個所もみやすく、書きやすくく、何よりも、滑りにくいラバーグリップと低重心設計のボディで持った時の安定性がとても良い点があげられ、機能を求める人に愛用されています。



 



http://www.amazon.co.jp/dp/B00A8D30SI/

 

クルトガ シリーズ/三菱鉛筆



三菱鉛筆の「クルトガ」は、独自の自動芯回転機構「クルトガエンジン」搭載で書くたびに芯を少しずつ回転させ、常にとがった状態の芯先にできるシャープペンシルです。


芯がいつでもとがっているということは、紙面にひっかかりにくく、常に安定した濃度、細さで書くことができるため、書き味が安定したものになります。図形や急いで何か書き留めることが多い人にその書き味のよさで高い評価を得ています。



 



 

http://www.amazon.co.jp/dp/B0020BISSS/

 

Tect2way/ゼブラ



ゼブラの「Tech2Way」は振ると、ペン先から芯が出てくるフリシャというちょっと変わった機能が搭載されています。このフリシャ機能はロックすることもできますので、持ち歩きの時に誤って芯が出てしまうことを防ぐことができます。


このフリシャ機能オフのときは、重りが軸下方で固定されるため、重心が低くなり、さらにシャーペンの持ちやすさが向上します。ペン先も細く見やすく、書きごこちもよいため、ギミックと使い勝手のよさを伴った実力派として、人気があります。



 



 

http://www.amazon.co.jp/dp/B00K75QOWQ/

 

手に馴染み、気に入った筆記具が見つかると、書くことが楽しくなります。


たくさんのシャープペンシルの中から自分に合ったものを見つけてくださいね。



 

 

2014年6月16日

written

by こにゃあ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop