現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月28日更新

ペルーの世界遺産「白い街」と呼ばれるアレキパ歴史地区が美しい!

534 views

ペルー南部に位置するアレキパは人口は90万人の第二の都市です。
ここアレキパは、別名"Ciudad Blanca"「白い街」と呼ばれるほど、白い建物が多数あります
セントロを中心に、白い火山岩で作られた町並みは美しく、訪れる人々を魅了しています。
アレキパの由来は、インカ帝国の第4代皇帝マイタ・カパックがケチュア語で人々に
"Ari qhipay"(ここに住みなさい)と言ったことからきていると言われています。
またアレキパは、標高約2300mにあるため、年間を通して平均最高気温20~22℃、最低気温6~9℃と
日本の春又は秋のような過ごしやすい気候あるため、ペルー国内でも屈指の避暑地でもあります。



MAYU


 



◆世界遺産でお散歩めぐり



 


アレキパ市街地の中央にあるアルマス広場(Plaza de Armas)一帯は、


歴史的建造物が立ち並び2000年に歴史地区として世界遺産に登録されました。


アルマス広場周辺にはカテドラルやサンタ・カタリナ修道院などの見どころがあり、
更に地元の民芸品などが集まっている市場なども立ち並んでいるので
お散歩気分で歴史的建造物巡りやショッピングが楽しめます。


 



Joshua Eckert


 


またアンデス聖地博物館では、1995年に発掘された美少女のミイラ「フワニータ」が見学出来ます。
このミイラはインカ時代、火山の噴火を抑えるために生き埋めにされたという少女(推定10代前半)で
凍結した状態で発見されたため、他のミイラとは比べ物にならない程保存状態が良かった事で
世界を震撼させました。
「フワニータ」は、2000年日本で公開されたのを最後に海外での公開を制限されているそうです。
ここでしか見ることの出来ない「氷の美少女」に会ってみるのもいいのではないでしょうか。


 



karlnorling


 



◆大自然を堪能しよう! アレキパ三山とコルカ渓谷



 



Luma Poletti Dutra


 


市街地から、ちょっと足を伸ばして「ヤナウアラ展望台」と「カルメン・アルト展望台」へ。
ミスティ・チャチャニ・ピチュピチュのアレキパ三山を一望出来る絶景スポットです。
特にミスティは「南米の富士山」と呼ばれる程、日本の富士山に似ているため
ここから見る景色はとても郷愁を誘います。広がる田園に美しい山脈は旅の疲れも癒されることでしょう。


 


 


Paulo Tomaz


 


更に大自然を堪能するにはコルカ渓谷の「コンドル見学ツアー」がオススメです。
アレキパ市街地から車で5時間程かかるので、コルカ渓谷の入口にあるチバイで
1泊するツアーが一般的です。アレキパ市街地のツアー会社で簡単に申し込めます。
コンドル見学はクルス・デル・コンドルという展望台から行いますが
この展望台は渓谷の上の方にあるので、空高く飛ぶコンドルではなく
眼下に羽ばたくコンドルを見ることが出来ます。


 


 


Thomas S.


 




◆まとめ



ペルーと言えば、マチュピチュやナスカの地上絵などを思い浮かべますが
隠れたスポットとして「白い街」と呼ばれる美しいアレキパをご紹介しました。
比較的治安のいい街として外国人旅行者にも親しまれ、
長期旅行者には高山病対策として、アレキパ(標高約2300m)経由ルートで
クスコやプーノに行かれる方も多数いらっしゃいます。
急ぎ足でなく、ちょっと足を止めてアレキパを堪能してみませんか?



Attraction Voyages Pérou & Bolivie

2014年11月28日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop